BMW純正コーティングと専門店ガラスコーティングの比較:ガラスコーティングがおすすめの人は?

コーティングをすべきかどうかで悩んでいれば、答えは簡単です。”コーティングはすべき”です。コーティングした場合としない場合とではボディが受けるダメージは大きくことなります。

問題は、選んだコーティングがどのような性能をもってボディを保護してくれるのか?そしてそれはどのくらい持つのか?クルマ愛好家としては気になるポイントです。

BMWのコーティングには、次の2つがよく選ばれています。

  1. ディーラーのBMW純正コーティング「イノベクション」
  2. コーティング専門店のガラスコーティング

純正のものがいいのか?あるいは専門店に任せたほうがよいのか?

ここでは、それぞれ期待される効果から費用対効果を考察し、あなたのBMWにふさわしいコーティング選びのお手伝いをします。

愛車を大切に乗り続けるためのコーティング選びのポイントは、一体何なのでしょうか?ご覧ください。

「純正よりもガラスコーティング専門店がおすすめのオーナーとは?」比較記事へジャンプする>>

BMWのコーティング効果の違いは?比較のポイントを解説

イノベクションはBMW純正のコーティングです。仕上がった時のツヤ感や純正商品であることの安心感があります。イノベクションと専門店のコーティングは具体的にどのような違いがあるのでしょうか?イノベクションと専門店で一般的に使用されるガラスコーティングをそれぞれ見ていきます。

純正「イノベクション」 専門店ガラスコーティング
(無機質ガラスの場合)
コーティング剤の成分 ポリマー 二酸化ケイ素
(含有成分は製品による)
耐傷性(傷に対する強さ) 柔軟性重視 硬度重視
耐汚性(汚れに対する強さ) 防汚性について特記なし 撥水性よりも親水性が汚れにくい

 

紫外線カット 紫外線カット有り
カット率は明記なし
紫外線機能がないものが多数
『紫外線カットあり』の製品を選ぶ必要あり
コーティングの厚膜 同等
(コーティング被膜は基本的に薄い。ただし膜厚に特化した製品もあり。)
施工技術・施工者 主に下請け業者が行う
施工時間は数時間
ディテーリング職人
美観を重視し1日〜2日がかりで磨き
その上にコーティング施工
メンテナンス性 剥がれるたびに再施工
持ちは〜2年

指定のメンテナンス剤あり

 製品によりメンテナンス方法が異なる
ガラス系は剥がれるたびに再施工
持ちは〜3年
指定のメンテナンス剤あり

ただし、”完全無機質ガラスコーティング”は
紫外線で破壊されないため剥がれない
保証は5年
※いずれにしても洗車は必須

 

純正コーティングと施工店のガラスコーティングの料金シミュレーションへジャンプする>>

コーティング剤の成分の違い

成分から見ると、ポリマーかガラスの選択肢となります。

BMW純正コーティング『イノベクション』はノンシリコンアクティブポリマーという成分が使用されています。いわゆるポリマーコーティングのことで、ガラスに比べると柔らかい皮膜を作るコーティング剤です。

一方ガラスコーティングは、二酸化ケイ素(SIO2)を主成分とした硬いガラス皮膜を作ることを目的にした製品です。

詳しくは『コーティングを施工する前に知っておきたい基礎知識』でコーティング剤の歴史、種類、業者の選び方まで詳しく解説しています。

耐傷性の違い:イノベクションとガラスコーティング、どちらがキズに強いか?

コーティングに期待される効果の一つに、ボディーを傷から守る『防傷効果』があります。

まずイノベクションは、ポリマーコーティングと言われる柔らかい皮膜タイプのコーティング剤になります。ただし、他のポリマーコーティングと比べて分厚い皮膜を作ることで、このデメリットを補う工夫がされています。

イノベクションの特徴として、防傷性よりも酸性雨や紫外線からの保護を目的にしたコーティング剤です。傷に対する耐久性については触れられていませんが、傷に対する対策としてBMWには自己修復塗装の技術もあります。自己修復塗装の機能がどこまで機能しているかについてはディーラーなどで実車両を見ながら判断することもできるでしょう。

ガラスコーティングの性能については、製品により品質に差があるため、一概に言及することが難しい製品です。多くの種類があり、硬度の低いものもあればガラス成分がほとんど含まれていないもあります。詳しくは『車のコーティングの種類と効果の違いをわかりやすく解説』の記事をご覧ください。

耐汚性の違い:イノベクションとガラスコーティング、どちらが汚れにくいか?

コーティングに期待したいポイントとして『汚れにくさ』もあげられます。

もし汚れにくさを求めるのであれば『親水性』がおすすめです。撥水性のコロコロと水玉が転がるパフォーマンスは爽快ですが、問題は水玉がボディに残ることで、汚れもボディに留まることです。これがイオンデポジットの原因になることがあります。

雨であれば、雨水に含まれるミネラル分や油分、路上から跳ねあげられる水であれば凍結防止剤、また洗車時の水道水であればカルキなど多くの物質が含まれています。そのため汚れを含んだ水が蒸発したとき、汚れだけが垢としてボディに残されることになります。

撥水性のボディには雨の日に走った時には水を弾きますが、停車している状態ではボディに留まりがちです。その点で親水性は見た目のパフォーマンスには劣りますが、ボディに留まる水が集まり流れる親水性の特徴から、結果的に汚れも一緒に流れ落ちる傾向にあります。

ガラスコーティングには撥水、疎水、親水など複数のタイプがあります。もしも防汚性をもとめるのであれば親水性が勝ると言えるでしょう。見た目のパフォーマンスを求めれば撥水性です。その場合には雨に濡れたらすぐに拭き取るなど小まめな洗車も忘れずに心げかけることがポイントです。

コーティング施工技術の違い:ディーラーの施工と専門店の施工ではどちらが高品質か?

ここまではコーティング剤そのものの効果を比較してきましたが、それ以上に重要なのが『コーティング施工技術』です。

コーティング直後に効果がなくなる、すぐに剥がれてしまう、新車でありながら多くのキズが残っているなどのトラブルは、施工者技術の未熟さが原因となっていることもしばしばあります。

その意味では、ディーラーであれ専門店であれ、技術を有した職人に、たっぷりと時間をかけて施工してもらうことが重要です。ディーラーでの施工は、一般的に数時間で完了します。

ディーラーはクルマ販売を生業とするため、コーティング専門業者ではありません。そのためコーティングの施工は下請け業者に外注するケースがほとんどです。営業マンやアルバイトスタッフが施工を行うことも業界では想定の範囲です。

コーティングはDIYで行えるものとは異なり、安価ではありません。技術により効果も左右されることもあるため、クルマのオーナーとしては技術のある職人にみてもらいたいところです。

技術をもってコーティング前の下地処理、コーティングの施工に挑む場合にはそれなりの時間もかかります。車のデザインを意識し、その車のもっとも美しい表情に仕上げる『ディテーリング』を行えば、数日かかることは当たり前です。

ポリッシング(磨き)や、ディテーリングといったクルマの造形美を理解した磨き職人がおこなうコーティングはディーラーでの仕上がりとは全く別ものです。

新車はキズもなく綺麗だと思われがちですが、残念ながら製造や輸送時にチリ、ホコリ、潮などの汚れだけでなく、キズもたくさん入っています。

ディーラーが外注している施工技術のレベルではキズを消しきれないこともあれば、汚れも残ったままのケースも実に多くあります。また、納車前のクルマが屋外に放置されていることも一般的です。

イノベクションをはじめ、ディーラーでのコーティング施工を依頼する場合には、コーティング剤の種類に加えて『誰が』『どこで』『どの程度』施工するのか?を詳しく訪ねてみるとよいでしょう。

施工技術に疑問を感じた場合には、腕のあるコーティング職人を味方につけることで愛車をより長く大切に乗り続けることができます。

コーティング後の洗車やメンテナンス性を比較

ここまで効果について比較してきましたが、もう一つ忘れてはいけないものがあります。それが、コーティング後の洗車やメンテナンス性です。

費用対効果の高いコーティングを選んだとしても、洗車やメンテナンスに手間がかかってしまえば、車を綺麗に維持するのも一苦労です。

イノベクションは手洗い洗車が必須、洗車機は使用不可

まずイノベクションの施工後のメンテナンスは手洗い洗車向いていると言えます。なぜならイノベクションはポリマーコーティングのため皮膜が柔らかいことを考慮した場合には、できるだけ柔らかく洗車するのが得策です。

そのため、機械洗車ではなくしっかりと手洗いで丁寧にボディを洗車がおすすめです。自分で手洗い洗車をする時間がない場合には、洗車業者に依頼することになるでしょう。イノベクションの特徴も理解した洗車業車に見てもらうのがよいでしょう。

イノベクションの場合には、メンテナンス剤(税別10,000円)が別途販売されています。こちらもランニングコストに入れておくことで具体的なメンテナンス費が見えてきます。

メインテナンス・セットの内容

参考までに、メインテナンス・セットの内容をご紹介しておきます。

  • シャンプー
  • クリーナー
  • コンディショナー
  • スポンジ
  • ウエス

これらがセットになって税別10,000円となります。基本的にはディーラーで購入することができます。購入希望の場合には事前に在庫確認をしておくとよいでしょう。

ガラスコーティングは洗車機も使えるものもある

一方で、ガラスコーティングは洗車機を使用することが可能な商品もあります。例えば、ガラスコーティング皮膜が強固に皮膜形成されたものであれば洗車機に入れても傷が付きにくくなります。

洗車機の状態や、当日の天候などの諸条件により砂利を巻き込み強く擦り付けられるなどの場合にはキズがはいることもありますが、硬い皮膜になることで大幅にキズの量は減ります。

注意点として、すべてのガラスコーティングが洗車機を利用できるわけではありません。中には洗車機の使用を禁止している製品もあります。ガラスコーティングであっても、すべての製品が硬く仕上がっているわけではありません。また、ガラスコーティングとは言え、防汚機能のためのフッ素やツヤ演出のためのポリマーなど樹脂を含むガラスコーティングは紫外線の影響を受けます。紫外線により破壊され、結果としてはコーティングの剥がれにつながります。

紫外線で剥がれる懸念を排除したい場合には、完全無機質のガラスコーティングであることが条件となります。

洗車機を利用できるガラスコーティングの条件は、

  • 完全無機質で剥がれないコーティング
  • 高硬度
  • 確かな施工技術

これらが揃った場合になります。これらの条件は施工を引き受けるお店にしかわからない項目のため、コーティングを施工する際には必ず洗車の条件も聞くようにしてください。

※「ノーメンテ(ノーメンテナンス)」の言葉に注意しよう!

コーティングをすればメンテナンスが必要ないと言われることがありますが、本来は定期的な洗車をすることでその効果を維持することができます。

「ノーメンテナンス」との表記は「コーティング被膜のメンテナンスは必要ない」あるいは「洗車の必要はない」など受取手によって多くの意味が含まれてしまいがちです。

メンテナンスの範疇をしっかり確認しておくのが肝心です。どんなに優れたコーティング剤でも被膜の上に走行中に泥汚れや油汚れが付着します。

付着した汚れは定期的なメンテナンスで落とさなければコーティングの効果を最大限発揮させることができません。どのコーティングを施工する場合においても、施工後の洗車やメンテナンスにかかる手間も考慮して選ぶ必要があります。

「イノベクション」と「ガラスコーティング」を比較した場合、価格、性能、費用対効果をそれぞれユーザーのカーライフに応じて検討が必要です。

イノベクションのメリットは、ディーラーが推奨する純正製品でBMWのブランド力や信用力があるため安心感をえられます。紫外線や

このようになり、ガラスコーティングの方が施工後の洗車やメンテナンス性能についても優れていることがわかります。

「純正コーティングよりも施工店ガラスコーティングをおすすめする方」へジャンプする>>

BMW純正コーティング「イノベクション」のメリット

BMW純正のコーティング剤は、やはり安心感があります。BMW専用のコーティング剤である以上、BMWオーナーにとっては無視できないコーティング剤です。

①BMWの“自己修復性耐すり傷塗装”と相性がいい

BMWの塗装には、自己修復性耐すり傷塗装がされています。細かなすり傷であれば修復してしまうと言うものです。BMW意外にも、日産のスクラッチシールド、トヨタのセルフリストアリングコートなども同じような性能があります。

イノベクションは、この特殊な塗装を生かすために柔らかい皮膜のポリマーコーティングが採用されています。やはり純正オプションですので相性のいいコーティングと言えます。

BMWとガラスコーティングの相性は良くないの??

では、こうした特殊塗装のBMWにディーラー以外のガラスコーティングをしても大丈夫なのかと心配になりますが、安心してください。ガラスコーティングもBMWのボディに施工できます。良質なコーティング剤であれは特殊塗装では防ぎきれない傷まで防ぐことができます。

自己修復性耐すり傷塗装で防ぐことができる傷は細かなすり傷だけであり、BMWのイノベクションのサイトにも、

鍵や硬貨などで引っかいた傷のように、塗膜が破壊された場合を除きます。

出典:BMW Innovection®

と表記されています。イノベクションは表面の硬さではなく、紫外線や酸性雨などからの保護を目的とした製品です。

BMWとガラスコーティングの相性については、BMWの美観を促す製品であればよい相性となります。イノベクション同様に紫外線や酸性雨などのリスクに対する耐久性を有するものもあるためオーナーの期待するスペックによりチョイスするとよいでしょう。

いずれにしても特殊な塗装の上にコーティングをするためには、優れた施工技術と経験が必要です。

②値引きやサービスがある

新車購入時のキャンペーンにより値引きやサービスで施工してもらえる場合があります。

一方で、1度に支払う金額だけをみるのではなく、長期的なランニングコストを確認しておくことも重要です。イノベクションの持続期間は2年間とされています。保管環境や走行環境によっては2年以上になることもあれば、2年以内で効果がなくなることもあります。

普段の洗車方法やメンテナンスコストも考慮し判断するとより満足のいくお買い物となるはずです。

純正コーティング?それとも施工店ガラスコーティングがおすすめ?

コーティングが安価ではないだけに、どちらがよいのか迷ってしまうのも当然です。費用対効果も含めてみていきましょう。

  • 新車を買うことになったけど、ディーラーコーティングの悪評を見てオプションを付けるか悩んでいる
  • ディーラーに勧められて納車前にコーティングをしたけど、効果を感じられない上に保証も適用されなくて高いお金だけ取られてしまった
  • 10万円以上するコーティングを施工したのに、ボディがムラになって見た目の美しさが消えてしまった
  • コーティングをしたけど2ヶ月も経ったら雨ジミが目立ってしまいコーティング直後の水の弾きを維持できない
  • 定期的に洗車などのメンテナンスができず、水垢がウロコ状に目立ってしまい、落ちなくなった
  • コーティングの施工直後は艶が出て綺麗になっているが、3ヶ月後には効果がなくなっている
  • 青空駐車で車の保管環境が悪い。また、紫外線の影響を受けやすい
  • 高速道路をよく走り、排ガスや油汚れで車が汚れやすい
  • 車を守るために本当に効果のあるコーティングを探している

純正コーティングと施工店ガラスコーティングの施工料金シミュレーション

気になる価格について「イノベクション」と「ガラスコーティング」の比較していきます。コーティングは決して安いオプションではありませんので、慎重に選びたいものです。

高額のコーティングだから良い、というわけではないので注意が必要です。高い費用を支払ったのに満足な効果が得られずトラブルになるケースもあります。事前にしっかりと確認をし、納得がいくものを選ぶことが重要です。

例えば、コーティングの耐久性の確認は必須です。同じ50,000円のコーティングでも、耐久性が2年のものと5年のものでは後者の方が費用対効果に優れたコーティングと言えます。

今回のシミュレージョンでは、新車時の3シリーズを想定して施工料金のシミュレーションを行います。

純正「イノベクション」 専門店ガラスコーティング
施工回数 91,000円×2.5回 300,000円×1回
下地処理 40,000円×2回 施工料金に含む
307,500円 300,000円

新車価格:210,000

【新車の場合30%引き】ガラスコーティングの見積もりはこちら>>

イノベクションの価格と耐久性

  • 価格:91,000円
  • 耐久性:2年間

※今回はガラスコーティングと比較をするため、新車の3シリーズに施工した場合の価格を例にしています。下記の車種ごとの料金表も参考にしてください。

イノベクションの料金表

車種 料金
1シリーズ 86,000円
Z4
2シリーズ 91,000円
3シリーズ
4シリーズ
X1
5シリーズ 100,000円
6シリーズ
X3
X4
7シリーズ 114,000円
X5
X6

※イノベクションにかかる費用(メンテナンス費用を含む)はディーラーによって違いがありますので、詳しくは購入ディーラーへお問い合わせください。

BMWのコーティング価格を比較した結果

上記でご紹介したそれぞれのコーティングの特徴を踏まえ、BMWのコーティングに必要な費用を計算してみましょう。

まずイノベクションに関しては、効果の持続期間が2年間となり、その後は再施工が必要になります。またその際には、ボディの研磨費用などがコーティング価格に上乗せされます。研磨費用もディーラーによって異なりますが、今回は4万円を設定して考えていきます。

上の図を元に算出すると、

91,000円+40,000円+91,000円+40,000円+45,500円=307,500円

5年のスパンで費用を見積もった場合には、30万円となります。耐久性が2年と短いイノベクションは定期的なメンテナンスに費用がかかることも想定されます。5年間の耐久性が保証される最高ランクのガラスコーティングと同程度の価格に匹敵します。また、新車価格などのキャンペーンが適用されることもあるので合わせて費用の比較をするとよいでしょう。

同じ30万円(1年換算で6万円)のコーティングであっても、小まめにメンテナンスをしてボディを維持していくイノベクションか。それともガラスコーティングから得られるスペック、さらに技術と美意識に裏付けされるディテーリングでより美しい仕上がりになる完全無機質のガラスコーティングを施工する専門店のコーティングか。愛車にとってベストな選択はクルマ愛好家に委ねられています。

BMWのガラスコーティング施工事例

この世界三大レースの一つ『ル・マン24時間レース』で優勝経験を持つ荒聖治(あら・せいじ)さんの愛車「BMW」ガラスコーティングを施工させていただいたので、その施工事例をご紹介いたします。

【新車の場合30%引き】ガラスコーティングの見積もりはこちら>>

結論:BMWのコーティング選びのコツは「費用対効果を考えること」

BMWには、純正コーティングの「イノベクション」か、専門店のガラスコーティングがよく選ばれています。愛車にとってどちらがふさわしいのか、そして予算との兼ね合いはどちらが自身のカーライフに適しているのか?

コーティング剤にもそれぞれ一長一短ありますが、それ以上にコーティング施工には職人による技術と経験に左右されるところが大部分を占めます。

最高の技術を有したディテーリング職人により、最高のコーティング剤が使用されて初めてほんとうのコーティング効果を得ることができます。

荒聖治さんのBMWでわかった!汚れ知らずのガラスコーティング効果は?

2018.09.07