買い替えを考えている人は車検を通すべき?

車検のタイミングは色々なことが脳裏に過りますよね。例えば、持っている車が結構古くなって来たので、そろそろガタが来始めて車検費用が結構かかりそうだから車を買い換えようとか、色々なことを考えるはずです。

その時、車検を通してから車を買い換えたほうがいいのか、それとも車検を通す前に車を買い換えたほうがいいのか判断に迫られることでしょう。そこで今回この記事では、車の買い替えを少しでも考えている人は、車検をどう乗り切ればいいのかについて解説をします。

1. 車検それとも買い替え?迷った時に確認したい3つの費用

車検か買い替えを洗濯するのは、正直ケースバイケースです。それぞれにかかる費用をまずは出してから、トータル的に損がない方を選ぶのが望ましいのです。この項目では、車検と買い替え時にかかる費用について解説を行なって行きます。

1-1. 車検にかかる費用

まず車検をすると仮定すると、車検にはどれくらい費用がかかるものなのでしょうか。当然その車のコンディションや走行距離、各所の痛み具合によって変わって来ますが、おおよそ15万円から30万円を想定しておくと良いでしょう(高級車や古すぎる車は覗く)。

もし今乗っている車を下取りに出して新しい車を買おうと考えている場合は、車検が通ってたほうが高く査定はされますが、それでも上乗せ金額は車検にかかる費用には届かないので、損することがほとんどなので覚えておきましょう。

1-2. 買い替えにかかる費用

車の買い換えでは、車両代金以外に「法定費用+手数料」がかかります。

買い換えにかかる費用はたくさん発生します。ただ車を買って終了というわけではないのです。車には様々な税金がかかって来ますが、その中でも、次のような税金は払わなくてはいけないのです。

  • 自動車税
  • 自動車重量税
  • 自動車取得税
  • 自賠責保険料
  • 消費税

これらの税金は、購入した際に誰でも平等に請求される税金になります。この中には、すでに車の代金にこまれているものもありますが、販売店によっては別途これらの税金がかかると販売しているところもあるので、しっかりと確認する必要がでてきます。

そのほかにも、車を買い替える際に、車庫証明書や登録費用もかかります。また、車を廃車にしたりする場合は、店舗にもよりますが、廃車費用がかかる場合があるので慎重に選ばなくてはなりません。

1-3. 車の維持にかかる費用

もし車を買い換えない場合は、当然その分維持費がかかって来ます。例えば先ほどから話している車検については、例え車に乗らなくても少しでも乗ることがあるのなら通さねばなりませんし、自動車税は車を保有しているだけでかかって来ます。その他にも、自動車保険やガソリン代、経年劣化したパーツの取り替え等々かかるので、もし買い替えを考えているのなら早めにしたほうがいいでしょう。

2. 車検に出す方がお得な場合

車検については、全ての人が行ったほうが言い訳ではありません。場合によっては、車検を通さずに買い替えをしたほうがいいケースもあります。この項目では、そのケース別に解説を行ってまいります。

2-1. こんな車は車検に出そう!

車検に通したほうがいい場合は、次のような場合です。

  • お金があまりなく費用をかけたくない
  • 今の車が気に入っている

当然のことといえば当然なのですが、お金がないのであれば、車検を通して大人しく今の車を乗りつづけた方がいいでしょう。車を買うということは、車検以上に費用がかかることがほとんどです。

また、今の車が気に入っている人は、無理に車を買い替える必要もないため、通常通り車検を通して乗り続けるのがいいでしょう。

2-2. 車検に出した場合のメリット

車検に出すメリットとしては、何と言っても一番コストが安く済む点にあります。例外として、あまりに燃費が悪い車に乗っていれば話は別ですが、そうでない場合なら、車を買い換えないで乗り続けた方が、車検とランニングコストを考えても一番コストパフォーマンスが良くなります。

また、乗り潰すきで車を乗っている場合も同様に、車検を通して乗り続けるべきです。

2-3. 車検の出す場合のデメリットと注意点

このまま車検に出して乗り続ける場合は、この後発生する車検等が年々上がっていく可能性はあります。なぜなら、車というのは年々経年劣化でパーツが悪くなっていきます。最初は問題なくても、2年の間にすり減っていき、次の車検の時には倍の額がかかるなんてあまり珍しくもありません。

その他にも、乗り続けることによって、いざ売却しようと思っても、その時には市場の価値が下がり、十分な額で売却ができないこともあります。時間とともに車の価値が上がるのもないわけではないですが、それもほんの一握りなので、通常は価値が下がっていくデメリットがあります。

3. 買い換えた方がお得な場合

逆に車検を通さずに車を買い替えた方が良い場合はどのような時でしょう。

3-1. こんな車は買い換えよう!

次のような場合は、車を買い換えのがおすすめです。

  • 燃費が悪すぎて燃費がいい車にしたい
  • 修理や車検、燃費が悪い車
  • 家族が増えたりする

こういった場合は、車を買い替えた方がいいでしょう。特に燃費が悪い車の場合は、それを好きで乗っていれば良いのでしょうが、そうでないのならば年間の維持費が高くつきます。新しい燃費のいい車を買い替えれば、最終的には元がとれるので燃費の悪い車に乗り続ける理由がなければ、買い替えをおすすめします。

3-2. 車を買い替えた場合のメリット

買い替えのメリットとしては、何より年間の維持費を安くできる可能性を秘めております。また、新しい車であれば、車自体傷んでいないことが多いので、車検が安く済むこともあります。全てコスト面での話になってしまいましたが、自分で今の車を乗り続けるのと、車を買い替えることで、何年後に元が取れるかシミュレーションを行なってみて、それが自分の思い描いているようなら買い替えを行うべきです。

3-3. 車を買い替えた場合のデメリットと注意点

長期的な目線で見ると、新しい車に乗り換えることはいいのですが、どうしても初期投資が必要になって来ます。中には全額ローンを組んで買う人もいますが、それでも家計を圧迫することには変わりはありませんよね。

そのため、長期にわたりお金を払い続けるローンが嫌な人とか、車を購入できる費用を一気に用意できないような人は買い替えを少し考えた方がいいでしょう。 買い替える事によって、生活していくの辛くなるのであれば、それは無理な買い物に他ならないので、資金的な余裕ができた時にするべきです。

4. 車検と買い替えの違いを知って賢い選択を!

いかがでしたでしょうか?車検を通すべきなのか、そうでないべきなのか、それはその人の置かれている状況により、どうしても変わって来てしまいます。今自分がどのような状況に置かれており、買い換える資金があるのかないのか、そして買い替える必要があるのかないのかもしっかりと吟味して、後悔のないようにするべきでしょう。

最大66%OFF!ネット割で安く民間車検に申し込む方法

できるだけ安く、近所の民間車検を探すためには口コミや価格の比較は必須ですが、一件一件価格を調べるのはとても手間がかかります。

そこでおすすめなのが、ネットで民間車検を比較して申し込む方法です。「ホリデー車検」「EPARK車検」などWEB申し込みができるサイトがありますが、中でもおすすめは「楽天車検」。

楽天車検は加盟店数ナンバーワンで、オートバックスやエネオスなどの全国展開している大手も加盟しており安心して利用できるでしょう。

ネット割で最大66%OFFになったり、楽天ポイントがもらえるキャンペーンがあったり、お得に民間車検を探すことが可能です。もちろん楽天会員ではなくてもご利用いただけます。

安くできる民間車検を探す▶︎

価格も質も安心・信頼のおすすめ民間車検ランキング!

 

グー車検
ホリデー車検
EPARK車検