車検の有効期間はいつまで?早め早めに車検を取ろう!

車検は私たちが車を安全に運転するために必要なものです。車検がないと、公道を走ることは出来ません。

そんな車検にも有効期間というものがあり、有効期間が過ぎてしまうと車に乗れなくなってしまうのです。

では、今回は車検の有効期間はいつまでなのか?車種によって違いはあるのか?について紹介していきます。

1. 車検有効期間一覧表【車種・用途別】

車検の有効期間というのは車の種類や用途によって、違ってきます。なので、車種や用途別に車検の有効期間について表で紹介していきます。

対象車種 有効期間

(初回/2回目)

使用用途
運送事業用 旅客 1年/1年 バス/タクシー
車両総重量

8t以上(貨物)

1年/1年 貨物運送事業の

トラック

車両総重量

8t未満(貨物)

2年/1年
軽自動車(貨物) 2年/2年
二輪(貨物) 3年/2年
レンタカー 車両総重量

8t以上(貨物)

1年/1年 トラック
車両総重量

8t未満(貨物)

2年/1年
軽自動車(貨物) 2年/2年
定員11名以上 1年/1年 マイクロバス
幼児専用 1年/1年 園児送迎車
普通車・小型車

(乗用)

2年/1年 マイカー型
軽自動車(乗用) 2年/2年
三輪車(乗用) 2年/1年
小型(二輪) 2年/1年 250ccを超える

オートバイ

普通車・小型車

(特種)

2年/1年 キャンピングカー
車両総重量

8t以上(特種)

1年/1年 タンク車など
車両総重量

8t未満(特種)

2年/1年
車両総重量

8t以上(大型特殊)

2年/1年 クレーン車など
車両総重量

8t未満(大型特殊)

2年/1年 フォークリフト
車両総重量

8t以上

(大型特殊貨物)

1年/1年 トレーラーなど
車両総重量

8t未満

(大型特殊貨物)

2年/1年
自家用車 車両総重量

8t以上(貨物)

1年/1年 トラック
車両総重量

8t未満(貨物)

2年/1年
軽自動車(貨物) 2年/2年
定員11名以上 1年/1年 マイクロバス
幼児専用 1年/1年 園児送迎車
普通車・小型車

(乗用)

3年/2年 マイカー
軽自動車

(乗用)

3年/2年
三輪車

(乗用)

2年/2年
小型(二輪) 3年/2年 250ccを超える

オートバイ

普通車・小型車

(特種)

2年/2年 キャンピング車
車両総重量

8t以上

(特種貨物)

1年/1年 給油車/タンク車/コンクリートミキサー車など
車両総重量

8t未満

(特種貨物)

2年/1年
軽自動車(特種貨物) 2年/2年
車両総重量

8t以上

(大型特殊)

2年/2年 クレーン車など
車両総重量

8t未満

(大型特殊)

2年/2年 フォークリフト
車両総重量

8t以上

(大型特殊貨物)

1年/1年 トレーラー
車両総重量

8t未満

(大型特殊貨物)

2年/1年

基本的に私たちが日常の生活で関係があるのは自家用車普通車・小型車(乗用)と軽自動車(乗用)の部分になります。

新車で購入した場合は3年の車検が最初はついていますがその車検が終わると次からは2年の車検になります。2年ごとに車検があると覚えておくようにしましょう。

2. 10年を過ぎた車の車検有効期限は1年って本当?

よく、車検のことで聞かれるのが「10年を過ぎた車の車検有効期限って2年から1年になるの?」ということです。実はそれは全くの嘘になります。

1995年よりも前は10年を過ぎた車の車検有効期限が1年になっていましたが現在は法律が改定されており、10年を過ぎた車の車検有効期限は2年のままになっています。

なので、10年を過ぎた車を乗っていても車検が1年に1回ではないので費用は抑えることができますね。

3. 車検の有効期間や満了日の確認方法

車検はいつまであるのか?有効期間はいつまでか?を確認しておかなくてはなりません。確認せずにそのまま乗り続けていて、車検が切れてしまっていた!なんてことがあれば法律を犯していることになります。

では、車検の有効期間や満了日の確認の方法について紹介していきます。

3-1. 車検期間をステッカー(シール)で確認

まず、車検がいつまでなのか?というのをすぐに確認する方法としてはステッカーがあります。車のフロントガラスの上部を見てみてください。

何か日付が書いてませんか?その日付が車検が切れる日なのです。

すぐに目のつくところにありますし、いつでも確認することができるので「あれ?車検っていつだっけ?」となってしまったときはそのステッカーを見てみましょう。

3-2. 車検証の有効期限の見方

ステッカーではいつまで車検があるのか?を確認することができますが、車検証でも有効期限の確認をすることができます。

車検証の左下にある有効期限の満了する日というところを見てみましょう。そこで車検の有効期限を確認することができます。

これはステッカーと同じ日時が書かれているのでステッカーを確認するだけで十分なのですがもしかしたら、ステッカーの日時が間違っているということもあります。

その場合は車検証はきちんと陸運局が発行してくれているので車検証のほうが信用度が高くなっています。

3-2. 車検期限は当日も有効?

車検期限は当日も有効なのか?と疑問に思いますよね。実は車検期限は当日も有効なのです。

例えば、車検期限が4月1日だったとします。その場合は4月1日当日の23時59分まで車検は有効なのです。

しかし、いくら当日まで有効と言ってもぎりぎりにやるとなにか不具合が見つかって車検が通らないなんてことになってしまったり、車検切れになってしまことがあります。

なので、余裕を持って車検を取っておくようにしましょう。

4. 車検が受けられる期間

車検が受けられる期間というものがあります。車検は車検の有効期限の1か月前から受けることができるのです。

なので、前もって車検を予約しておいて、車検の有効期限1か月前になったらすぐに車検をとることができるのでそのほうが車検切れもしなくて済むので安心ですね。

また、車検をしてくれる会社によって、車検早割などもあり、車検費用の割引特典も受けることができます。早め早めに車検の見積もりをとってもらい、車検切れにならないようにしましょう。

5. 車検が有効期間切れだったりギリギリの場合の対処法

もし、車検の有効期限を忘れていて、ぎりぎりになってしまった!なんてことになった場合、対処法が1つだけあるのです。それは車検有効期限の当日の場合は昼までに電話することで対応してもらえます。

また、車検も指定工場とされているところにやってもらうようにしましょう。

指定工場というのは陸運局に車を持ち込まなくてもその店舗で車検を通してもらうことができるので数時間で車検が済みます。最悪、車検の有効期限ぎりぎりになっても車検は通すことが出来るのです。

6. まとめ

車検の有効期限、有効期間について紹介してきました。車検というのは有効期限が決まっています。また、車種やその車の用途によっては有効期間が決まっているのです。

例えば、私たちが普通に乗っている車(普通乗用車など)は新車で購入すれば最初は3年間有効期間がありますがその次は2年の有効期間になります。

車検の有効期間を覚えておかないと、勘違いして3年ごとの車検なのだ!と思い続けて、車検が切れるなんてこともあります。

車検の有効期限についても車内のステッカーや車検証などで確認しておくことが必要です。そうしないと、車検が切れて公道を走れないなんてことになりかねません。

もし、車検が切れてしまった場合は車屋さんに相談して、車を引き取ってもらい車検を取るか、仮ナンバーを取得して車屋さんに持っていきましょう。

ぜひ、参考にしてみてください。

最大66%OFF!ネット割で安く民間車検に申し込む方法

できるだけ安く、近所の民間車検を探すためには口コミや価格の比較は必須ですが、一件一件価格を調べるのはとても手間がかかります。

そこでおすすめなのが、ネットで民間車検を比較して申し込む方法です。「ホリデー車検」「EPARK車検」などWEB申し込みができるサイトがありますが、中でもおすすめは「楽天車検」。

楽天車検は加盟店数ナンバーワンで、オートバックスやエネオスなどの全国展開している大手も加盟しており安心して利用できるでしょう。

ネット割で最大66%OFFになったり、楽天ポイントがもらえるキャンペーンがあったり、お得に民間車検を探すことが可能です。もちろん楽天会員ではなくてもご利用いただけます。

安くできる民間車検を探す▶︎

価格も質も安心・信頼のおすすめ民間車検ランキング!

 

グー車検
ホリデー車検
EPARK車検