事故にあった車の売却は可能か?売却の注意点とポイント

事故を起こした車を処分したい人や売却したいという場合に、どうしたらよいかわからない人は多いと思います。今回は事故車の売却についての説明とその注意点やポイントをまとめてみました。

1. 事故車は売却できるのか?

事故車の売却は以前では考えられないことでしたが、最近では買い取ってくれる専門業者が徐々に増えてきています。事故車の中でも、不動車はもちろん水没車や火災車、過走行車等でも売却が可能となってきています。

中には、無料出張査定サービスや車の引き取りの際に無料でレッカー車を貸し出してくれる業者も存在します。必要な手続きも代行してくれますし、型式が新しい場合は数十万円になるケースもあります。もし車の損傷を説明するのが難しいという場合は、直接査定をしてもらうのも手です。

1-1. 事故車の定義とは?

事故車の定義は中古車査定協会基準で定められている基準としては、「自動車の骨格にあたる部位を修復」する必要がある場合に事故車と定義づけられています。骨格の構造は車種によって様々異なりますが、屋根やピラー、クロスメンバー、フロントインサイドパネル、ダッシュパネル等の修復やパーツ交換の必要がある際に事故車となります。

ただ業者によって、基準が曖昧なのは事実です。最初の業者では事故車といわれたのが、次の業者に見てもらったら修復歴車として扱われたというケースもあります。当然ボディを軽くこすった程度では事故車とはいえません。

1-2. 事故車は売却後どうなるのか?

一体、事故車を買い取って業者は利益が出せるのか?と考える人もいますが、専門の買取業者は様々な方法で事故車を販売しています。事故を起こしても、必ず利用できる部分はあり損傷していない箇所もたくさんあります。

最近ではリサイクルの技術も向上しており、例え廃車同然であっても値段がつくことがあるほどです。以下事故車の売却後の流れについてまとめました。

①修理後又はそのままで→オークション

専門業者の技術者または他業者で格安修理をして、オートオークションに出して売るケースです。フレーム修正機にかけたり、凹んだ箇所を引っ張りだして修正したり、板金塗装等をして利益を出せるようにします。

また、そのまま事故車でオークションへ流すケースもあります。これは修理してもコストがかかり利益が出ない場合です。

②解体業者へ売却する

古い車種で、修理しても売却できる見込みが薄い場合は、そのまま修理せず専門の解体業者か廃車の引き取り業者へ売却します。

③部品を売却する

専門の解体部品業者が買い取った場合は、ボンネットやトランクフード、ドア等の使用出来るものはバラして販売したり、鉄やアルミ等の金属はスクラップにして販売します。

最近では海外に販売ルートを持っている業者も増えてきており、事故車であっても性能の良い日本車の部品は人気があります。

2. 売却の際の注意点やポイント

以下、事故車を売却する際の注意点やポイントをいくつかまとめました。より高額で売却するために参考にしていただければと思います。

2-1. 売却の際は、修理費用と査定額を見て判断

売却の際は、事故にあった車に愛着があるために修理をしてから高額で売却したいという人も中にはいるでしょう。しかし、足回り等の致命的な重要部位に修理が必要だと大きな額がかかってしまうケースがあります。

大抵の場合、修理費用をかけて査定を受けても、高額で売却できるケースはほとんどなく、むしろ事故車のまま売却に出した方が金額的に高額になるケースの方が多いでしょう。一度は両方で見積もりを取り比較をした方が良いといえます。

事故車を下取りに出すのはあまりお勧めができません。車を手放す手間が少ないことや、手続きが複雑ではないというメリットはありますが、値段がつかないケースも多く、無料で引き取ってくれてもその後廃車扱いとなれば廃車費用がかかる場合があります。

もし過去に事故を起こして修復している場合でも、業者によりますが下取りに出す場合半額以下になるケースもあるようです。

そして重要なのが、車税や自動車重量税、自賠責保険等の還付金も忘れずに確認することや、自分で解体して部品を取り外さないことです。解体する際には、専門の資格が必要な為です。

2-2. 一括最低サイトを活用

事故車は、専門の一括査定サイトで一括査定をしてもらうと複数の業者の中で一番高い金額で売却することが可能です。最近では事故車専門の一括査定サイトがあり、必要事項を入力するだけである程度の金額がわかるのが特長です。

中には、事故車でも数十万円になるケースもあるので一度査定に出してみるのが良いでしょう。

1つの業者のみだと、こちら側の知識のなさに付け込まれて低い査定で終わってしまうケースもあるので一括査定サイトを活用して、複数の業者に競争させることが大切です。

査定後に2、3社と交渉して売却金額をつり上げることも可能です。事故車であっても専門業者からすれば利益が出る商品なので、交渉次第では予想より高額になるケースもあるでしょう。

最近の一括最低サイトは、一定基準を満たした業者のみが登録されている場合がほとんどで安心して活用することができます。逆に、業者に個別に査定を依頼する場合は、「無料で処分を代行します。」とか、「手続き費用で買取金を相殺します。」等言ってきたら業者を変える必要があるでしょう。

どんな事故車でも価値があるということだけは忘れずに交渉するようにしましょう。

3. まとめ

事故車は以前では売却が困難でしたが、最近では専門業者が買い取ってくれるケースが増えてきています。事故車の定義は、車の骨格に当たる部位を修復する必要がある場合に事故車となります。

事故車は売却後、そのまままたは、修理してオークションに出したり解体屋に売却したり、部品を取り外したり、鉄やアルミ等の金属のスクラップにして販売しています。最近では海外に販路を持っている業者もあり、事故車でも十分に需要があります。

事故車の売却の際には、修理をしてから売却するよりもそのまま専門業者に売却した方が高額になるケースが多いのが現状です。下取りに出す場合は、廃車扱いになり費用を請求されるケースもあるので注意が必要です。

一括査定サイトを活用すれば、一定基準をクリアした業者が複数査定してくれるので1番高額の業者と交渉することが可能です。売却金額のつり上げやトラブルにも巻き込まれる可能性も低いと言えるでしょう。

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービス

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービスダイヤモンドラストコーティングは、私たち最強のガラスコーティンングを求めて最後にたどり着いたガラスコーティングです。

・最高硬度9H以上
・5年以上皮膜が剥れ落ちない
・完全無機質で紫外線による劣化を防ぐ

公的試験データ取得済みの最高品質のガラスコーティングであなたの愛車にかつてないほどの輝きと艶、強固なボディをもたらします。

ラスコジャパン公式HPを見る