洗車をするベストな頻度とは?洗車のし過ぎも要注意!

 

車はきちんと手入れをしておかないと傷がついてしまったり、汚れがついてしまったりします。車の手入れの中でとても重要なのが洗車です。洗車はいつ、どのくらいのペースでするのがベストなのか? ということを知らないという人が少なくありません。

洗車の頻度を知っておくことで今以上に車を綺麗に保つことができるのです。今回は洗車の頻度について一番ベストな回数や理由について紹介していきます。

1. 洗車の頻度のベストは?

洗車をする頻度として一番いい回数について知りたいですよね。世間の人たちは洗車をどのくらいの頻度で行なっているのでしょうか? また、どの頻度で行なうというのはどのような理由があるのでしょうか?

洗車の頻度やその頻度の理由について車のカラー別に紹介していきます。

1-1. 世間の洗車頻度とは(web上アンケート参照)

まずは、世間の人たちはどのくらいの間隔で洗車しているのでしょうか? その洗車頻度について見ていきましょう。

 

全国平均 北海道・東北 車好き 車に興味なし
1か月に1回 27% 30% 31% 19%
3ヶ月に1回 28%
不定期 25%
半年に1回 25%
1年に1回 25%

※webアンケートより

1か月に1回しているという人が意外と少ないということに驚きを感じています。また、車が好きという人、車に興味がないという人では洗車する回数や頻度がかなり違うということも見て取れたと思います。

しかし、いくら車に興味がなかったとしても洗車はしなくてはなりません。車を維持していくにはとても大切なことなのです。

1-2. 理想の洗車回数とその理由

では、どのくらいの頻度で洗車するのがベストなの?と思ってしまいますよね。また、どうしてその頻度がベストなのか理由を知りたい!という人もいるでしょう。洗車の理想の頻度というのは車体のカラーによっても異なります。

多くの人が乗っている黒ボディ、白ボディ、コーティングした車の3つの場合の洗車の頻度について見ていきましょう。

1-2-1. 黒ボディの場合

黒ボディの場合は傷がついてしまうと黒の場合は特に目立ちます。なので、特に洗車しておいたほうがいいカラーなのです。理想の頻度としては2週間~1か月に1度が目安です。

また、車を常に綺麗に保ちたい!という人や汚れを目立ちにくく、傷をつけにくくしたい! というような場合は1週間に1度の洗車が一番いいでしょう。黒のボディは特に反対色の汚れが目立ちます。悪路を走行したりしたあとは特にです。そんなときには洗車が必要になります。

1-2-2. 白ボディの場合

白ボディの場合はどんな種類の汚れであっても目立ちやすくなってしまいます。こまめな洗車が必要です。上記で2週間~1か月に1度の洗車をオススメしましたが白ボディの場合は1週間に一度の洗車を強くオススメします。

また、白のボディは水あかが目立ちやすくなるので後で紹介する水あか洗車などを行なうようにしましょう。洗車のあとはきちんとふき取りすることによって水あかによる汚れもなくなります。

1-2-3. コーティング車の場合

コーティング者の場合は洗車というよりも水拭き洗車を行ないましょう。それも1週間に1度でいいです。

あくまで、コーティングしているので汚れもつきにくくはなっているのですが、目には見えない汚れもついていますし、小石などがついているような場合はそれを取らないと傷になってしまう場合があるので水でふき取り、最後に乾拭きして洗車しましょう。

このように洗車をする理想の頻度をしっかりと把握して、いつ洗車したほうがいいのか?次の洗車の日はいつなのか?を決めるようにしましょう。

2. 要注意!洗車のし過ぎはボディを傷める

洗車の理想の頻度について紹介しました。もちろん、洗車というのはしないと汚れが落ちませんし、車の状態を維持するのにとても必要なことです。しかし、洗車のし過ぎはダメです。なぜ、洗車のし過ぎがダメなのか? について紹介していきます。

2-1. 洗車で傷が増える

洗車をしすぎると汚れとして付着している小石や砂などがこすれてこすれて逆に傷をつけてしまうことになるのです。それは洗車を何度も何度も行なうと傷が増えていくということなのです。

洗車は毎日するというよりは1週間に1度水洗いするだけや乾拭きするだけにしましょう。

2-2.  スクラッチについて

洗車をしすぎると傷がついてしまうとうことはわかっていただけたと思います。その時につく傷のことをヘアースクラッチと言います。ヘアースクラッチはワックスをつけたり、車を拭いたりすることによってついてしまう傷のことです。

小石や砂だけでなく、タオルなどによっても傷がついてしまうので注意が必要なのです。

2-3. カーシャンプーの弊害

洗車をするという時はカーシャンプーを使用しますよね。実はそのカーシャンプーは車の弊害になってしまうのです。カーシャンプーの説明書には「使用後はしっかりと水で洗い流してください」と記載されていますよね。

それはカーシャンプーの、塗装を剥がしてしまうような作用があるのです。カーシャンプーを使用した後は水洗いをしっかりとすることを念頭においてください。

2-4. ワックスの弊害

カーシャンプーだけでなく、ワックスも弊害になってしまうことがあります。ワックスの成分としてカルナバロウというものが使用されています。この成分は油を使用しているのです。塗装にとって、油成分は大敵です。だから、ワックスはあまり使用しないほうがいいのです。

ワックスを使用するよりも、少しお金はかかってしまいますがカーコーティングをしてもらうのが一番いいでしょう。

3. 頻度関係なく洗車した方がいい場合

洗車の頻度は1週間に1度がベストですが、それ以外にも洗車したほうがいい場合があります。洗車しないと汚れがそのまま付着してしまったり、傷がついてしまう可能性が高くなってしまうので覚えておきましょう。

3-1. 雨が降ったあと

雨が振ったあとはその雨がボディについて水あかになってしまったり、汚れが水あかと共に付着してしまって取れにくくなってしまいます。そして、汚れになってしまうことがあります。そんな理由もあって、雨が降った後は洗車することをおすすめします。

3-2. 悪路を走ったあと

悪路を走ったあとは跳ね返りによってボディが汚れてしまいます。これもまたそのままにしておくと車に傷がついてしまったり、見た目もとても汚いです。この場合は放置をせずに早めに洗車をするようにしましょう。

3-3. 融雪剤

融雪剤というのは実は塩と同じような成分です。塩は鉄を錆びさせる作用があります。それは車にとっても大敵です。融雪剤をまいた道路を走行した後は念入りに車の下を洗うようにしてくださいね。

3-4. 潮風

潮風も融雪剤と同じです。潮風はとてもしょっぱいですよね。潮風がボディに当たるのは塩まみれになったのと同じことです。ですので、車全体をきちんと洗車するように心掛けましょう。

3-5. 鳥の糞

鳥の糞は一度ついて、固まってしまうと取れずらいというものもあります。ごしごしして傷がついてしまうより、鳥の糞がついてしまった段階で洗い流してしまいましょう。時と場合によって、洗車しておくことで車を綺麗に保つことができるのです。

4. まとめ

洗車の頻度について紹介してきました。洗車がめんどくさいというのはとてもわかります。また、冬になると寒いので特に洗車が嫌だと思うのは仕方ありません。

しかし、最低1か月に1度でもいいので洗車しておくことによって車を綺麗に維持することができます。ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービス

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービスダイヤモンドラストコーティングは、私たち最強のガラスコーティンングを求めて最後にたどり着いたガラスコーティングです。

・最高硬度9H以上
・5年以上皮膜が剥れ落ちない
・完全無機質で紫外線による劣化を防ぐ

公的試験データ取得済みの最高品質のガラスコーティングであなたの愛車にかつてないほどの輝きと艶、強固なボディをもたらします。

ラスコジャパン公式HPを見る

無料EBOOK『まだコーティングはするな!フルアーマー車を作れるガラスコーティング選び【完全保存版】』

この本では、コーティング業界の歴史、正しい洗車の方法、ガラスコーティングの成分別の違いと正しい選び方を紹介しています。ネットではどこにも公開されていない業界の裏話やガラスコーティングの真実を余すことなく書籍にまとめられています。

この本を読めば、プロでも知らないガラスコーティングの正しい知識が身につき、業者にダマされずに自分自身で愛車に最適なガラスコーティングを選ぶことができるようになるでしょう。