ボルボのディーラー車検費用が高い!安い民間車検を賢く利用する方法まとめ

VOLVOに乗っている人、VOLVOを購入しようかと検討している人の中では、車検などの維持費の高さを心配している人も多いでしょう

時々「VOLVOの車検が40万かかった」という人もいますが、本当にそんなに車検代がかかったらかなりの出費です。

そこで、できるだけ安く車検費用を抑える方法はないのか、具体的な価格まで調べてみました。

ディーラーの車検費用の相場はいくら?

VOLVOをディーラーで車検に出した場合、車検費用はどのくらいかかるのでしょうか?ディーラーでの車検費用の相場を見てみましょう。

1-1. 初回車検の費用相場

車検は、VOLVOのディーラー車検でも民間車検でも、自賠責保険料、重量税、印紙代などの法定費用は必ず必要になります。

自賠責保険料は、車種に関係なく、どの車も同じ金額です。毎回の車検の際、2年分の自賠責保険料として27,840円、その際印紙代、重量税を支払います。

そして、車検時には法定24ヶ月点検の代金、保安確認検査料、車検代行手数料の代金が加わります。

つまり、車検費用は、重量税などを含めた法定費用と車検の基本料金としての点検費用を合算したものということです。

車検代行手数料、点検費用、自動車整備のメンテナンスの代金は、店舗ごとに異なり、金額も違います。

VOLVOの初回車検の費用の相場は、ディーラー車検の場合15〜18万円と思っておくと良いでしょう。

VOLVOのV40の車検の内訳を見てみましょう。

法定費用

 

重量税 0円(エコカーなので最初は免除)
自賠責保険料 25,830円
印紙代 1,800円
車検代行手数料 15,000円
小計 42,630円

車検整備費用

VSP車検一式 25,000円
検査機器による測定検査料 15,000円
メンテナンスなど 9,500円
廃棄物処理料など 27,000円
小計 76,500円

法定費用と車検整備費用を合計すると税込128,660円となります。

上記の計算例は一例であり、同じVOLVOのV40に乗っていても、個人差があります。ですが、最低でも10万円以上はかかると思っておきましょう。VOLVOの新車購入時に加入できるメンテナンスパックに入っている場合、初回車検でのオイル交換と基本の作業代金は無料になります。

1-2. 2回目(5年目)以降の費用相場

VOLVOの2回目以降の車検費用は、初回車検より若干高くなります。

VOLVOのV40の車検の内訳を見てみましょう。

法定費用

重量税 24,600円
自賠責保険料 25,830円
印紙代 1,800円
車検代行手数料 15,000円
小計 67,230円

車検整備費用

車検整備 42,870円
検査機器による測定検査料 15,000円
下回り洗浄&アンダーコート 9,500円
ワイパーブレード 8,180円
BRAKE FLUID(VO 314000204) 2,550円
小計 78,100円

法定費用と車検整備費用を合計すると税込152,778円となります。

上記のように、VOLVOの2回目以降の車検になると、ディーラー車検では15万円を超えることが多いです。特に不具合がなく5年間乗っていたV40の場合も、15万は超えてしまいました。

車の状態や乗り方によっては、メンテナンスの箇所も増えてきます。すると、車検代金も上記の金額より数万円上がってしまうケースもあります。

また、新車購入から5年経過すると、別段乗っていて不具合を感じていなくても、交換を勧められるパーツも出てきます。

その際、ディーラー車検に出すと、当然全て純正パーツに取り替えられますので、その分車検の価格も上がります。

2. VOLVO(ボルボ)のディーラー車検は高い?!オートバックス(民間車検)と費用を比較

「VOLVOの車検は高い!」とよく言われますが、本当にそんなに差がつくほど高いのかということを調べてみましたので、ディーラー車検と民間車検の金額を比較してみましょう。

車種 VOLVOディーラー オートバックス(民間車検)
V40 152,778円 69,480円
V60 159,800円 78,370円
XC60 159,900円 78,370円
S60 159,723円 78,370円

上記の価格は一例ですので、該当車種であっても全ての車に当てはまる金額ではありません。同じVOLVOの正規ディーラー・販売店でも、地域や店舗によって金額の差は発生します。

また民間車検工場も、場所や店舗によって価格差が出ます。

たとえ同じ車でも3年目、5年目、7年目では車検費用も全く違いますし、走行距離や状態は個人の車ごとに違うので、車の状態によっては、車検費用に大きく差がつくこともあります。

いずれにしても、VOLVOを民間車検に出した場合、車種にもよりますが民間車検とディーラー車検では倍以上の差額が出ることも多いと思っておくと良いでしょう。

3. VOLVO(ボルボ)の車検費用が2回目(5年目)以降に高くなる理由

VOLVOの車検費用は、初回車検でも10万は超えてしまいますが、2回目、3回目車検となるにつれて、どんどん車検費用は高くなります。

新車で購入したVOLVO—V40でも、5年を過ぎた頃から、バッテリーが弱くなることや、ブレーキパッドなどが消耗することから、車検時にパーツ交換をしたほうが良いと言われ始めます。

特に金額が高いバッテリー交換は、3年目まではメンテナンスパック等の保証がついているため、サービスで交換してくれる店舗もありますが、その時期を過ぎると正規料金を支払うようになります。

その他、エンジンオイルなどのオイル関連、オイルフィルター、オイルエレメント類、エアコン周りのエアコンフィルター、オイル関係においてはエンジンオイル強化剤など、またオーディオ類も交換対象になる場合があります。

車は一人一人の乗り方や使用状況によって、劣化も交換が必要になるパーツも違います。

ブレーキをしょっちゅうかける人の車は、ブレーキパッドが摩耗しますので、早めの交換になる事があります。

車検前に大金の請求が来ると慌ててしまいますので、車検の2カ月前にはどのパーツの交換が必要なのか、いくらかかるのかなどの詳細の金額を一旦ディーラーにて聞いてみると良いでしょう。その際、車検の見積もりを取れると対策を練ることが出来ます。

3-1. 車検費用の内訳

車検費用は、大きく分けると以下の3つに分かれます。

  • 法定費用
  • 車検整備費用
  • その他のメンテナンス費用

それぞれの内容について、詳しく説明します。

・法定費用

車検の際は、法定費用が必ずかかります。一般的には法定費用は、自陪責保険料・重量税・印紙代のことを指します。

法定費用は、VOLVOディーラーでも民間車検の各店舗でも、どこで受けても値段は変わりません。

法定費用の金額は、車のタイプや車の車両重量によって違います。

VOLVOの車では、V90やXC90などになると大型車のカテゴリに入るため、その分重量税も高くなります。

・車検整備費用

車検時には、VOLVOディーラーや民間車検の各店舗のどこで受けても車検整備費用が必要になります。整備費用は、24ヶ月点検整備・検査代・代行手数料などが含まれています。

VOLVO限らず輸入車は運や当たり外れもあります。車によっては購入当初から不具合や故障が続くこともあり得ます。

また、中古で購入した場合、購入時からすでに走行距離が多い車であれば、別途追加の整備が必要になるケースも多いです。

また、車に乗っていれば必ず消耗するパーツ類もいくつかあります。エンジンオイルなど各種オイル・タイヤなども消耗していくものなので、これらは必要経費として考えておきましょう。

車検時には、車の整備、特にタイヤの溝の深さなどは、厳しくチェックされますので、きちんとしていないと車検に通らないこともあります。

車検料金にさらに追加料金としてタイヤ代金が追加されると、とても大きな出費になることもあります。

車は年数が経過すればするほど、お金がかかると言いますが、輸入車の場合はその金額度合いも大きくなります。

・その他のメンテナンス費用

車検に合格するためには、決められたチェック基準をクリアしなければなりません。VOLVO車は、年数経過とともにメンテナンスが必要な箇所があちこち出て来ます。

エンジンオイル、ワイパーブレード、エアコンフィルターなどは、車検時はもちろん毎回交換の対象になります。特に、エンジンオイルは、車検時だけではなく5,000kmごとの交換が目安になります。エンジンオイルの交換とともに、オイルエレメントやフィルター類なども、オイル交換2回に1回は交換を勧められます。

VOLVOの車に乗っていると、エンジンオイルの交換時期になると、センターの液晶部分にお知らせ表示が出ます。何度もお知らせ表示は出続けるのですが、そのお知らせ表示を無視して、エンジンオイルを交換しないまま走り続けると、燃費が悪くなるだけでなくエンジンを傷めてしまう可能性があります。

普段あまり見たことのないエンジン警告の表示が出てしまうと、すぐに車が止まってしまう危険性もあり、思わぬ事故に繋がる可能性もあります。また、そのような場合は、修理代金にかなり大きな金額を支払う可能性もあり得ます。

思わぬ出費を避けるためにも、VOLVO車に乗るのであれば、メンテナンスには常に気を配っておきましょう。

3-2. 5年目、7年目を迎えるVOLVO(ボルボ)は部品の交換時期

5年目や7年目の車検を迎えるVOLVOの車は、車検時に交換が必要になるパーツが多く出てきます。

特に長く車に乗っていると、3年目、5年目の車検では交換対象じゃなかったものも、7年目では交換しなければならないものもたくさんあります。

7年目で初めて交換するようなパーツの場合、車のかなり重要パーツであることも多く、金額はかなり高額になると思っておきましょう。

また、エンジン関係などのトラブルも多くなってしまいますので、車検ごとに修理箇所があるため、度々パーツを交換することになるでしょう。

3-3. VOLVO(ボルボ)は部品交換や修理費用、工賃が高い

VOLVOをディーラーで車検を受けると、どうしても民間車検などと比べると工賃が高くなってしまいます。その主な理由は以下です。

・純正パーツを使う

VOLVOディーラーで部品交換をすると、必ず対象車の純正品を使うということがあります。正パーツはどうしても非純正パーツより費用が割高になってしまうというデメリットがあります。

・予防点検事項も多い

VOLVOディーラーに車検を出すと、まだ不要な整備をされてしまうことが多々あります。

これは、「次の車検まで安全に乗れるように」と予防を含めた整備を行うことが理由で整備項目が多くなり、その分日数もかかってしまいます。

・人件費が高い

世界最高水準の安全性能を誇るVOLVOディーラーでは、整備士の人件費も高額です。整備1時間あたりいくらと整備料金が決められており、民間車検の整備金額よりかなり高めに設定されています。

そのため、車検時の預かり日数が長くなることや、整備時間に時間がかかるほど、車検代金が高くなってしまうこともあるのです。

3-4. 実はディーラー車検は外注マージンがかかる

VOLVOのディーラー車検は、外注マージンがかかるケースもあります。実は、VOLVOのディーラーに車検を頼んでも、ディーラー自体が外部の整備工場と提携していることもあり、車検整備は外注する店舗も多いです。

このような外注システムは。VOLVOだけでなく輸入車ディーラーの多くが外注で整備を頼んでおり、その都度マージンがかかっているのです。

もちろんマージンの分車検費用は高くなってしまいますよね。

何より、せっかく高いお金を出してVOLVOディーラーに車検を頼んでいるのに、外部の整備工場に車検整備を頼まれているのであれば、最初から民間車検工場に出したほうがマージンも取られずに済むわけです。

4. VOLVO(ボルボ)のディーラー車検と民間車検の違い

VOLVOの車をVOLVOディーラーに車検に出す場合と、民間車検に出す場合の違いを具体的にご説明します。

4-1. 車検費用の違い

車検費用は、VOLVOのディーラーに車検を出す場合と、民間車検に出す場合では、大きな差が出ます。車の状態によっては、10万円以上の差が出るケースもあります。

「車検費用はどうしても節約したい!」と思う場合は、VOLVOディーラーではなく、民間車検工場に出した方が、かなりの金額を節約することが出来るでしょう。

4-2. 車検内容(点検・整備内容)の違い

VOLVOを民間車検に出したいと思った場合は、輸入車に対応している民間車検工場を探すことから始めましょう。

引き受けてくれる民間車検工場であれば、VOLVO車の整備経験もある人が常駐している可能性が高いです。

4-3. 信頼性の違い

VOLVOなどの輸入車の整備は、ディーラーでは独自の教育システムで学んでいることも多いです。また、VOLVOの車でコンピューター制御されているものでも、凡用の診断機を所持している民間車検工場であれば、ほぼ対応は可能でしょう。

また、VOLVOに詳しい人や、VOLVOを所持している民間車検工場のオーナーの場合、VOLVOディーラーよりも詳しく整備してくれる場合もあります。

VOLVOディーラーより民間車検工場が劣っているということは必ずしもありません。
より良い整備士に出会うことが出来れば、技術や信頼性はディーラーよりもかなり高まる場合もあるのです。

5. VOLVO(ボルボ)車の車検を民間車検で受けるメリット・デメリット

「VOLVOの車検を正規ディーラーで受けるとかなり高額になってしまうから、どうしても嫌だ」という人もいますよね。

そこで、VOLVOの車検を民間車検で受けるメリットとデメリットをご紹介します。

5-1. メリット

VOLVOの車検を民間車検で受けることのメリットは、何と言っても車検費用の安さでしょう。

VOLVOのディーラー車検は、初回時から13万を越すことも多いですので、民間車検で受けると3〜7万円くらいの金額を節約することが出来るのです。

5-2. デメリット

VOLVO車を民間車検に出すデメリットは、「車検を引き受けてもらえないことがある」ということです。

VOLVOの車を民間車検に出そうとしても、VOLVOは輸入車のため、民間車検では断られる場合があります。輸入車はオイル交換もややこしかったり、特殊な工具が必要だったりするので、オイル交換ですら受け付けないというテンポもたくさんあります。

また、民間車検工場でVOLVO車の車検を引き受けてくれる場合でも、「輸入車は2万円増し」と書かれている業者もあります。

VOLVOの車を民間車検に出す場合は、引き受けてくれるところを探すとともに、車検料金についてもきちんと確認しておくことが大切です。

6. VOLVO(ボルボ)ディーラーの車検費用が高い!困った時の民間車検の選び方

VOLVOのディーラーでの車検費用の見積もりを取った時、車検費用が予定外で高かった!という時、正直困ってしまいますよね。

「車検にそんなに高いお金を出したくない!」と思う人もいるでしょう。

そこで、民間車検にはどんな種類があるのか、またどのくらいの金額で車検を受けることが出来るのかをご紹介します。

6-1. 民間車検の種類

1995年に車検に関する規制が緩和されたことによって、色々な業種や様々な店舗で車検が受けられるようになりました。

しかし、VOLVOなどの輸入車は整備やパーツ自体が特殊であるため、民間車検では受けつけてもらえないこともあります。

まずはVOLVO車の車検がOKである店舗を探しましょう。

・オートバックスなどのカー用品店

オートバックスなどのカー用品店でも、店舗によっては車検が受けることが出来ます。カー用品店での車検は、比較的安価に設定されています。

イエローハットは、店舗によっては、輸入車の車検は対象外のこともありますし、エンジンオイルの交換も引き受けてもらえない所が多いです。

最寄りのカー用品店に、VOLVO車の車検を受け付けているかどうかを確認しておきましょう。

・ガソリンスタンド

ガソリンスタンドでも、店舗によってはVOLVO車の車検が可能です。カー用品店での車検価格と同等価格であることが多いです。

・民間整備工場

輸入車、高級車に詳しい整備士がいる民間の整備工場は「輸入車専門店」という看板を掲げて車検を受けている業者もあります。

輸入車に詳しい民間整備工場であれば、より安心して車検・整備を受けることができる上に、車検価格はディーラーよりはかなり安くなるでしょう。

・フランチャイズ店

ホリデー車検やアップル車検などのフランチャイズ車検専門店でも、VOLVO車の車検が受けられます。

車検のフランチャイズ店は、サービスも価格も安定しています。

6-1. 民間車検を選ぶ時のポイント

VOLVO車の車検を、民間車検で受けようと思った場合、民間車検の店舗を選ぶ時のポイントをご紹介します。

・整備士でVOLVO車に詳しい人がいる

・店舗のインターネットサイトなどに「VOLVO車大歓迎」と書かれている
・VOLVO車のオーナーが経営している

上記の条件に当てはまる民間車検工場を見つけられれば、VOLVO車の車検はかなり安価で済ませられるでしょう。

7. VOLVO(ボルボ)の車検費用を抑えるなら民間車検業者の選び方がポイント!

VOLVO車をディーラー車検に出すか、民間車検に出すかについての色々な視点からの比較についてご紹介してきました。

VOLVO車の車検は、民間車検に出すと、ディーラーに出すより5万円以上安く済ませられます。

VOLVO車の車検費用を節約したい人は、VOLVO車の車検を受け付けてくれる民間車検工場を探してみて、まずは見積もりを取ってみましょう。

最大66%OFF!ネット割で安く民間車検に申し込む方法

できるだけ安く、近所の民間車検を探すためには口コミや価格の比較は必須ですが、一件一件価格を調べるのはとても手間がかかります。

そこでおすすめなのが、ネットで民間車検を比較して申し込む方法です。「ホリデー車検」「EPARK車検」などWEB申し込みができるサイトがありますが、中でもおすすめは「楽天車検」。

楽天車検は加盟店数ナンバーワンで、オートバックスやエネオスなどの全国展開している大手も加盟しており安心して利用できるでしょう。

ネット割で最大66%OFFになったり、楽天ポイントがもらえるキャンペーンがあったり、お得に民間車検を探すことが可能です。もちろん楽天会員ではなくてもご利用いただけます。

安くできる民間車検を探す▶︎

価格も質も安心・信頼のおすすめ民間車検ランキング!

 

グー車検
ホリデー車検
EPARK車検