コーティングを施工する前に知っておきたい基礎知識|液剤の種類から業者の選び方まで解説

コーティングには様々な種類がありますが、どれを選べば良いかわからないという声を多くいただきます。日本のコーティング業界は発展途上で、最先端を進んでいるアメリカと比べれば数年遅れの市場です。

そのため、コーティング自体の定義も曖昧でメーカーや施工店自体もコーティングの違いをわかっていないケースも多くあり、世の中にコーティングに関する正しい知識が流れていないため、ユーザーもコーティングに関して正しい情報を知る機会がありません。

そこでこのサイトでは、日本のコーティング業界でトップを走る施工店と、最高品質のコーティング剤の開発に成功した弊社が監修して、「コーティングを施工する前に知っておきたい基礎知識」をまとめました。

コーティングの歴史

 

もしかすると、コーティングの歴史なんて退屈に思われるかもしれません。歴史を知ったところで自分の車が輝くわけではありませんから。

それでもコーティングの歴史から話をはじめたいのです。なぜなら、この歴史に触れることは、数百年前のクルマに魅了された数々の愛好家たちとの遭遇であり、人のクルマへ対する愛が普遍的本能であり、クルマ史の主役が私たち自身であることを再認識することができるからです。

いささか大袈裟な表現に思われますが、クルマはいつの時代もロマンチックであることは間違いありません。今日までは意識すらしなかった過去のクルマ乗りたちとの強い繋がりを感じながら、少しだけコーティングの歴史に触れてみましょう。

コーティング剤の種類と特性

コーティング剤の種類は「親水性」と「撥水性」があり、撥水性の方が水がコロコロ転がるのでコーティング 効果を感じやすく、人気が高いです。しかし、人気が高いからといって撥水性にするのではなく、カーライフによって最適なコーティング剤の特性があります。

コーティング剤にはどんな種類があるのか、自分に適したものはどれか、参考にしていただければと思います。

 

コーティングの成分と特性

 

コーティングの成分の話は業界人でも知ってる人は中々いないくらい、マニアックな話です。一般の方で成分まで知っている方はまずいないでしょう。なので、成分の話まで知らなくてもコーティングを施工する上で差し支えはありませんが、知っていれば「なぜコーティング被膜が剥がれてしまうのか?」「どうすれば長期間、被膜を維持することができるのか?」そのメカニズムが理解できます。

せっかくコーティングを施工するなら、できるだけ綺麗な状態を長持ちさせたいですよね。あなたもカーディティーリング業界へ一歩足を踏み入れてみましょう。

 

コーティングの施工方法

ガラスコーティングの仕上がりのクオリティは施工者の技術力で決まってしまいます。例え、最高級のコーティング剤を使用したとしても施工者の技術がなければ仕上がりを良くすることはできません。

そのくらい施工者の力量が重要になるので、どのくらいのレベルを求めるかによって自分で施工するか、業者に施工を依頼するか、選ぶ必要があります。

コーティングの施工方法によるメリット・デメリット、そして、コーティング施工業者の比較をみていきましょう。

 

DIY(自分)でコーティングを施工する方法と液剤の商品比較

コーティングを職人に依頼してハイクオリティの仕上がりを求めている方もいれば、市販で購入したコーティング剤を使って自分で施工をしたいという方もいます。

自分でコーティング剤を購入して施工する際に一番困ることは、

「どのコーティング剤を使えば良いかわからない」

という悩みです。

カーディティーリング業界の人間でも違いはわからない人もいるので、一般の方が違いを見極めるのは非常に難しいです。その上、メーカーが公表している効果をそのまま信用することはできず、中にはユーザー勘違いしてしまいそうな誇大表現をしているメーカーもあります。

数あるDIY用コーティング剤がありますが、その中からいくつかの商品を紹介します。