車の処分方法と手続き方法を詳しく解説!

車を処分しようとするときに、どのような手続きが必要なのか、そして、どの方法が一番お得なのか知ってますか?

お安くあげる方法やお手軽に処分する方法など、貴方にピッタリの方法を見つけませんか?

車を処分と言っても、廃車にするのか、買い取りしてもらうのかによって、その手続きは違います。また、新しく車を購入する場合は、下取りに出すことも可能です。

各手続きの流れを見て行きましょう。

1. 廃車処分の手続き

廃車手続きには、廃棄(解体)を行う場合と、再使用など(売買など)を行う場合で、手続きの種類が下記の3つに分かれています。

  • 永久抹消登録:解体を済ませている場合
  • 一時抹消登録:一時的に使用を中止する場合
  • 輸出抹消仮登録:自動車を輸出する場合

これらの手続きは、陸運局にて行います。

2. 永久抹消登録の手続き

2-1. 永久抹消登録手続きに必要な書類

  • 車の所有者の印鑑証明書(発行から3ヵ月以内のもの)
  • 車の所有者の委任状(所有者の押印(印鑑証明書と同じ実印)があるもの)
  • ナンバープレート(前面と後面の2枚)
  • 車検証(自動車検査証)
  • 「解体報告記録がなされた日」と「移動報告番号」(メモで可)
  • 手数料納付書
  • 永久抹消登録申請書
  • 自動車税・自動車取得税申告書(不要な地域あり)

2-2. 永久抹消登録手続きにかかる費用

  • 永久抹消登録申請書(100円前後)
  • 解体費用(0〜30.000円前後)
  • 車の引き取り費用(0〜15.000円前後)

3. 一時抹消登録の手続き

3-1. 一時抹消登録手続きに必要な書類

  • 車の所有者の印鑑証明書 (※発行から3ヵ月以内のもの)
  • 車の所有者の委任状 (所有者の押印(印鑑証明書と同じ実印)があるもの)
  • ナンバープレート (前面と後面の2枚)
  • 車検証(自動車検査証)
  • 「解体報告記録がなされた日」と「移動報告番号」(メモで可)
  • 手数料納付書
  • 一時抹消登録申請書
  • 自動車税・自動車取得税申告書  (不要な地域あり)

3-2. 一時抹消登録手続きにかかる費用

  • 一時抹消登録手数料(350円前後)
  • 一時抹消登録申請書(100円前後)
  • 登録手数料(350円前後:住所変更も行う場合)
  • 登録事項等証明書交付手数料(300円前後:車が盗難された場合)

4. ディーラーで車を処分する場合の手続き

ディーラーに依頼すると、仲介代を取られて提携先の自動車解体業者に車が引き渡されることになります。

ディーラーに任せれば手間があまりかからず楽ですが、仲介代やレッカー代移動費などを合計すると6万円程度の費用が必要になるのです。

5. 解体業者に直接依頼する場合の手続き

直接個人で、自動車解体業者に持ち込む場合は、ディーラーに代行してもらうよりは安くなりますが、それでも解体費用として1~2万円程度かかります。

信頼できる業者を探すのも時間と手間がかかり、レッカー代移動費が追加で必要になります。また、手配する手間は当然かかってきます。

解体業者に持ち込んだ際の手続きの流れは、以下の通りです。

①解体業者に車体を引き取ってもらう

近くの解体業者を探して、引き取ってもらいましょう。もし、車が動かせない状態ですと、レッカーで輸送する必要があります。

②必要書類を準備する

書類については、コチラを参考にしてください。

廃車の必要書類

③陸運局で申請をする

書類とナンバープレートを提出して、手続きは完了です。

6. 廃車にする場合の手続きまとめ

廃車にする場合は、必ず、最終的には解体業者へ持ち込むことになります。また、陸運支局への申請も必ず必要になります。

ディーラーに頼む場合は、すべて一手に引き受けてくれるので、書類に必要事項を記入するだけで、車の処分が完了しますが、手数料が発生します。

自分で解体業者へ持ち込んだ場合は、すべての手配をしなければなりませんが、費用は多少抑えられます。

自分のスタイルに合った方法で処分しましょう。

しかし実は廃車にするよりも、もっとお得な車の処分方法があるのです。次の項で、説明して行きます。

7. 買い取り業者を利用して処分する場合の手続き方法

実は、廃車の手続きをするよりも簡単な方法があるのです。それは、買取業者に売ってしまうということ。

事故車や不動車などの価値の無いような車でも、買い取ってくれる業者があります。

国産車ですと海外で需要が高いですし、実は、事故車や動かない車、ボロボロになった古い車でも売れるのです。中古パーツとして再利用したり、海外で輸出したりできるため、自動車の車体というのは非常にニーズが高いのです。

上記の手続きをすべて代行してくれて、尚且つ、車種や状態によっては、思ったよりも高額での引き取りになるかもしれません。

車の廃車を業者に依頼する際の手続き方法を紹介します。

①最寄りの引き取り業者に連絡

まずは、業者を見つけましょう。インターネットなどで探すとすぐに見つかります。その際、口コミなどをよく読んで、親切に対応してくれるところを選ぶと、気持ちの良い取引が出来ますね。

ある程度、買い取り価格の高い事であることも重要になりますが、手続きをすべて代行して貰えるので、その手数料は必要になると考えましょう。

レッカー移動が必要な場合は、出来る限り自宅から近い業者を選ぶと、レッカー移動費が軽減される場合もありますので、引き取り業者さんの所在地を考慮するようにしましょう。

②引取り日の予約

都合の良い引取り日を業者と打ち合わせしてください。自分で車を持っていくのか、業者に取りに来てもらうのかを決めます。家の近くの業者さんの場合は、この点でも有利に働きますね。

③必要書類の準備

廃車の手続きに必要な書類を準備します。引き取り業者さんがすべて書類を用意してくれますので安心です。

④車体の引き渡し

業者と打ち合わせた引渡し方法で、車体を業者に渡します。

⑤書類の受け渡し

書類は、通常、車本体と同時に引き渡しになる場合が多いですが、不備などがある場合は、後日郵送になる場合があります。

⑥手続き完了書類の受け取り

業者さんが、書類を陸運局に持って行ってくれるので、受理されると、業者より証明書などが送られてきます。そちらで、正しく手続きが終わったのかを必ず確認してください。

8. 車を処分するより買い取り業者に売るメリット

  • 手間がかからない
  • 費用がかからない
  • 利益が出る場合もある
  • 複数の業者に見積もりを取る事で、相場を知ることが出来るので安心

以上の事から、車を廃車にする場合は、まずは、一度買い取り業者に見積もりを取るのが良いでしょう。

9. 買い取り業者の選定方法

車の買い取りは、複数の業者に見積もりを取るのが良いです。無料査定してくれる業者に、見積もりを依頼し、価格を見極めると良いでしょう。

見積もりを複数とることで、市場価格の傾向をつかみ、一番高値で売ることができますので、手間はかかりますが、数社見積もりを取るようにしましょう。

10. 車の下取りのデメリット

もしも、現在所有の車を手放し、新しく車を購入する場合は、ディーラーでの下取りをお願いする場合もあると思います。通常、下取りは購入する車を扱うディーラーで行います。

しかし、下取りの場合、買い取り価格が低い場合があるので、買い取りをお願いする方が、お得な場合があります。

下取りは、「頭金」という性質があるので、購入する車の価格値引きが少ない場合もあります。

購入値引きの価格との相殺になる場合も多く、お得感が少ないかもしれません。

新車購入と共に、不要になった車を引き取ってもらうのは、大変便利ですし、手間もないのですが、ディーラーに廃車手続きをお願いするのと、同じように手数料がかかっていることをお忘れなく

11. 車の処分方法と手続きのまとめ

車の処分方法について、説明してきました。あなたにピッタリな処分方法が見つかったでしょうか?

あなたの愛車を、少しでも高く、または費用をかけずに処分する方法としては、廃車よりも買い取り。そして、買い取りには、複数の見積もりを取ること、などをご紹介してきました。

しかしながら、必ずしも買い取りが下取りよりも高値になるという事ではないので、様々な方法について、まずは査定ないし、見積もりを取ってから決定するようにしましょう。

車を処分する目的に合った方法を選択してください。

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービス

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービスダイヤモンドラストコーティングは、私たち最強のガラスコーティンングを求めて最後にたどり着いたガラスコーティングです。

・最高硬度9H以上
・5年以上皮膜が剥れ落ちない
・完全無機質で紫外線による劣化を防ぐ

公的試験データ取得済みの最高品質のガラスコーティングであなたの愛車にかつてないほどの輝きと艶、強固なボディをもたらします。

ラスコジャパン公式HPを見る

無料EBOOK『まだコーティングはするな!フルアーマー車を作れるガラスコーティング選び【完全保存版】』

この本では、コーティング業界の歴史、正しい洗車の方法、ガラスコーティングの成分別の違いと正しい選び方を紹介しています。ネットではどこにも公開されていない業界の裏話やガラスコーティングの真実を余すことなく書籍にまとめられています。

この本を読めば、プロでも知らないガラスコーティングの正しい知識が身につき、業者にダマされずに自分自身で愛車に最適なガラスコーティングを選ぶことができるようになるでしょう。