車検の有効期限がギリギリでピンチ! こういう時はどうすれば良い!?

ある日ふと、自分の車のフロントガラスの車検の有効期限を見たら・・・「まずい!完全に車検の有効期限がギリギリじゃないか!」という経験をしたことがある方もいるかもしれませんね。

実際こういう経験がなかったとしても、いざそういう状況に遭遇したら確実に慌ててしまいますよね。車検の期限がギリギリという状況に遭遇した場合、どのように対処するのがベストなのでしょうか。

この記事ではそう言った場合の対処法を紹介して行きます。

1. 車検の有効期間がギリギリ?!どうすれば間に合う?

まず重要なのは、有効期限がギリギリになった場合にどうすれば間に合うか、ですよね。最優先事項である対処法をまずは紹介していきましょう。

1-1. 指定工場になっているディーラーや民間車検を利用する

この「指定工場」というワードが一つポイントになってきます。稀に道路を走っていると、整備工場なんかに「指定工場」と書いてあるのを見かけたりしますよね?その「指定工場」です。

「指定工場」の場合は、車検場に持っていかなくてもその場の工場で車検を通すことができるので、ギリギリの場合はディーラーや、民間の整備工場(指定工場の、という条件付きです)を利用するようにしましょう。

1-2. 車検の予約枠があるかすぐに確認する

最寄りの指定工場を見つけたからと言って、すぐに安心することは出来ません。車検の予約枠があるかを電話してすぐに確認しましょう。

車検の有効期限は1日でも切れると、公道を走行することが出来なくなる=レッカーなどで運ぶ必要があるため、余計なお金がかかることになるので、デメリットしかありません。

予約枠があった場合は即時予約し、最短で車検を受けるようにしましょう。

2. 車検ギリギリで焦る前に知っておきたい有効期間とは?

2-1. 車検の有効期限はいつまで?

車検の有効期限は新車の場合は、新車登録を受けてからは3年、それ以降は2年毎の有効期限になります。有効期限と一日でも過ぎてしまうと、公道は走行出来なくなるので注意が必要です。

車検切れの車で公道を走行した場合、6点の違反点数が付けられるため、30日間の免許停止の罰則があります。それほどまでに車検切れということは重大なことなのです。

それに加えて自賠責も期限が切れていた場合には、さらに6点の違反点数が追加となり、合計12点の違反点数で90日間の免許停止処分及び、1年6ヶ月以下の懲役もしくは80万円以下の罰金が科せられます。

2-2. 車検期限当日も可能?

車検期限当日の車検は結論から言うと有効ではあります。しかし、万が一、一回で車検が通らなかった場合は、自動的に車検切れになってしまいその間は公道が走行不能になってしまいます。

手配する部品の関係で、一日で終わらないことがほとんどですし、そう言う意味でも、本来は期日に対して余裕を持って車検を受けることが必要です。

3. 車検満了日ギリギリに車検を受けるデメリットと注意点

車検満了日ギリギリに車検を受けるデメリットは主に3つあります。

  • 仮に車検場に車を運ばなければならない場合は、レッカー移動などが必要となり、追加費用が発生する可能性がある。
  • 1回で車検が通らなければ、自動的に車検切れになってしまう
  • 値段等を比較して、一番安い業者で車検を受けることが出来ない

この3つがデメリットになります。

車検を安く済ませたいと考えている人は多いでしょうが、車検の有効期限がギリギリとなると、最早業者を選ぶことも出来ず、車検を通すことが最優先になるため、どれほど高かったとしても、予約枠が空いていたその業者で受けることが避けられなくなります。

それに加えて、車検が切れてしまえば、公道を走ることが出来ない=移動はレッカー車で運ぶしかない(仮ナンバーを取得するという手段もありますが)ため、さらに追加で費用が掛かってしまいます。

レッカー車で車を運ぶ費用は大体が、基本料金が1万円〜1万5千円で程度であることが多く、さらにそれに距離や時間帯などの追加費用が発生・・・となるとかなり高額になってしまいます。

レッカー車で移動というのは、本当に最終手段のため可能な限り避けたいものですよね。

4. 車検が切れた場合の違反点数や罰金は?

先ほど、2-1の項目でも紹介しましたが、車検切れの車で公道を走行した場合、6点の違反点数が付けられるため、30日間の免許停止の罰則となります。

さらに自賠責も期限が切れていた場合には、さらに6点の違反点数が追加となり、合計12点の違反点数で90日間の免許停止処分及び、1年6ヶ月以下の懲役もしくは80万円以下の罰金が科せられます。

5. 車検の見積もりや予約はいつから始めれば安心?

車検の有効期限が、ギリギリになってしまったり、万が一車検が切れてしまうと大変なことになることは十分にご理解頂けたかと思います。

早く受けるにしても、「そもそも車検はいつから受けられるのだろうか?」と疑問に思う方も少なくないと思います。この項目では、車検はいつから受けられるのか、日数や時間はどの程度かかるのかを紹介していきましょう。

5-1. 車検が受けられる期間

車検は、車検の有効期限の1ヶ月前以降に受けることが出来ます。車検は早期に予約すると期限などの心配をすることなく車検を受けることが出来るのが魅力ですが、それ以外にも大きなメリットがあります。

それは早期予約の割引です。車検を受けることが出来るのは、有効期限の1ヶ月前以降には変わりがないのですが、車検の予約自体はもっと早くすることが出来ます。

早期予約をすることで整備工場やカーショップ、ガソリンスタンドなどは割引しているケースが多いため、車検を安く済ませたいと言う方は、早期予約をお勧めします。

早期予約は2〜3ヶ月前くらいには済ませてしまうのがベストです。どの程度割引になるか、いつから予約すれば早期予約が受けれるかは、その業者によって違いますので確認してみましょう。

5-2. 車検にかかる時間や日数

車検にかかる時間や日数というのは、取り寄せる部品の有無などにより変わってくるため一概には言えません。

最速であれば数時間程度、1日〜2日程度で車検が完了することもありますが、取り寄せる必要のある部品によっては、その部品の納期などもあるため3日〜1週間程度かかってしまうこともあります。

少しでも日数を短くしたいという場合は、早期予約し、車検を受ける前に一度車体を上げてもらって、必要な部品を車検を受ける業者にチェックしてもらうというのも一つポイントです。

事前に必要な部品が分かっていれば、車検のタイミングに合わせて部品が手元にあるよう、手配してくれるため、非常にスムーズに車検を受けることが出来るのです。

6. 車検を受けるなら有効期間の1ヶ月前から余裕を持った計画を!

ここまで車検の有効期限がギリギリになってしまった場合の対象法を紹介させて頂きましたが、如何でしたか?

結果的にギリギリになってしまったことは仕方がない部分はありますが、正直な所、何一つメリットがないということがお分かり頂けたかと思います。

前述の通り、車検は早期予約をしたりすることによって、費用も必要となる日数も削減することが出来ます。定期的に車検の有効期限を確認し、時間に余裕を持った計画を立てることを心がけましょう。

最大66%OFF!ネット割で安く民間車検に申し込む方法

できるだけ安く、近所の民間車検を探すためには口コミや価格の比較は必須ですが、一件一件価格を調べるのはとても手間がかかります。

そこでおすすめなのが、ネットで民間車検を比較して申し込む方法です。「ホリデー車検」「EPARK車検」などWEB申し込みができるサイトがありますが、中でもおすすめは「楽天車検」。

楽天車検は加盟店数ナンバーワンで、オートバックスやエネオスなどの全国展開している大手も加盟しており安心して利用できるでしょう。

ネット割で最大66%OFFになったり、楽天ポイントがもらえるキャンペーンがあったり、お得に民間車検を探すことが可能です。もちろん楽天会員ではなくてもご利用いただけます。

安くできる民間車検を探す▶︎

価格も質も安心・信頼のおすすめ民間車検ランキング!

 

グー車検
ホリデー車検
EPARK車検