【車検のカード払い】メリット・デメリットは?ディーラー・業者ごとの対応は?

車検の費用はかなりの出費になりますよね?特に年式が古かったり走行距離が多い車となると、整備点検以外にも修理や部品の交換などが必要になります。そのため車検の費用も高くなります。そんな時に便利なのが、クレジットカード払いです。

でも車検の時にカードを使う場合は、注意が必要です。なにしろ一般的に「車検代」というものには、実は様々なものが含まれているのです。そのためカード払いにするメリットとデメリットがあるのです。さらにディーラーによっても対応に違いがありますし、業者によってはカード払いの対応をしていないこともあります。

そこで今回は、「車検のカード払いが本当にできるのか?」「カード払いにするメリット・デメリットは?」「ディーラー・業者によって対応が違うのか?」などをまとめて解説していきます。

1. 車検費用もカード払いが可能

カード払いについて解説する前に、まずは車検費用について簡単に説明します。

車検費用には、整備業者や整備の内容によって費用に違いがある「車検基本料」と車検を通す上で必ず必要になる「法的費用」の2つがあります。この違いを理解しておくことが、車検費用のカード払いを検討する時に大切なポイントになります。

1-1. メリット

カード払いにする最大のメリットは、「手元にまとまったお金がなくても車検費用を支払うことが出来ること」です。車検の場合、法的費用とよばれる「自動車重量税」「自賠責保険料」「印紙代」の3つは金額が決まっています。

そのため「自分の車の車検にいくらの法的費用が掛かるのか」ということを調べることが出来るので、事前に費用を準備しておくことはできます。

でも車検基本料の場合は、車の状態や対応する業者によっても金額が異なります。たとえば「オイル交換が必要になった」「部品の交換をしないと車検が通らないといわれた」という場合は、通常の整備・点検以外にも修理や部品交換費用が加算されます。

そのため車検基本料は、実際に車を見せて見積もりを出してもらわなければ総額が分からないこともよくあります。ある程度の費用が必要になるということはあなたも予想しているでしょうが、思った以上に費用が高い時には「一括での支払いはさすがに…」ということもあるでしょう。

そんな時にぜひ利用したいのがクレジット払いです。クレジット払いであれば、多額の現金をあらかじめ準備する必要がありません。ですから利息分が余分にかかること以外を除けば、現金で一括支払いをするよりもクレジット払いの方がメリットは大きいといえます。

1-2. デメリット

デメリットといえば、「ディーラーや業者によって対応が違う」という点でしょう。すべてクレジット払いで対応してくれるケースもありますし、一括払いのみというケースもあります。そのため事前に業者に確認する必要があります。

また一般的にクレジット払いが出来る車検費用は、車検基本料のみです。「法的費用に関しては現金払いで対応」というケースが多いため、やはりある程度の現金はあらかじめ準備しておく必要があります。

1-3. 分割払いも可能?

クレジット払いを希望しているユーザーの中にも、「一括払い希望」と「分割払い希望」にわかれます。1か月ごとの出費を出来るだけ抑えたいのであれば、やはり分割払いの方がユーザーとしてはありがたいものです。もちろん車検の場合も分割払いにすることはできます。ただし分割払いにはいくつかのタイプがあります。

車検基本料のみ分割払いが出来る場合

カーショップや民間工場を利用する場合は、クレジットで支払えるのは「車検基本料のみ」が一般的です。そのため車検を通すために必要となる「法的費用」はやはり現金払いとなります。

法的費用はあなたの車の種類(車の排気量)によって決まっています。ですから排気量が多い車の場合は、法的費用だけで車検費用の総額の約50%を占めることもあります。

法的費用も含めて分割払いが出来る場合

ディーラー車検の場合は、車検にかかる費用の全額をカード払いできるケースが多いです。しかもディーラー車検では、すでに車を購入する際にローンの審査をクリアしていることもあって手続きもスムーズです。

「とにかく車検費用を全額カード払いしたい」という場合は、あなたが車検を依頼しようとしている業者が全額分割払い対応をしているか確認する必要があります。

2. 【カーディーラー別】車検費用のカード払い対応をチェック

まずはディーラーごとのクレジットカード払い対応についてチェックしてみましょう。

・トヨタ

カード払いをするなら、トヨタが一番分かりやすいです。なにしろ「車検にかかる費用を全額カードで支払える」のです。もちろんトヨタなら分割払いにも対応もしてくれます。

・日産

日産でディーラー車検を受ける場合は、店舗によって対応が変わります。基本的にはカード払いが出来るのですが、「日産カード以外のクレジット払いはお断り」という店舗もあります。日産の場合は、見積もりの段階で使用できるクレジットカードの種類を確認しておくと安心です。

・ホンダ

ホンダでディーラー車検を受ける場合は、「カード払い+現金払い」が基本です。法的費用に関しては基本として現金でしか支払えません。もちろん車検のために必要な整備や修理、部品の交換などにかかる費用は全部カード払いが出来ます。

カードの場合も一括払いのほか、分割払い、ボーナス一括払いなど選べるのホンダの特徴です。

とはいえホンダの場合も「店舗ごとに対応の仕方が違う」というのが実状のようです。店舗によっては「ユーザーへのサービス」として車検費用を全部カード払いで対応してくれることもあります。気になる場合は事前に確認しておきましょう。

・マツダ

マツダの場合は、「マツダm’z PLUSカードセゾン」を持っている場合はほぼすべてカード払い対応しています。しかもマツダm’z PLUSカードセゾンであれば、車検検査代にもマツダポイントが付きます。さらに1年ごとに納税しなければならない自動車税もカード払いが出来ます。

ただしマツダの場合も、「一部現金払い」が基本です。車検を通すために必要な税金や保険料などの法的費用は、現金での支払いが求められます。もちろんマツダの場合も店舗によって柔軟に対応してくれることがありますので、事前の確認がおすすめです。

・三菱

三菱でもカード払いはOKです。しかもうれしいことに三菱では、車検にかかる費用の全額がカードで支払えます。さらにあえてカード払いにすることによって、普段の車のメンテナンスなどにも使えるポイントもついてきます。

・ダイハツ

ダイハツのディーラー車検では、カード支払いはできません。車検費用の支払いは現金またはクレジットローンでの支払いとなります。そのためローン審査を受ければ現金以外でも車検費用を支払うことが出来ます。

・スズキ

スズキの場合も、車検にかかる費用の全額をカード払いが出来ます。法的費用だけでなく、オプションでお願いした修理・交換なども全部まとめてカードで支払えます。これはかなり嬉しいですね!

でもスズキの場合は、支払い方法に注意点があります。支払方法については、利用するカード会社の内容によって異なります。分割払いやボーナス一括払いなどを希望する場合は、事前にスズキに問い合わせておくのがおすすめです。

・輸入車ディーラー

輸入車ディーラーの場合は、ディーラーによって対応がそれぞれ違います。車検基本料のみカード払い対応をしているケースもありますが、現金またはローンクレジットのみというケースもあります。あなたの車のディーラーに直接確認してみるのがおすすめです。

3. カー用品店やガソリンスタンド車検のカード払い対応をチェック

「ディーラー車検は高い!」というイメージが強いため、カーショップやガソリンスタンドで車検を通す人も多いはずです。そこで今度は「カーショップやガソリンスタンドの車検を利用した場合のクレジットカード払いの対応」について解説していきます。

4. 車検専門店のカード払いは対応をチェック

オートバックス
全国チェーン展開をしている業界大手のオートバックスは、「早い」「安い」が魅力です。そんなオートバックスでは、どのようなクレジットカード払いの対応をしているのでしょうか?

★分割払いOK?

オートバックスの場合は、カード払いOKです。しかも分割払いも出来ます。

★車検費用の総額をカード払いできる?

残念ですがオートバックスでカード払いが出来るのは、車検基本料のみです。ですから法的費用については現金で支払う必要があります。

コバック
「車検のコバック」というCMでもおなじみのコバックも、「早くて安く車検を通してくれる」とユーザーから人気があります。

★分割払いOK?

コバックの場合はフランチャイズ展開をしているため、店舗ごとにカード払い対応に違いがあります。そのためコバックでカード払いを予定している人は、利用予定の店舗情報で事前に確認をしておく必要があります。

★車検費用の総額をカード払いできる?

コバックの場合カード払い対応をしている店舗であれば、車検基本料&法的費用を全額カード払いすることが出来ます。

ただし法的費用も含めた車検総額をカード払いする場合は、手数料として5%を請求されるケースがあります。これも店舗によって内容が異なりますので、事前に店舗に問い合わせをしておく必要があります。

5. まとめ

車検の費用は、法的費用を除いたとしても修理や交換部品などが多い場合は数万単位の請求となるためかなり高額です。そのためカード支払いで出来るだけ負担を抑えたいという気持ちはわかりますが、ディーラーや業者、さらには店舗ごとにカード払いの対応には違いがあります。

車検費用の支払いの件で不安がある場合は、見積もりを出してもらう段階で事前に確認するようにしてくださいね。

最大66%OFF!ネット割で安く民間車検に申し込む方法

できるだけ安く、近所の民間車検を探すためには口コミや価格の比較は必須ですが、一件一件価格を調べるのはとても手間がかかります。

そこでおすすめなのが、ネットで民間車検を比較して申し込む方法です。「ホリデー車検」「EPARK車検」などWEB申し込みができるサイトがありますが、中でもおすすめは「楽天車検」。

楽天車検は加盟店数ナンバーワンで、オートバックスやエネオスなどの全国展開している大手も加盟しており安心して利用できるでしょう。

ネット割で最大66%OFFになったり、楽天ポイントがもらえるキャンペーンがあったり、お得に民間車検を探すことが可能です。もちろん楽天会員ではなくてもご利用いただけます。

安くできる民間車検を探す▶︎

価格も質も安心・信頼のおすすめ民間車検ランキング!

 

グー車検
ホリデー車検
EPARK車検