ワイパーゴムの値段はいくら? 拭き残しのないワイパーで雨の日も快適!

雨の日や雪の日に必ず使うワイパーですが、ゴムのみの交換ができるのを知らない人も多いようです。金額的にもワイパーブレード自体は交換するより、だいぶ安く済みますので出来ることならゴム交換だけで済むときは、ゴムだけを交換するようにしたいところです。

しかし、安いと言っても実際にどのくらいなのか、また交換の目安はどうなっているのかわからないと不安です。ですので、ゴムのみの交換とブレードごとの交換、それぞれの価格帯と交換時期(目安)を確認していきましょう。

1. ワイパーのゴムを交換する場合、お値段は?

ワイパーは劣化して機能が落ちてきたときに、ゴムのみを交換する方法と、ブレードごと交換する方法があります。それぞれ、価格はどのくらいなのか確認しましょう。

1-1. ゴムのみ交換

ワイパーのゴムのみを交換する場合は、製造メーカーやサイズによって異なってきますが、店頭では一般的に1本1000円以下の商品が多く、高くても1,000円台となっています。そして、なるべくなら、ブレードと同じメーカーの替えゴムを購入することをおすすめします。

違うメーカー同士だと、幅や形が合わないことがあり、せっかく購入したのに使えない可能性も出てくるからです。

ショップ等で色々なメーカーのワイパーが販売されていますが、主なワイパーメーカーは「BOSCH(ボッシュ)」「PIAA(ピア)」「NWB(日本ワイパーブレード)」辺りでしょう。BOSCHはドイツの企業で、販売されているワイパーは高性能で価格も高めです。

PIAAとNWBは日本の企業で、PIAAのワイパーは性能がよく「PIAA」の文字がカッコイイのですが、価格は高めです。NWBは日本車の純正ワイパー普及率がダントツで高く、価格も他の2社と比べるとお手頃です。性能と価格のバランスと純正普及率の高さからNWBと使っている人が、多い印象です。

その他に、「ソフト99」や「カーメイト」など多くのメーカーがワイパーを販売しています。なかには、とても安価なワイパーもありますが、拭き取り性能が低かったり、すぐに劣化してしまったりすることがあるので、心配な方はBOSCHやPIAA、NWBなどの主要メーカーの商品を購入することをおすすめします。

また、ゴムのみの交換ができるのは、基本的に夏用ワイパーのみで冬用(雪用)ワイパーはワイパー本体とゴムが接着されている為、無理に交換しようとするとブーツ(ブレードを保護しているゴム生地)が破れてしまいます。

ただ、PIAAは唯一冬用(雪用)ワイパーの替えゴムが販売されており、交換が可能となっていますので、冬用もゴム交換だけをしたい方はPIAAを購入するとよろしいでしょう。

ガソリンスタンドやカー用品ショップで、交換依頼をすると商品代の他に、1本につき300円前後の工賃がかかります。

1-2. ブレードごとの交換

ブレードの破損やゴム交換だけでは、状況が改善されない場合は、ワイパーブレード本体の交換が必要になります。ワイパーブレードの価格はゴムのみの価格と比べると約2倍になります。

冬用(雪用)ワイパーは更に高額になるため、ゴムのみの交換をしたいところですが、上記でも挙げたように冬用(雪用)ワイパーは、PIAA以外はブレードごとの交換一択となってしまいます。

ガソリンスタンドやカー用品ショップで、交換依頼をすると商品代の他に、1本につき200円前後の工賃がかかります。

2. ワイパーのゴムを交換する時期の目安は?

ワイパーの交換時期は、「ゴムのみ」と「ブレードごと」によって違います。それぞれの交換時期を把握して、その時に適した交換をしましょう。

2-1. ゴムのみ

ワイパーのゴム交換は1年を目安になっています。しかし、使用環境によっては半年で劣化が進み、交換が必要になったり、逆に1年以上持つこともあります。ゴムは利用していなくても、性質上時間の経過と共に劣化していきます。

また、紫外線・雨・雪・気温などの外的要因によっても劣化が早まります。つまりは、基本的な交換の基準は1年ですが、車によって交換するタイミングが違ってくるのです。

そこで、車ごとの交換時期を判断する目安が「拭き残し」になります。

  • ワイパーで拭いた跡にスジ状の線が残る
  • ワイパーが「ガッガッガッガ」と跳ねて拭き残しができる
  • ワイパーで拭いた跡に水分が残る
  • 拭いた後にきれいな部分と、拭かれていない部分がある
  • 拭いている時にキーキーと異音が鳴るようになる

以上が発生したときが、ワイパーのゴム交換時期になります。

上記の症状が出た際は、雨の日にワイパーを作動させても拭き残しが多く、見づらい状況だとおもいますので早々に交換するようにしましょう。

2-2. ブレードごと

一般的にはワイパーブレードの交換時期は3年毎が目安となっています。しかし、あくまで目安でゴムと同じように使用環境によって劣化速度も違いますので、

  • ワイパーのゴム交換をしても、拭き残しが改善されない
  • ワイパーゴムの劣化が早くなった

などの症状の場合に交換してみましょう。また、あまりワイパーを使用しない場合でも、定期的にメンテナンスをしたり、交換するのがよいでしょう。

もし、ゴム交換してもブレード交換しても改善されない場合や、ワイパーの動きが異常なときは、ワイパーシステム自体の故障や破損の可能性がありますので、その際はディーラーに見てもらうことをおすすめします。

3. ワイパーのゴムを安く買いたい場合は?

ワイパーのゴムは、カー用品ショップやホームセンターから安く購入することができます。ネットで見るとAmazonなどは、ショップより安く購入できますが、ワイパーゴム自体の単価が高いものではないので、逆に送料がかかってしまい、結果的にショップでの購入より多く支払うことになってしまいます。

ですので、なにかほかにも購入する予定がある場合はAmazonなどで抱き合わせて購入し、普段は近くのカー用品ショップやホームセンターから購入するのがよろしいでしょう。

ガソリンスタンドは価格が割高なのと、取り扱っているメーカーが決まっているので、ゴム交換・ブレード交換ともに、あまりおすすめできません。

ディーラーから新車を購入している人は、定期点検や車検などの時にゴム交換をお願いすると、店舗や担当者によっては、サービスで対応してくれることもありますので、聞いてみるとよいでしょう。

4. まとめ

ワイパーのゴムは、雨の日や雪の日などの視界を確保するために非常に重要な部品です。交換の目安時期はありますが、使用状況によって劣化速度が違いますので「拭き残し」が発生したら、早めに交換するようにしてください。

また、あまりワイパーを使用していない人や、車をあまり使用しない場合でも時間と共にゴムが劣化していきますので、毎年同じ時期に交換するとよいでしょう。自身でショップなどからワイパーゴムを購入し交換すると出費が抑えられますが、自身の無い方は購入した際にカー用品ショップにお願いしましょう。

工賃も1本300円前後なので、そんなに負担にならないはずです。また、それでも改善されない場合はブレード交換をしてみたり、ワイパーアームやワイパーシステムの点検もしてみて下さい。

ワイパーは安全を確保するための部品ですので、メンテナンスをしっかりとして安全なドライブをしましょう。

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービス

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービスダイヤモンドラストコーティングは、私たち最強のガラスコーティンングを求めて最後にたどり着いたガラスコーティングです。

・最高硬度9H以上
・5年以上皮膜が剥れ落ちない
・完全無機質で紫外線による劣化を防ぐ

公的試験データ取得済みの最高品質のガラスコーティングであなたの愛車にかつてないほどの輝きと艶、強固なボディをもたらします。

ラスコジャパン公式HPを見る

無料EBOOK『まだコーティングはするな!フルアーマー車を作れるガラスコーティング選び【完全保存版】』

この本では、コーティング業界の歴史、正しい洗車の方法、ガラスコーティングの成分別の違いと正しい選び方を紹介しています。ネットではどこにも公開されていない業界の裏話やガラスコーティングの真実を余すことなく書籍にまとめられています。

この本を読めば、プロでも知らないガラスコーティングの正しい知識が身につき、業者にダマされずに自分自身で愛車に最適なガラスコーティングを選ぶことができるようになるでしょう。