自宅での洗車、どのようにすればいい?その方法を紹介!

自宅で洗車したいけど、どのように洗えばいいの?という方も多いはず。この記事では、自宅で洗車をするために必要な流れと注意点をまとめてご紹介します。

これを読めばあなたも自宅洗車マスターになれますよ!

1. 自宅で洗車をする場合のおすすめ手順とは

では、自宅で洗車をするときにどのような順番で洗っていけばいいのでしょうか。おすすめの流れをご紹介していきます。

  1. タイヤ・ホイールを洗う。
  2. ボディにまんべんなく水をかけてボディ表面の温度を下げ、砂ぼこりを落とす
  3. ボディを洗う
  4. ボディに残った水分を拭きとる
  5. ホイールに残った水分を拭きとる
  6. 仕上げ(ワックスがけ等)

上記の流れが効率よく洗えます。

2. 【自宅で洗車】手洗い洗車で失敗しがちなこととは

自宅で手洗い洗車をする際にありがちなのが「思いのほか時間がかかってしまいボディにウォータースポットなどの落としにくいシミがついてしまう」こと。

コンパクトカーならまだ楽ですが、ミニバンのような大きな車に乗っていると手洗い洗車もかなりの重労働。一日がかりの大作業になってしまいます。

シミを作らないようにするためにはパネル一つを洗ったらその都度吹き上げるなどの工夫をしましょう。

3. 【自宅で洗車】自宅で洗うメリットとデメリット

自宅で車を洗う最大のメリットは「自分の納得いく仕上がりまで拘って洗える」ということです。ガソリンスタンドやカーショップで洗ってもらうのは非常に楽ですが、人によっては仕上がりがまちまち。多少の不満が残ってしまう場合があります。

その都度注文することもできますが、そこには限界がありますよね。設備が整ったコイン洗車場で洗うこともできますが、混んでいると気を使ってしまったりしてしまいがち。そうなると納得できる仕上がりまでできないかもしれません。

そういったことにならない自宅での洗車は良いものですね。

次にデメリットは「洗車用品や道具を買い揃えるのが面倒」ということ。大きい車だと屋根に手が届くように脚立や長いホースを買ったり、洗うための道具一式を買うことになります。

こういったことが手間にもなりますし、保管する場所の確保も必要になります。こういったところがクリアできれば自宅での洗車も快適になると思います。

4. 【自宅で洗車】カーシャンプーを使ったときの洗い方と流れ

 

汚れた車をキレイにするために使うカーシャンプー。モコモコの泡を作ってボディをキレイにしましょう。

モコモコ泡のつくり方ですが、まずはバケツにカーシャンプーの原液を入れていきます。いきなり泡立てると泡だけになるので、最初は原液を溶かす感覚で水を入れていきます。バケツの1/4位までは水を入れても良いかと思います。

まずは、カーシャンプ溶かす感覚でバケツ横から水を注ぎ、シャンプーと水をなじませていきます。その後、最大の水圧でシャワーします。同じ所ばかりではなく、バケツ全体をシャワーノズルを回しながら泡立てます。これで完成です。

洗車する場合は、スポンジに大量に泡を含ませてボディに垂らして洗います。
コレだけあわ立つと、ボディの上を軽い力でスポンジを滑らすこと出来ます。つまり、ぼでぃにキズを付けにくくなります。

5. 【自宅で洗車】実は洗う順番が重要!

自宅で洗車をするときは順番が重要なのです。1の項目で説明をした流れの通りに洗った方が良いでしょう。その際の注意点をご説明します。

1. タイヤ・ホイールを洗う

この理由は、ホイールにはブレーキダストなどの頑固な汚れが付着しているので、ボディの後に洗った場合にその汚れがボディについてしまうため二度手間になってしまう恐れがあるので一番汚いホイールを優先的に洗います。

2. ボディにまんべんなく水をかけてボディ表面の温度を下げ、砂ぼこりを落とす

この理由は2つあります。1つめの理由として、ボディが熱いとシャンプー等を使った際にウォータースポットになったりしてボディにシミがつくことを防げます。2つ目の理由は、スポンジ等でボディを洗う時に細かいほこりなどがボディに残っているとボディに傷をつけてしまわないようにするためです。

3. ボディを洗う

この時に必ず守りたいのが「ボディの上部分から洗う」ということです。

オススメの洗い方は、屋根→側面→背面→側面→前面です。屋根の次は厳密にはどこから洗い始めても構いません。基本的に「時計回り」か「反時計回り」に洗えば効率的に洗えます。

4. ボディに残った水分を拭きとる

ボディの洗車が一通り終わったら水分を拭きとりましょう。

拭きとる順番ですが、これも洗うときと同じで「ボディの上部分から」水分を拭きとることが重要です。水を上から下に落とせば効率的に拭けますね。その際は、屋根・ボンネット・ドアといったように「ボディのパネルごとに拭く」とキレイに仕上がります。

さらに一点気をつけると仕上がりが良くなります。それは「水分を拭きとる方向に気をつける」です。どんなに気をつけていてもタオル等でボディを拭いたら小傷がつきます。

この小傷を目立たなくするためには「一定方向に拭く」ことを心掛けましょう。そうすれば小傷は目立ちにくくなります。この時に決してやってはいけないことは「丸を描くように拭く」こと。

ボディに円形になった傷の群れが出来上がってしまって小傷が目立ってしまい、ボディの光沢が失われてしまいますので絶対に控えてください。

この時にあると楽な洗車グッズは「ブロワー」です。エアーで水分を飛ばせば拭く量が減るので傷がさらにつきにくくなります。

5. ホイールに残った水分を拭きとる

ボディを拭き終わってこれで終わり!としたいところですが、ホイールに残った水を拭きとることを忘れないようにしましょう。

せっかくボディがきれいでもホイールに拭き残しや水の跡があったりしたらきれいなボディが映えなくなります。まさに「おしゃれは足元から」なのでホイールまで丁寧に仕上げましょう。

6. 仕上げ(ワックスがけ等)

ボディとホイールがきれいになったら最後の仕上げです。ボディの光沢を向上させ、新車の時の輝きを維持するためにも「ボディのワックスがけ」は必須です。

昔ながらの半練りタイプのワックスでも液体タイプでも、好きなタイプを選びましょう。ワックスがけするときに注意すべきことは「直射日光が当たるのを避ける」こと。ワックスは油分なので、ボディが焼き付いてしまいムラができてしまう恐れがあります。

そのほかにも、タイヤワックスをかけてつやを出したり、ホイールにコーティングをかけたりと人によってさまざま。まずはワックスがけから、自慢の愛車が一番きれいになる仕上げ法を試してみてください。

6. 【自宅で洗車】愛車に「ラストコーティング」がおすすめの理由

今まで紹介した洗車の流れを簡単にする方法、それは「ボディコーティング」をかける、です。おすすめは「ダイヤモンド・ラストコーティング」。

これは親水性のコーティングになります。コーティングというとプチプチの水玉で撥水させるイメージですが、これは親水させて水を流します。この親水性によって汚れも一緒に集めて流すことが可能になるので、雨と一緒に汚れを流すことができます。

コーティングは撥水性の方が「水を弾く」ボディを見るとその効果が目に見えてわかるので人気が高いですが、汚れが表面に残ってしまうことがあります。

ダイヤモンド・ラストコーティングはボディを綺麗に保つことを最優先しているので、撥水性の見た目のパフォーマンスを求めるのではなく、親水性で汚れが落ちやすい方を選びました。

ダイヤモンド・ラストコーティングはガラス皮膜でボディを覆っているため、多くの汚れも水洗いだけでスルスルと流れ落ちていきます。女性でも無駄に力むことなく簡単に洗車をすることができます。

メンテナンスに費やす労力と費用は、従来のコーティングに比べて大幅に軽減されるでしょう。

もしかすると、これまでのコーティングでは日々劣化していくボディを見てガッカリしてしまっていたかもしれません。しかし、ダイヤモンド・ラストコーティングは洗車のたびに新車が納車された日のようなワクワク感を味わうことができるでしょう。

7. まとめ

以上が自宅で洗車をする流れになります。洗車って意外と大変!って思った人も多いでしょう。手間がかかるぶん、きれいになった愛車を見ることができる楽しみができます。愛車に対する愛着も高まります。

ぜひ一度、愛車と触れ合って洗車を楽しんでみてください!

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービス

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービスダイヤモンドラストコーティングは、私たち最強のガラスコーティンングを求めて最後にたどり着いたガラスコーティングです。

・最高硬度9H以上
・5年以上皮膜が剥れ落ちない
・完全無機質で紫外線による劣化を防ぐ

公的試験データ取得済みの最高品質のガラスコーティングであなたの愛車にかつてないほどの輝きと艶、強固なボディをもたらします。

ラスコジャパン公式HPを見る

無料EBOOK『まだコーティングはするな!フルアーマー車を作れるガラスコーティング選び【完全保存版】』

この本では、コーティング業界の歴史、正しい洗車の方法、ガラスコーティングの成分別の違いと正しい選び方を紹介しています。ネットではどこにも公開されていない業界の裏話やガラスコーティングの真実を余すことなく書籍にまとめられています。

この本を読めば、プロでも知らないガラスコーティングの正しい知識が身につき、業者にダマされずに自分自身で愛車に最適なガラスコーティングを選ぶことができるようになるでしょう。