手軽に車検を受けたい人におすすめ!? ガソリンスタンド車検のメリット、デメリット

ガソリンスタンドにガソリンを入れに行くと、操作パネルや店頭ののぼりで見かける「車検受付」の文字。大昔であれば、スタンドで車検を受けることは出来ませんでした。しかし、1995年より規制緩和のためスタンドで車検を受けることが出来るようになりました。

スタンドで車検を今まで受けたことがないという方からすれば、全くイメージが出来ないと思います。「スタンドで車検を受けるのって、カーショップやディーラーの車検と何が違うのだろう?」そういう疑問を抱く方も少なくないのではないでしょうか。

この記事では、ガソリンスタンドで車検を受ける、メリット・デメリットやそれ以外で車検を受けることとの違いを紹介させて頂きます。ガソリンスタンドでの車検に興味のある方は、是非チェックしてみて下さいね。

1. 車検はガソリンスタンドで受けても大丈夫?

この疑問に関しては、もちろん大丈夫です。前述の通り、1995年より規制緩和となりガソリンスタンドでも車検が受けること出来るようになりました。

ガソリンスタンドで車検を、これまでに受けたことのない人であれば、あまりイメージはないかもしれませんが、多くのガソリンスタンドで車検を受けることが可能です。

車検を受け付けているガソリンスタンドであれば、車検受付中ののぼりなどが店頭にあったり、セルフのスタンドなどであれば、給油する際に操作するパネル付近に書いてあったりするので、そこで車検が出来るかどうかの有無は確認出来ます。

そういったものが見当たらない場合は、スタッフの方に聞いてみるのも良いと思います。

2. 車検をガソリンスタンドで受けるメリット

それでは非常に気になるポイントであるスタンドで車検を受けるメリットについて、確認していきましょう。主なメリットは下記の3つです。

・その1 車検にかかる費用が安い

ガソリンスタンドで車検を受ける最大のメリット。それは、ズバリ! 車検にかかる費用の安さです。車検にかかってしまう費用が最も高いのは、間違いなくディーラーです。

それと比較すると、1~2割程度(前後は当然ありますが)安いことが多いです。何故安いのか・・・というと、ガソリンスタンドで車検をやっているところ自体も多いですし、ガソリンスタンドは近くに集まっていることが多いですよね?そのため、自然に価格競争が生まれるのです。

また、1〜2ヶ月前から車検の早期予約を受け付けている店舗も多いため、通常時でさえ安い価格がさらに安くなる・・・という価格メリットがあります。

・その2 車検の申し込みが楽チン

都市部や都市近郊のスタンドでは24時間営業しているスタンドも多いため、遅い時間や仕事帰りなどであっても、コンビニに行くような感覚で車検の申し込みを出来るのもメリットの一つです。

また、24時間営業のスタンドではなくても、車検のインターネット受付をしている店舗も多いため、自分の都合の合うタイミングで車検の申し込みをすることが出来ます。

もちろんそれだけでなく、カーショップやディーラーと比べると、スタンドは行く機会が非常に多いと思います。そのため、気軽に行きやすいというのもポイントの一つかもしれませんね。

・その3 早めに予約をしておけば、車検がスピーディに終わることが多い

すぐに予約して明日にでも、という場合は別ですが、早期予約をして、車検より前に一度悪い所がないか車体を上げてチェックをしてもらえば、早い場合は1日で車検が終わるケースもあります。(しかし、車検でどうしても取り寄せなければいけない部品がある場合は例外です)。

スタンドで車検を受けることのメリットは主にこのような形です。安さ、手軽さ、スピードが揃っているのがスタンドでの車検ということですね。

3. 車検をガソリンスタンドで受けるデメリット

・その1  技術力に不安がある可能性がある

スタンドで車検を受ける場合の最大のデメリットと言えば、やはりコレです。多くのスタンドの場合は、その場で車検を行うのではなく、下請けの工場や、提携工場、虚力会社での車検を行う場合がほとんどです。

そのため、あなたがスタンド自体を信頼していたとしても、その外注先の工場までは分からないですよね? どうしても技術力などは、依頼したスタンドとは無関係な部分もあり、そこについては致し方ない部分もあります。

あまりこういった点が気にならないという方であれば、技術力のムラはデメリットにはなりません。

・その2 代車がないケースも多い

ディーラー、カーショップ等で車検を受ける場合には、当然のように代車を貸してもらえることが多いですが、スタンドで車検を受ける場合は、代車の貸し出しがない場合が非常に多いです。

理由はシンプルに、外注の車検なので代車をそもそもスタンドで持っていないことが多いためです。店舗によっては代車を貸してもらえることもあるかもしれませんが、多くの場合は代車を貸してもらえないことが多いので注意が必要です。

しかし、これは車を使う機会の少ない人であれば、徒歩で行けるような範囲のガソリンスタンドを使用すればクリア出来るデメリットではあります。

4. ガソリンスタンドとディーラー車検の違い

この違いは、大きく分けると2つあります。

  • 車検費用
  • 整備能力

車検費用に関しては、先述の通り、ガソリンスタンドの方が圧倒的に安いのですが、整備能力に関しては、ディーラーの方が圧倒的に高いです。交換部品もメーカー正規部品を準備してもらえますし、何よりその車のメーカーな訳ですから、あらゆる面でその車に対してはスペシャリストな訳です。

そういった点でも、整備能力はガソリンスタンドの車検とディーラーでは異なります。

5. ガソリンスタンドと民間車検の違い

スタンドとカーショップ等の民間車検の違いですが、これについても

  • 車検費用
  • 整備能力

の違いがあります。カーショップなどでの民間車検は、ディーラーほど車検にかかる費用は高額ではありませんが、やはり価格と手軽さではスタンドの方が優勢です。

整備能力に関しては、ガソリンスタンド車検<民間車検<ディーラー車検という形で、スタンドよりは整備能力は高いものの、やはりディーラーには及ばないという形になります。そういった意味では、カーショップなどの民間車検は、車検に必要な費用と整備能力のバランスが取れてますね。

6. ガソリンスタンドの車検はこんな人におすすめ!

ガソリンスタンドでの車検のメリット・デメリットを紹介させて頂きましたが、如何でしたか? 今までスタンドでの車検を考えていなかった方には、十分にメリットとデメリットがご理解頂けたのではないでしょうか。

いつもスタンドで給油する際に見る、車検は当店で! といったPRの内情が伝わったかと思います。スタンドでの車検は、代車や整備能力といった点でデメリットがあることは事実ですが、安さ、気軽さ、スピードを求める方には非常にマッチした車検です。

特に安さの部分では、最も車検を安く済ませる方法なので、ともかく車検を安く済ませたいと考えている方には非常におすすめです。メリット、デメリットを十分に理解した上で、ガソリンスタンドでの車検を是非検討してみて下さいね。

>>近くのガソリンスタンド車検を探す

最大66%OFF!ネット割で安く民間車検に申し込む方法

できるだけ安く、近所の民間車検を探すためには口コミや価格の比較は必須ですが、一件一件価格を調べるのはとても手間がかかります。

そこでおすすめなのが、ネットで民間車検を比較して申し込む方法です。「ホリデー車検」「EPARK車検」などWEB申し込みができるサイトがありますが、中でもおすすめは「楽天車検」。

楽天車検は加盟店数ナンバーワンで、オートバックスやエネオスなどの全国展開している大手も加盟しており安心して利用できるでしょう。

ネット割で最大66%OFFになったり、楽天ポイントがもらえるキャンペーンがあったり、お得に民間車検を探すことが可能です。もちろん楽天会員ではなくてもご利用いただけます。

安くできる民間車検を探す▶︎

価格も質も安心・信頼のおすすめ民間車検ランキング!

 

グー車検
ホリデー車検
EPARK車検