コーティング剤に含まれる有機成分と特徴

完全無機質ではないガラスコーティング以外は、有機成分などが含まれているガラス系コーティングに分類されますが、ガラス成分以外の有機成分とは一体どんな成分で、どんな役割をしているのかについては知られていません。

結論を言えば、有機成分は艶を出したり、撥水効果を出したりと、性能向上のために多く含まれます。この有機成分が含まれる最大の弊害は、紫外線や排気ガスなどで劣化が進むことです。つまり『剥がれ原因』になってしまうのです。このことをユーザーに知られることは、メーカーや施工店としては極めて不都合な真実です。有機物は含まれていない方がコーティング被膜は長持ちします。

これを知ると「なのになぜ有機物質をいれるのですか?」と自然に疑問がわくはずです。多くのガラスコーティング剤において、有機物質を含む理由は使いやすくするために安定させたり、撥水、艶を演出するためには必要だと考えられてきました。そのためこの問題は未解決のまま、今日まで不都合な真実が明かされることはなかったのです。

『有機物が入っている=剥がれる』ことを意識できれば、選び方も大きく変わるでしょう。次に、コーティング剤に含まれる代表的な有機成分について詳しく解説するので、これからは誇大広告に騙されないよう、ぜひとも理解していただければと思います。

撥水演出の『フッ素』

フッ素(テフロン)は、コーティング剤に撥水効果をもたらすために含まれます。フライパンなどにフッ素加工と表記されている商品がありますが、原理は同じです。フッ素加工がされているフライパンを使ったことがある方は体験されていると思いますが、どれだけ効果が続いたでしょうか?フッ素加工はやがて効果を無くし、撥水効果はなくなります。それは車のコーティングでも同じで、フッ素による撥水効果はすぐに効果を無くしてしまいます。

ただ、フッ素は撥水効果をもたらしてくれる反面、耐久性に乏しく剥がれやすい成分です。熱や紫外線に弱いので通常の走行でも徐々に劣化していき、劣化したフッ素がきっかけでコーティング部分も剥がれてしまいます。

「撥水効果!」
「フッ素加工!」

のような表記を見たらその『有機物が入っている=剥がれる』ことを思い出してみましょう。

艶出しの『シリコン』

主に艶を艶を出す効果があります。価格も安くほとんどの一般コーティング剤に含まれています。艶の演出は重要ですが、ガラスコーティング という言葉で、何も入っていない印象に思われますが、艶出しのシリコンもれっきとした有機物です。

穴埋めの『レジン』

艶出しに加えて微細な凹凸を埋める効果があり、市販の洗車キズを埋めるコーティングなどにも含まれている成分です。本来は下地処理、つまりポリッシングと言われる『磨き』でボディーを平らにし、最高のボディコンディションを整え作業は必須です。これには熟練した職人的技術と時間を要するため費用もかかります。

しかし、近年ではそこそこの磨きで終わらせて、レジンで埋めるという施工も少なくありません。コスト面のメリットはありますが、安さには安いなりの理由が必ずあります。

ガラスコーティングとして、レジンの厚塗りを売りにしているガソリンスタンド系列店舗がありますが、やっていることは、磨きを疎かにして樹脂系コーティングを厚塗りしてることと変わりません。レジンもまた有機物である以上、熱や紫外線で劣化してしまいます。

つまり、日光や通常走行でいとも簡単に剥がれ落ちてしまいます。剥がれたら塗り直す作業をなんども繰り返すので、結局は割高になる傾向があるため、シミュレーションすれば技のある専門業者に依頼するのもリーズナブルだということに気がつくでしょう。

また、シリコンやレジンなどの樹脂系のコーティングは液剤に粘り気があるため、液剤をボディに塗布する際に伸びが悪く、膜厚も厚くなりムラになりやすいのが特徴です。この扱いが難しい溶剤を扱う上に、さらに技術レベルにも格差のあるスタッフが施工を行うため、どこでも同じ仕上がりになっているとは限りません。

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービス

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービスダイヤモンドラストコーティングは、私たち最強のガラスコーティンングを求めて最後にたどり着いたガラスコーティングです。

・最高硬度9H以上
・5年以上皮膜が剥れ落ちない
・完全無機質で紫外線による劣化を防ぐ

公的試験データ取得済みの最高品質のガラスコーティングであなたの愛車にかつてないほどの輝きと艶、強固なボディをもたらします。

ラスコジャパン公式HPを見る

無料EBOOK『まだコーティングはするな!フルアーマー車を作れるガラスコーティング選び【完全保存版】』

この本では、コーティング業界の歴史、正しい洗車の方法、ガラスコーティングの成分別の違いと正しい選び方を紹介しています。ネットではどこにも公開されていない業界の裏話やガラスコーティングの真実を余すことなく書籍にまとめられています。

この本を読めば、プロでも知らないガラスコーティングの正しい知識が身につき、業者にダマされずに自分自身で愛車に最適なガラスコーティングを選ぶことができるようになるでしょう。