車の買取は損?!輸入車が安く査定される理由と高く売るコツ

輸入車を高く買取ってもらうためには、ちょっとしたコツがあります。これを知らないと、国産車よりも安い査定額を提示されて損をする可能性があります。

でも安心してください。輸入車が安く査定される理由がわかれば、それを防いで高く売ることも簡単にできるようになります。

ここではその詳細についてご紹介していますので、満足な買取額で売却するためにも活用してください。

1. 輸入車の買取価格に唖然…国産車より安い査定額

車を売却する方法は、主に「買取」と「下取り」の2つがありますが、一般的には「買取」の方が高額で売却できると言われています。数十万の差が出るなんていうことはよくあることです。

それなら、国産車よりも高級な輸入車であれば、さらに高額で買い取ってもらえると考えるのが当然ですよね。しかし、その期待を裏切るように、輸入車の買取価格は驚くほど安いことがあるのです。

例えばトヨタのプリウスとBMWのM6グランクーペで比較してみましょう。【参考:カーセンサー.net(2017年11月のデータ)】

これをみてもわかるように、わずか1.5万kmしか走っていないBMWは、新車時から約820万円も値下がりしています。それに対して、約3倍の走行距離のプリウスは122万円の値下がりです。2,000万円近くもする走行距離の少ない輸入車のほうが、走行距離の多い国産車よりも大きく値下がりした査定額になってしまうのです。

2. 輸入車が安く査定される3つの理由とは

なぜ輸入車の価値が理解されず、査定額が安くなってしまうのでしょうか。それは、次のような3つの理由があるからです。

① 買取相場が不明確で査定額にばらつきがある

一つ目の理由として、買取相場が不明確なことが挙げられます。なぜなら、流通している台数が少ないからです。

例えば、先ほどのBMW(M6グランクーペ)とプリウスの中古車市場台数は、

  • BMW・・・約15台
  • プリウス・・・約8,000台(2017年11月)

このように、圧倒的に輸入車の流通台数が少なくなっています。生産台数の少ない特別車や希少車、特別モデルなどになれば尚更です。

もう少しわかりやすくお伝えすると、流通台数が少ないということは、買取った後に売れるかどうかわからないということです。つまり、買取業者からすれば、相場がわからない輸入車に対して高額査定をつけてしまうことは、非常にリスクを伴うことなのです。

また、相場を把握することができないため、業者間でも査定額に大きな差が生じることも珍しくありません。

② 買取後に売れ残ったり整備にも費用がかかる

買取業者はどのように利益を得ているのでしょうか。それは、買取価格以上の価格で売ることです。

例えば、100万円で買取った車を150万円で売れば50万円の利益です。しかし、80万円でしか売れなければ20万円の赤字になり、売れ残りばかりでは倒産してしまいます。つまり、買取後にいくらで販売することができるのかを調べながら査定額を決めているということです。人気車種であるほど買取額が高くなるのは、こうした理由からです。

輸入車の場合はどうでしょうか。輸入車に対する一般的なイメージとしては、

  • 故障が多い
  • 維持費や修理費用が高い
  • 燃費も悪い

このようなことがよく言われます。つまり、輸入車には手が出せないと考えている方が多く、買取っても売れ残ってしまう可能性が高いのです。

また、買取った後の整備や修理などにも費用がかかってしまうため、買取業者にはリスクが多く、高い査定額をつけることができないのです。

③ 「輸入車」という付加価値がつかない

買取時の査定は、中古市場やオークションなどの相場から判断されています。そのため、いくら高級な輸入車であっても相場が低ければ査定額は安くなってしまいます。高級車かつ最新装備が付いていたとしてもです。

また、輸入車と聞けば、高級、金持ち、セレブというイメージがありますが、そうした付加価値は査定額を高くはしてくれません。「買取った後に高く売れるのか?」ということが査定額を左右するのです。

3. それなら輸入車の買取専門業者に買取ってもらうのはどう?

もしかしたら、輸入車を高く売却することはできないと諦めてはいないでしょうか。がっかりする前にチェックしたいことがあります。それが、輸入車の買取を専門としている業者です。なぜなら、以下にご紹介する3つのメリットがあるからです。

メリット① 輸入車の知識があり正確に査定してもらえる

一般の買取業者の場合には、輸入車に関する知識がないため正確な相場が判断できません。買取っても売れない、整備に費用がかかると考えているからです。

しかし、輸入車専門の買取業者は違います。輸入車市場についても詳しい知識を持っているため、相場を正確に判断して査定することができるのです。あなたの愛車の価値を正しく見極めてくれるということです。

メリット② 買取後の販売経路を確保している

また、輸入車を専門としているため、買取後の販売経路もしっかりと確保しています。

日本全体で考えれば、輸入車に対してネガティブなイメージを持っている人が多いかもしれません。しかし、あなたと同じように輸入車が欲しいと考えている方も必ずいるのです。輸入車専門店の場合は、そうした人や業者などとの販売経路がしっかりしています。つまり、売れ残ったらどうしようという不安がないため、正しい査定額を提示してもらうことができるのです。

メリット③ 高額査定がつく

例えば、ある買取業者が300万円の査定をしたとしても、買取後に500万円で販売できるとわかっていれば、400万円で買取っても100万円の利益が出ると計算できます。

輸入車買取専門業者なら、そのために必要な正しい知識と買取った後の販売経路を確保していますので、一般の買取業者と比べても高額査定がつく可能性があるのです。

4. 今すぐできる!輸入車を高く売るためのコツ

高く買取ってもらえるなら、今すぐ輸入車専門の買取業者に相談しようと思いますよね。でも、ちょっとその前に、最高額で買取ってもらうためのコツを確認してください。専門業者ならどこでもいいというわけではないのです。なぜなら、次のようなデメリットもあるからです。

  • 業者間で買取額に差がある
  • 一般の買取業者よりも数が少なく相見積もりが取りにくい
  • 満足な査定額を提示する業者がみつからない

特に、高額査定で買い取ってもらうためには、複数の業者に査定を受けて、相見積もりを取ることが重要です。

そこで、こうしたデメリットを取り除いて、最高額で買取ってもらうためのコツは、一括査定サイトを利用することです。例えば、一括査定サイトの一つにカーセンサー.netがあります。ホームページ上で、車種や車名とお住いの住所を簡単入力すると、次のような画面が現れます。

その中に、「査定申し込み先」としてお近くの買取業者が表示されます。ここで査定を申し込む業者を選ぶのですが、一括査定サイトが秀逸なのは輸入車を専門、もしくは得意としている業者も厳選していることです。今回の例で言えば、9件中4件が選ばれていました。

つまり、一括査定サイトを利用すれば、複数の輸入車買取専門業者からまとめて査定を受けることができるため、簡単に相見積もりが取れて、最高額を提示する業者が見つかるということです。もちろん、一般の買取業者への査定申し込みもできますので、業者間で査定額を競わせれば、さらに高く売却できる可能性もあります。

ぜひ、便利な一括査定サイトを活用してみてください。オススメは、次の3つです。

  • カーセンサー.net
  • かんたん車査定ガイド
  • ズバット車買取比較.com

5. 車の買取【輸入車編】まとめ

一般的に、輸入車の買取は査定額が安くなると言われます。それは、次のような理由があるからです。

  • 相場が不明確で正確な査定額がつかない
  • 買取っても売れない
  • 輸入車の価値を正しく判断できない

ただし、これは一般の買取業者に当てはまることです。輸入車の買取を専門としている業者なら、輸入車の価値を正しく判断してくれるので、あなたの愛車を高く売ることができます。

ただし、こうした業者は数が少なく、相見積もりを取って最高額を提示してもらうことが難しくなります。

そこで輸入車を高く売るためのコツが、一括査定サイトを利用する方法です。ぜひ賢く利用して、満足できる金額で買取ってもらいましょう。

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービス

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービスダイヤモンドラストコーティングは、私たち最強のガラスコーティンングを求めて最後にたどり着いたガラスコーティングです。

・最高硬度9H以上
・5年以上皮膜が剥れ落ちない
・完全無機質で紫外線による劣化を防ぐ

公的試験データ取得済みの最高品質のガラスコーティングであなたの愛車にかつてないほどの輝きと艶、強固なボディをもたらします。

ラスコジャパン公式HPを見る