【トヨタ86のAT仕様の選び方】評判やMTとの違い、メリット・デメリットは?

スポーティーな走りが魅力のトヨタ・86。スポーツカーとしての走りを追究したいのなら、マニュアル仕様の方が走る楽しさを実感できるのはよくわかります。

でもAT限定免許だったりMT免許を持っていてもこれまでずっとオートマ車しか乗ってこなかった人だと、「86のMT仕様はちょっと…」となりますよね?

もちろん86にはAT仕様のグレードもあります。とはいえ、せっかく86のオーナーになろうとしているのに周りから「なんで86なのにMTじゃないの?」と言われてしまうと、AT仕様の86だと損をするような気にもなってしまいますよね。

そこで今回は、トヨタ86のAT仕様のメリット・デメリット、MT仕様との比較やパドルシフト反応の違い、さらに86のAT仕様に搭載されているマニュアルモードなどをわかりやすく解説しながら「AT仕様の選び方のポイント」を紹介していきます。

1. トヨタ86のオートマ(AT)の評判

86のAT仕様について詳しく説明していく前に、まずはAT仕様に関するユーザーの評判をまとめてみました。86AT仕様について周囲がどんな評価をしているのか、ザックリとしたイメージを掴んでみましょう。

エンジンをかけた時の迫力はMT仕様よりグッとくる

スポーツカーのエンジン音は、やっぱりあの独特の迫力が魅力ですよね?ただ86の場合、「エンジン音の迫力が期待外れ」という口コミが目立ちます。特に86オーナーの場合「スポーツ走行を思いっきり楽しみたい」という人が多いため、スポーツカーならではの音にもこだわりが強い人が多いです。

ただAT仕様のエンジン音については、「MT仕様よりも迫力を感じる」というコメントが見られます。ですからスポーツカーのエンジン音においては、「AT仕様だから音に迫力がない」ということではないようです。

発進加速はMT仕様に劣らない

86の評価のポイントとしては「発進加速」がよく挙げられます。効率よく加速してくれれば、それだけ思い通りの走りが出来ます。そこがMT仕様車の面白いところであり魅力でもあります。

この点がAT仕様で半減してしまうと評価としてはかなり下がってしまうところなのですが、実際の評判を見てみると「MT仕様とほぼ変わらない」「AT仕様なのに1速でのオーバーオールがMT仕様よりも低い」「効率よく発進加速できている」などの意見が目立ちます。

車との一体感が感じられる

86のメリットでありデメリットとも言われているアイドリング時の振動。MT仕様の場合は快適性を追究し過ぎているのか、スポーツカー特有のあの「ブルブルブル…」というアイドリング時の振動が「拍子抜けするほど感じない」という評価が目立ちます。

これに対してAT仕様は「思った以上に振動が体に伝わってくる」という評価が目立ちます。つまり86ユーザーがアイドリング時の振動を通して「車との一体感がある」と感じやすいのは、MT仕様よりもAT仕様の方が多いという結果になっています。

2. トヨタ86のオートマ(AT)とマニュアル(MT)の比率

では今度は86のAT仕様とMT仕様の「ギア比」「速度比」から違いを見ていきましょう。

86GTのギア比

6AT 6MT
1 3.538 3.626
2 2.060 2.188
3 1.404 1.541
4 1.000 1.213
5 0.713 1.000
6 0.582 0.767
R 3.168 3.137
FINAL 4.100 4.100

86GTの速度比

6AT 6MT
1 10.6 10.3
2 18.1 17.1
3 26.6 24.2
4 37.4 30.8
5 52.4 37.4
6 4.2 48.7
タイヤ半径 0.313 0.313

3. トヨタ86のオートマ(AT)に設定されるパドルシフト

パドルシフトは、AT仕様の場合のみに搭載されているものです。メーカーによっては「パドルスイッチ」と呼ばれることもあります。86のAT仕様にも、もちろんパドルシフトはあります。

3-1. パドルシフトとは?

パドルシフトが「なぜAT仕様のみに搭載されているか?」というと、「AT仕様でもMA仕様のようなギア変速を楽しめるようにするため」です。

AT仕様の場合のギア変速は、ドライバーの判断ではなく自動で変速していきます。これによってドライビングテクニックの有無に関係なく、快適でスムーズなギア変速が出来るようになっています。

ただスポーツカーの場合は直線加速やコーナリングなどでのギアチェンジが運転をする楽しさでもありますよね?そんなAT仕様オーナーの希望を叶えるために搭載したのが、パドルシフトというわけです。

パドルシフトを使うメリット

AT仕様の場合、加速時のギアに不満を感じることがあります。基本的にAT仕様の場合は、加速に最適なギアを自動的に設定されるのですが、その設定が「ドライバーのイメージ」と違っていることもあります。

たとえば直進加速の場合を例に挙げてみます。AT仕様の場合はアクセルペダルを踏みこむことで加速していきますが、「ギアが切り替わるタイミングがもう少し遅ければ、思い切り加速が出来そうだな?」と思う事ってありますよね?そんな時こそパドルシフトの出番です。

これを使えばギアの切り替えをドライバーの意志で行うことが出来るようになるため、思い通りの加速がAT仕様でも実現出来ます。つまり「AT仕様でもMT仕様のような加速・シフトダウンが出来る」ということです。

これがあるからこそAT仕様であっても「86オーナーとしての醍醐味」を損なうことなく、スポーティーなドライビングを楽しむことが出来るというわけです。

3-2. パドルシフトの反応は?

実際に86のパドルシフトを体験したオーナーの口コミを紹介してみましょう。

コーナリングが楽しい!

パドルシフトを使うことによって自由にギアを変速できる分、コーナリングで思い通りの走りが楽しめるところが高く評価されています。ちなみに「AT仕様のパドルシフトを使った方がハンドル操作に集中できて逆に面白い」というMT仕様オーナーの意見もあります。

MT車よりも直線走行タイムが良い

もともとAT仕様は加速に最適なギアを自動的に設定してくれるのが一番の特徴にあります。この自動変速ギアにドライバーの運転感覚が加わることによって、さらに加速力がアップすることがあります。

実際にMT仕様のオーナーがAT仕様のパドルシフトを使ってタイムを比べてみたところ「AT仕様の方が速くて驚いた!」なんていうコメントもあります。

4. トヨタ86にはオートマ(AT)にもマニュアルモードがある!

86ATには、自由にギア変速が出来るマニュアルモードがついています。これはパドルシフトというやつなのですが、実際に86ATオーナーも上手に使い分けて楽しんでいるのが実状です。

やはり快適なギア変速を車本体が自分で設定してくれる分、AT仕様の燃焼効率がいいのは事実です。特にここ最近発売された車は、省燃費性能を高めたものがほとんどです。そのためATオーナーたちも、普段はDレンジに設定して燃費重視の運転をしています。

その代わり「思い切りドライビングを楽しみたい!」という時には、普段のDレンジからマニュアルモードに切り替えアクティブなドライビングを楽しみます。このような使い分けが出来るのも、86ATのマニュアルモードの魅力といえます。

5. トヨタ86のオートマ(AT)仕様の選び方

5-1. メリット

86ATのメリットは、「AT限定免許であってもMT操作が楽しめる」ということでしょう。

これまでさまざまな視点からAT仕様とMT仕様を比較してきましたが、実際の走行や燃費などではほとんどその違いがみられません。もちろんグレードによる違いはありますが、同グレードであればほぼ同じといえます。

ただ一点違うといえば、AT仕様は「ギア変速は自動で行う」という点だけです。

もちろんこれも86ATではマニュアルモードがありますので、AT仕様であっても問題なく楽しめます。しかもギアの変則もMTのシフトレバーのような複雑な操作は必要ないため、AT限定免許であってもスポーツカーならではのアクティブなスポーツ走行を楽しむことが出来ます。

5-2. デメリット

86ATにはMTのようなギア変速が出来るマニュアルモードが搭載されていますが、やはりMT仕様のようなダイレクト感とは違います。AT仕様のマニュアルモードでも自分の意志でギア変速できるのですが、やはりそこは「機械の許容範囲内」という前提が付きます。

そのためある程度はドライバーの思い通りに操作できるのですが、「スポーツ走行のダイレクト感を追究したい」となるとやはり限界があります。この点が、同じ86であっても「MT仕様」と「AT仕様」の決定的な違いといえます。

6. まとめ

トヨタ86のATはスポーツカー初心者でも安心してドライビングを楽しむことが出来る嬉しい機能が満載です。普段はDレンジで走行すれば、面倒なシフト操作などは全く気にせずにハンドル操作に集中できます。そして思いっきりドライビングを楽しみたい時は、マニュアルモードに切り替えればOK!

楽しみ方も使い方も幅が広がる86のAT仕様。「ATだから…」という理由だけで判断するのではなく、これからのスポーツカーとの付き合い方も含めて一度検討してみても決して損はないですよ!

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービス

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービスダイヤモンドラストコーティングは、私たち最強のガラスコーティンングを求めて最後にたどり着いたガラスコーティングです。

・最高硬度9H以上
・5年以上皮膜が剥れ落ちない
・完全無機質で紫外線による劣化を防ぐ

公的試験データ取得済みの最高品質のガラスコーティングであなたの愛車にかつてないほどの輝きと艶、強固なボディをもたらします。

ラスコジャパン公式HPを見る

無料EBOOK『まだコーティングはするな!フルアーマー車を作れるガラスコーティング選び【完全保存版】』

この本では、コーティング業界の歴史、正しい洗車の方法、ガラスコーティングの成分別の違いと正しい選び方を紹介しています。ネットではどこにも公開されていない業界の裏話やガラスコーティングの真実を余すことなく書籍にまとめられています。

この本を読めば、プロでも知らないガラスコーティングの正しい知識が身につき、業者にダマされずに自分自身で愛車に最適なガラスコーティングを選ぶことができるようになるでしょう。