車検でマフラーの音量の判定基準は? 事前にチェックする方法や対策とは!

車のマフラーの音量には、保安基準によって規制がされています。陸運支局などの検査では機械による測定によって判定が出されるため、確実に基準の範囲内でなければ車検に通りません。

たとえほかの部分ではすべて合格判定を貰えたとしても、マフラーの音量検査で不合格となれば改めて整備しなおしてから再検査となり手間もかかります。

だからこそ車検に出す前に必ずチェックしておきたいのが「マフラー音量の判定基準」です。

そこで今回はマフラー音量に関する保安基準や車検時の計測方法、さらに車検に出す前に事前にチェックする場合の方法や音量対策などをわかりやすく解説します。

1. 車検に通るマフラー音量の判定基準とは?

マフラー音量に関する基準は、車種や用途によっても細かく設定されています。もちろん車の重量によっても違いますが、個人ユーザーの場合は「普通・小型自動車」と「軽自動車」の2つに分けて考えます。

普通・小型自動車の場合

エンジン後方 エンジン後方以外
100デジベル 96デジベル

軽自動車の場合

エンジン前方 エンジン前方以外
97デジベル 97デジベル

1-1. マフラーの音量に関する保安基準

陸運支局などで行う音量検査では、「近接排気騒音検査」が行われます。測定自体は屋外で行われるため、屋内の検査より正確な数値が計測されます。

計測方法については後で紹介していきますが、判定基準としては明確です。保安基準の許容範囲内であれば車検に通りますし、範囲外の場合は車検には通りません。

誤差が生じる人為的な判定ではなく専用の機械による数値で判定するため、他の点検項目のようなグレーゾーンはありません。

1-2. 車検時のマフラー音量の計測方法

陸運支局などでのマフラー音量を計測する時は、次のような手順で正確な数値を計測します。

音量検査の方法

  1. 車はニュートラルに入れた状態で停車させる
  2. エンジンの最高出力時の回転数75%の状態を5秒間維持する
  3. 急速に減速させ、その時の最大騒音値を図る

2. 車検前に要チェック!マフラー音量の測り方

グレーゾーンがない検査である以上、車検前にしっかりと音量をチェックしておかなければ車検には通りません。しかもマフラー音量は機械による測定となるので、事前チェックをする際にも「このくらいなら大丈夫かな?」というあいまいなチェックの仕方では不安が残ります。

2-1. 業者に依頼する

ディーラーや民間の車検工場でも「近接排気騒音測定」は出来ます。他にも陸運支局などの近くにあるテスター屋で音量をチェックすることもできます。

業者で測定してもらう場合、基本的には有料サービスです。ただし業者によっては無料サービスで測定してもらうこともできます。費用が気になる場合は、あらかじめ業者に問い合わせておいた方が良いでしょう。

2-2. マフラー音量がわかる測定器を使う

マフラーの騒音量は整備工場で使うような本格的な機械でなくても、市販されている測定器で図ることも出来ます。測定機の価格は高いものになると数万円単位になりますが、¥5000~¥6000円代のものもあります。手頃な値段ではありますが、比較的性能も良いです。

ただし使う場合は「静かな場所」「音が響かない場所(屋内はNG)」「概ね平たんな場所」の3つの条件に合う場所で行うようにしましょう。この条件から外れていると、せっかく測定器を購入して測っても正しい数値がは出てきません。

2-3. マフラー音量が測定できるアプリを利用する

「わざわざマフラー音量を図るために市販の測定器を買うのはちょっと…」という人は、iPhoneのマフラー音量測定アプリを利用してみてはいかが?

測定アプリには無料アプリと有料アプリがありますが、車のマフラー音量を測定する場合はやはり有料アプリの方がおすすめです。有料アプリの場合も¥200~¥400とかなり安いですので、お試し程度であればおすすめです。

3. 車検に出す時のマフラー音量対策

スポーツマフラーを愛用している場合は、やはり車検に出す前にあらかじめ音量対策をしておいた方が無難です。ただしそれ以外の場合でマフラーの音が気になる場合は、マフラーに穴が開いている可能性もあります。

いずれにしてもマフラー音量対策としては、次の2つの方法が考えられます。

3-1. サイレンサーを使う

サイレンサーを使う場合は、「きちんと保安基準をクリアしているか」がポイントになります。

保安基準では「容易に除去できる構造ではない」ということが、車検をクリアするサイレンサーの条件として挙げられています。つまり車検が通ったらすぐに取り外せるような状態では、いくらサイレンサーを取り付けていたとしても車検には通らないのです。

ねじ止め程度の装着では通らない

サイレンサーの中にはネジで固定するタイプのものがあります。「ネジで止めているから大丈夫だろう」と思うかもしれませんが、これは保安基準をクリアしているとは言えません。

所詮ネジで止めているだけですから、走行中の振動によってネジが取れてしまうことが考えられます。それに第一ネジだけであれば、すぐに取り外しができてしまいます。

これでは「固定した状態」としてみなされません。ですからもちろん車検も通りません。

溶接して取り付ける場合は車検に通る

サイレンサーを装着した状態で車検に通りたいのであれば、溶接して取り付ければ確実です。ただし溶接してしまうと取り外せませんので、音を楽しみたいという人にとってはかなりイタイところです。

そのため音量対策としては最高なのですが、カーライフの視点から見ればたぶんNGですよね?ですからこの場合は、素直に車検に通る純正品のマフラーと交換しておくのが一番でしょう。

3-2. マフラーを交換する

意図的にマフラーを変えたわけでもないのに車検業者からマフラー音量の数値で指摘を受けた場合は、マフラーに穴が開いてしまっている可能性もあります。

マフラーに穴が開いてしまう理由はいくつか考えられるのですが、いずれのケースも経年劣化が原因だと考えられます。ただし海に近いエリアに住んでいる場合は、塩害による劣化が原因の場合も多いです。

小さな穴であれば「溶接修理で車検を通す」という方法もありますが、これはあくまでも応急処置程度ですので、いずれ近いうちに修理または交換が必要になります。

車検後のことも考えれば、やはり思い切ってマフラーを交換した方が良いでしょう。

・ディーラーでマフラーを交換する場合の費用

ディーラーの場合は正規部品を使いますので、最も費用としては高くなります。車種によっても異なりますが、費用としては¥70,000~¥100,000が相場です。

・ディーラー以外でマフラーを交換する場合の費用

新品にこだわらず中古のマフラーでもよいのであれば、インターネットや民間の整備工場を利用した方がかなり安いです。そもそも本体だけでも新品であれば5~7万円はしますが、中古部品であれば1万円代から見つけることが出来ます。

後は自分で取りつけるのなら無料ですし、そのまま業者に依頼したとしてもディーラーに頼むよりははるかに費用を節約できます。

4. 車検前に確認したいマフラー音量の合格基準と対策まとめ

マフラー音量の検査の場合も、車検を通すときのポイントは「保安基準の範囲内であること」に尽きます。車検を通すためには「検査の時に音が静か=合格」ではなく「基準をクリアしている=合格」でなければいけません。

しかも騒音検査は専用の機械で数値を測定するため、グレーゾーンはありません。だからこそマフラー音量検査では、車検前の事前チェックと音量対策が大切なのです。

最大66%OFF!ネット割で安く民間車検に申し込む方法

できるだけ安く、近所の民間車検を探すためには口コミや価格の比較は必須ですが、一件一件価格を調べるのはとても手間がかかります。

そこでおすすめなのが、ネットで民間車検を比較して申し込む方法です。「ホリデー車検」「EPARK車検」などWEB申し込みができるサイトがありますが、中でもおすすめは「楽天車検」。

楽天車検は加盟店数ナンバーワンで、オートバックスやエネオスなどの全国展開している大手も加盟しており安心して利用できるでしょう。

ネット割で最大66%OFFになったり、楽天ポイントがもらえるキャンペーンがあったり、お得に民間車検を探すことが可能です。もちろん楽天会員ではなくてもご利用いただけます。

安くできる民間車検を探す▶︎

価格も質も安心・信頼のおすすめ民間車検ランキング!

 

グー車検
ホリデー車検
EPARK車検