車のコーティングで安いけど効果の高いものはありますか?

車は高価な買い物です。そのため、できるだけ長く乗りたいと考えている方も多いでしょう。ただし、何年も同じ車に乗っていると、汚れや傷が気になってきます。

そんな時に役に立つのがコーティングです。車を汚れや傷から守ったり、ツヤや光沢を出す効果があるからです。

しかし、コーティングも決して安いものではありません。もしかしたら、新車の購入のついでに、ディーラーからコーティングを勧められたのかもしれませんが、6万円、8万円もして驚いたのではないでしょうか。中には、10万円以上もするようなコーティングまであります。

いくら綺麗な車に長く乗りたいといっても、これだけ高くては悩んでしまいますよね。もっと安くても効果的なコーティングはないのかと探されていると思います。そんな方のために、実は、安くてもおすすめのコーティングがあります。

しかし、安いと効果がないんじゃないか、安いとすぐにダメになるんじゃないか、安いのは悪徳な業者なんじゃないかなど、不安や疑問が数多くあると思います。

そこで今回は、安くても効果的なおすすめのコーティングをご紹介し、気になる不安にも全てお答えしていきます。

車のコーティングの場合には、高いから良いもの、安いから悪いものという常識は当てはまらないので、今回の記事を確認してお得に綺麗な車を維持していきましょう。

Q. 車のコーティングで安い種類はありますか?

A:価格で選ぶならポリマーコーティングが安くておすすめです。

現在、コーティングの主流となっているものには、ポリマーコーティングとガラス系コーティングの2種類があります。

ポリマーコーティングは約8,000円から2万円ほどで施工が可能ですが、ガラス系コーティングの場合には、約5万円から10万円以上の費用がかかります。

Q. 安いコーティングと高いコーティングの違いはなんですか?

A:コーティング剤の違いと、下地処理の違いの2つがあります。

1つ目に、ポリマーコーティングとガラスコーティングでは、使用するコーティング剤の種類が異なります。

ポリマーコーティングよりも、ガラスコーティングの方が効果や持続期間が長くなるため、価格が高くなっています。

2つ目に、下地処理の違いによって価格が異なります。

下地処理とは、コーティングをする前に、傷や汚れを落としたり、古くなったコーティングを剥がすような作業のことです。どんな種類のコーティングでも、仕上がり具合や効果を発揮するためには、下地処理が大切になります。

この下地処理を行ってからコーティングをする場合には、車を預けて施工することになるため、2日から8日ほどの期間がかかります。そのため、作業代金や人件費がかかり、価格が高くなります。

Q. ガラスコーティングをおすすめされたけど、安いポリマーコーティングでも大丈夫ですか?

A:ポリマーコーティングを上手に利用すれば大丈夫です。

まず、ポリマーコーティングとガラスコーティングの違いは、次のようになります。

【ポリマーコーティングの特徴】

  • 価格が安い
  • ボディーのツヤや光沢感が得られるが、耐汚性、耐傷性は低い
  • 効果の持続期間は3ヶ月から6ヶ月

【ガラスコーティングの特徴】

  • 価格が高い
  • 耐汚性、耐傷性など、コーティング剤の性能が高い
  • 効果の持続期間は1年から5年(10年保証のものもあり)

これだけ見ると、安いけど効果が続かないポリマーコーティングが、高い費用を払って効果の持続するガラスコーティングにするかという2択になってしまいます。

これが、安いコーティングは悪いと言われて敬遠されてしまう原因にもなっています。

しかし、費用対効果で見ると、ポリマーコーティングの方がお得になる場合があるのです。次の項目では詳しい解説をしていますので、ぜひ確認してください。

Q. 車のコーティングは安いと効果がなく、すぐにダメになると聞いたけど本当ですか?

A:安いポリマーコーティングでも効果はあります。しかし、ガラスコーティングと比べて効果の持続期間は短くなります。

一般的に、ポリマーコーティングの効果の持続期間は3ヶ月から6ヶ月、ガラスコーティングの場合は1年以上、なかには10年保証の付いたものまであります。これは、コーティング剤の性能や特徴の違いによるものです。

ポリマーコーティングの場合には、雨に濡れたり洗車をすることによって、コーティングが流れ落ちてしまいますが、ガラスコーティングの場合には、その心配はありません。

ただし、必ずしもガラスコーティングの方が優れていて、ポリマーコーティングが劣っているというわけではありません。

例えば、効果の持続期間が3ヶ月のポリマーコーティング(8,000円)と、持続期間1年のガラスコーティング(5万円)で比較してみましょう。

ポリマーコーティングを1年間持続させるためには、合計4回の施工が必要になります。すると、1年間に必要な費用は32,000円(8,000円×4施工=32,000円)になります。つまり、ガラスコーティングの1回の施工費用である5万円よりも、価格を抑えることができるということです。

このように、一概に安いから効果がないということは言えません。確かに、ポリマーコーティングの持続期間は短いですが、こまめな手入れを行うことで、費用を抑えながら車を綺麗に保つことができるのです。

Q. 安い車コーティングを長持ちさせる方法はありますか?

A:おすすめの方法があります。

ポリマーコーティングの効果を長持ちさせる方法は、こまめに洗車やメンテナンスをすることです。そうすることで、コーティングを良い状態で保つことができるからです。

その際は、コーティング剤の種類に合わせた方法で洗車を行いましょう。強力な洗浄効果のあるカーシャンプーを利用したり、研磨剤の含まれているものを使用するとコーティングを洗い流してしまう可能性があります。

必ず洗車やメンテナンス方法を確認するようにしましょう。

Q. 安い車コーティングでも傷や汚れは消えますか?

A:下地処理の有無によって変わります。

コーティングをする目的として、車の傷や汚れを消したいと言う方もいらっしゃると思います。確かに、コーティングを行うことによって、多少の傷や汚れが消えることはあります。

ただし、下地処理を行なっていないと、傷や汚れの上から新たにコーティング剤を塗ることになるため、完全に消すことはできません。また、くすみの原因になったり、汚れがこびりついて塗装を傷めてしまう原因にもなります。

そのため、車の傷や汚れを消したい場合には、コーティングを行う前に、下地処理としてボディーを磨いたり、洗車では落とすことができないような汚れを落とすことが大切になります。

Q. 安いコーティングでも洗車は必要ありませんか?

A:どのようなコーティングでも洗車は必要です。

よく車のコーティングをすれば、洗車が必要ないと言われることがありますが、これは間違いです。

価格の安い高いにかかわらず、車のコーティング後も洗車が必要です。なぜなら、洗車をしなければ、すぐにコーティングの効果が失われてしまいます。また、汚れを放置しておけば、コーティングだけではなく、車本体の塗装を炒める原因にもなってしまうのです。

ただし、ガラスコーティングの場合には、洗車時に汚れが落ちやすくなるという特徴があります。また、ポリマーコーティングもガラスコーティングも「ワックスがけ」は不要となります。

これらを、洗車は不要と勘違いしてしまうと、高価なコーティングも無駄になってしまいますので注意しましょう。

高価なコーティングをして洗車をしないよりも、価格の安いコーティングでも、こまめな洗車をしている方が車を綺麗に保つことができますし、余分な費用もかからずに済むことになるのです。

Q. 安い車コーティングの選び方で失敗しないコツはありますか?

A:一番のコツは信頼できる業者選びです。

車のコーティングは、人の手作業によって行われます。そのため、専門的な知識と技術が必要です。

また、コーティングの仕上がり具合や効果は、コーティング剤の種類よりも下地処理が重要になってきます。ただし、中には安いだけで下地処理を行わないところがあります。

これらの理由から、コーティング選びで重要なのは、信頼できる業者選びと言えます。

一方的にコーティングをすすめてきたり、詳しい説明もなく、話を聞いてくれないようなところは避けましょう。予算や車の状態、コーティング後の洗車頻度などを踏まえて、一人一人に最適なコーティングを選んでくれる業者を選ぶことが、一番のコツです。

まとめ

安い車のコーティングなら、ポリマーコーティングがおすすめです。

最近主流となっているガラスコーティングが、約5万円から10万円以上かかるのに対して、ポリマーコーティングは約8,000円から2万円ほどで施工が可能だからです。

また、車コーティングを価格で比べる時には、次のような間違いをしてしまう事が多いため注意してください。

  • 高いコーティングは何もしなくてもいつまでも綺麗
  • 安いコーティングは効果がない

高いコーティングでも洗車やメンテナンスをしなければ、すぐに効果を失ってしまい持続しません。また、安いコーティングでもこまめな手入れで車を綺麗に保つことができます。

つまり、高いから良い、安いから悪いとは言えないのです。

こまめな手入れができる方は、安いコーティングを選んでも車を綺麗に保つことができます。ただし、その際には信頼できる業者を選ぶことが大切です。なぜなら、コーティングの仕上がり具合や効果の持続期間などは、コーティングを塗る前の下地処理が大切だからです。

価格が安いというだけで選んでしまうと失敗してしまうため、業者の選び方には注意しましょう。

車にも詳しくないし、よく分からないと言う方でも、次の3つのポイントを抑えていれば、安いコーティングでも十分に効果を得られるので、これだけはチェックしておきましょう。

  • ポリマーコーティングを選ぶ
  • 下地処理を丁寧にしている業者を選ぶ
  • コーティング後のこまめな洗車とメンテナスを行う

ぜひ今回の記事を参考にしていただき、お得に車を綺麗に保ちましょう。

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービス

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービスダイヤモンドラストコーティングは、私たち最強のガラスコーティンングを求めて最後にたどり着いたガラスコーティングです。

・最高硬度9H以上
・5年以上皮膜が剥れ落ちない
・完全無機質で紫外線による劣化を防ぐ

公的試験データ取得済みの最高品質のガラスコーティングであなたの愛車にかつてないほどの輝きと艶、強固なボディをもたらします。

ラスコジャパン公式HPを見る

無料EBOOK『まだコーティングはするな!フルアーマー車を作れるガラスコーティング選び【完全保存版】』

この本では、コーティング業界の歴史、正しい洗車の方法、ガラスコーティングの成分別の違いと正しい選び方を紹介しています。ネットではどこにも公開されていない業界の裏話やガラスコーティングの真実を余すことなく書籍にまとめられています。

この本を読めば、プロでも知らないガラスコーティングの正しい知識が身につき、業者にダマされずに自分自身で愛車に最適なガラスコーティングを選ぶことができるようになるでしょう。


 

ABOUT監修・執筆

里見昌幸

ラスコジャパン開発部 部長

車業界20年。自動車オイルメーカーや自動車塗装業、カー用品全国NO.1店などを経験し独立。高級車や旧車をさらに魅力的に大切にキープする方法にフォーカスする。2007年に立上げた「極み洗車の匠」は、ランボルギーニ、フェラーリ、ベントレー、マセラティ、ポルシェ、アルピナ、BMW、アウディ、アルファロメオ、レクサスなど、コーティング後の劣化やキレイにならない洗車で困っている、意識の高いクルマ好きの最後の駆け込み寺的にもなっている。