マフラーを錆から守るためのコーティングのすすめ

マフラーは単車であれば、外に置かれ、風雨にさらされるとエキパイが錆びてきます。

車のマフラーも走っていれば、水が飛んできたり、融雪剤にやられてだんだんと錆びてきます。

錆を放置しておくと腐食が進み、最後には穴が空いてしまします。

そうなると新しく変えるか、小さい穴なら溶接で閉じることになります。

バイクならまだしも、車であれば、マフラーのメインテナンスは自分でするのはそう簡単ではありません。一般的にマフラーは消耗品で、穴が空いたら交換するという認識ですので、コーティングなどせず、放置している人が多いようです。

そうはいっても、錆ないように手入れをしておくと長持ちしますから、日頃からメインテナンスを心がけたいですね。

ここでは手遅れになる前に、マフラーの錆に対してどのようなメインテナンスやコーティングをすればいいのかを見ていきます。

1. 錆についての豆知識

錆といえば、釘の錆から、鉄塀の錆、自転車やバイクなど身近なところにたくさんあります。よく見かけるものですが、錆について私たちはどのぐらい知っているでしょうか?

錆を防ぐにはまず錆について知ることです。

ここでは簡単に錆とはどういうものなのかを説明していきます。

1-1. 錆はどうやってできるの?

金属には、錆びる金属と錆ない金属があります。

錆びない金属には、金・銀・白金などの貴金属があります。なぜ錆びないかというと、空気中の酸素と化合しないからです。金メッキや銀メッキをすると、錆びやすい金属も錆びにくくなります。ステンレス鋼は鉄とクロム・ニッケルの合金ですが、こちらも錆びにくいです。

金属が空気中の酸素や水分と化合すると酸化します。その金属の酸化物の膜ができ、これを錆と言います。

鉄を熱すると黒錆が出ます。これは鉄が錆びるのを防ぐことができますので、錆止めになります。

鉄を雨ざらしにしておくと赤錆が出ます。こちらは水や酸素が鉄に触れると酸化が進んでどんどんと錆が進行します。

1-2. 錆はどうすれば防げる?

錆は、酸素や水分に反応して、金属の表面が変化し、膜ができることによって生じます。

金属の表面が錆を起こす原因となる空気や水、酸などに触れなければ、錆は生じません。

そのためには、金属の表面に他の物質で皮膜を作り、空気や水分に触れないようにすればいいです。メッキやワックスを塗ったり、塗装をするなどのコーティングをすることで錆を防ぎます。金属の表面に黒錆を発生させることでも、錆を防ぐこともできます。

一番大事なのは、金属を湿気から遠ざけることです。

2. 錆からマフラーを守る方法

ここでは、マフラーに錆が発生するのを防ぐための方法をお伝えします。

錆が発生したら錆を取るということも可能ですが、それよりも錆を防止するお手入れをしておく方が、結果的には一番手間がかからずに愛車のコンディションを保つことができます。

2-1. 日頃からメンテナンスをしっかりしよう

大事なのは洗車です。汚れや泥、水などが残っていると、塗装に傷がつき、腐食が始まる原因となります。面倒くさがらず、こまめに各部を磨き、汚れや傷の点検をしましょう。水滴もきれいに吹き上げましょう。

2-2. マフラーをコーティングしよう

洗車をした後には、防サビ剤やワックスを塗布して、マフラーの酸化を防止します。

ワックス、防錆スプレー、シリコンスプレーなどいろいろとありますが、それらはだいたい1ヵ月ぐらいもつものと思いましょう。

錆は金属が空気や水に触れることで起こる酸化現象ですから、金属の表面が直接空気に触れなければ、錆が発生することはありません。

金属の表面がきちんとコーティングできていれば、錆の発生を防止することができます。

マフラーにすでに施されているメッキなどの表面処理に防錆効果があったり、ステンレスのマフラーであれば、ステンレスがそもそも錆にくい金属となります。ご自分の使用されているマフラーの素材は何か?、どのようなコンディションか、チェックしておきましょう。

マフラーは常に高温にさらされますし、メッキの品質が低いものだったり、湿気の多いところにずっと置いておかれると、メッキがあってもステンレスでもサビが発生します。

錆が発生したら、まずサビ取りをしないといけません。そして再びサビが発生しないようにするには、金属が直接空気に触れないようにする必要があります。

錆をきれいにとった後、再塗装か再メッキをするといいですが、それなりの手間と費用がかかります。

それを考慮したうえで、ワックスや防錆スプレー、シリコンスプレーといった市販のケミカル剤を用いて、長持ちはしないとはいえ、簡易的な皮膜を作るか、手間と費用をかけても再塗装するか、考えましょう。

3. 錆びついたマフラーを蘇らせる方法

日頃のメインテナンスを怠ってしまった結果、マフラーがさび付いてしまい、もう交換するしかないと思っても、錆取りをして塗装すればまだまだ生き返るケースもあります。

その手順を簡単に言えば、

  1. マフラーを外す
  2. ワイヤーブラシでこすって錆を落とす
  3. サンドペーパーでこする(#300ぐらい)
  4. サビ取り剤などで残りの錆を落とす。その後水洗いをして脱脂する。
  5. 耐熱塗料を塗る(複数回)。必要に応じてマスキングを。
  6. 乾燥後、焼き付けをする。

となります。

3-1. マフラーの錆をしっかり取るためのポイント

ここで注意すべきは錆をしっかり取るということです。錆びている金属に塗装をしても錆がなくなるわけではありません。またすぐに錆びてきて、そのうち塗装が剥げ落ちてしまいます。

ワイヤーブラシでこするのが大変であれば、ドリルにカップワイヤーをつけて磨いたり、グラインダーを使って落とす方法もあります。この方が格段に早いですし、手作業でするより錆もかなりきれいに取れます。錆の粉が飛ぶので、防塵マスクやゴーグルなどを使用するようにしましょう。

またサビ取り剤の代わりにサンポールを使う人がいます。サンポールは錆が取れますが、気をつけないともっと錆びることになってしまいます。サンポールのような酸性液でサビを落としたら、今度はアルカリ溶液で中和をします。使用方法に気をつけましょう。

錆は残っているとそこからまた繁殖するカビのようなものですから、塗装をする前にしっかりと落としておきましょう。

錆をしっかり落とした後で、錆取り溶剤を用いるといいです。塗装前に一面に塗って放置し、錆を変質させます。そして溶剤をきれいに拭き取り、洗浄します。そうすることで錆の発生を食い止めることができます。

3-2. マフラーをコーティングするためのポイント

塗料は一度に厚塗りをするのではなく、薄く伸ばして何回か重ね塗りをします。溶接部位は錆びやすいので、しっかりと塗っておきましょう。

耐熱塗料は常温乾燥したままだと半硬化状態になります。焼き付けをすることで完全硬化となります。塗料を購入する際に、何度で何分必要か、アイドリングでも可能か?など見ておきましょう。

塗装しても、塗装が薄いとそこにまた錆が発生します。厚塗りすると塗装がひび割れして、剥がれてしまいます。そのまま放置しておくと錆が進んで穴が空いてしまいます。

断熱コーティング剤のセラミックコートという断熱塗料がありますが、コーティングするとマフラーの表面温度が下がりますが、1400度まで耐え得る高い定着性があります。そのため防錆効果も高く、表面が飛び石などからも保護されるそうです。金額は通常の耐熱塗料と比べると高くなりますが、耐久性は全然違うようです。

残念ながら現時点では、それ以上に、マフラーに塗って長持ちさせる耐熱塗料はありません。高温になるところでは、耐熱塗料を用いても、熱にさらされると変色し、劣化が始まります。マフラーはエンジンの使用で温度差が激しいので、表面にコーティングがされていても劣化は免れません。だんだんとメッキが剥がれ、錆が出てきます。

錆防止の保護剤を塗布した後は、こまめに清掃、洗浄、空ふきをして乾かします。そして必要に応じて補修塗装を繰り返すようにしましょう。

もうそろそろ穴があきそうなマフラーであれば、錆を落として塗装する手間を取ることを考えると、新しいマフラーを購入する方がいいと思う人もいるでしょう。そこは人それぞれですので、あなたにあった方法で対応してください。

4. まとめ

やはりマフラーが錆びつかないようにするのが一番大事なことです。手間がかかっているようですが、錆を取って塗装することを考えると、日頃のメインテナンスが一番手間がかからない方法だといえます。

そのためには日頃からの清掃と洗車であり、こまめに部分の汚れや水滴を取り除くことが必要です。それをしているだけで錆びの発生を遅らせることができますから、面倒くさがらず、日々のケアをするようにしましょう。

発生した錆は完全に落とさない限りは、そこからまた発生します。錆びつけばつくほど、その手入れに時間と労力がかかります。最後にはマフラーに穴が空いて交換しなければならなくなります。そうならないように、錆を見つけたら早めに対処しましょう。

マフラーは消耗品だからメインテナンスをしなくても使えなくなったら交換、というのでもいいですが、せっかくの愛車ですから、日頃から気を配っておくとまた愛着も湧いてくるのではないでしょうか?

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービス

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービスダイヤモンドラストコーティングは、私たち最強のガラスコーティンングを求めて最後にたどり着いたガラスコーティングです。

・最高硬度9H以上
・5年以上皮膜が剥れ落ちない
・完全無機質で紫外線による劣化を防ぐ

公的試験データ取得済みの最高品質のガラスコーティングであなたの愛車にかつてないほどの輝きと艶、強固なボディをもたらします。

ラスコジャパン公式HPを見る

無料EBOOK『まだコーティングはするな!フルアーマー車を作れるガラスコーティング選び【完全保存版】』

この本では、コーティング業界の歴史、正しい洗車の方法、ガラスコーティングの成分別の違いと正しい選び方を紹介しています。ネットではどこにも公開されていない業界の裏話やガラスコーティングの真実を余すことなく書籍にまとめられています。

この本を読めば、プロでも知らないガラスコーティングの正しい知識が身につき、業者にダマされずに自分自身で愛車に最適なガラスコーティングを選ぶことができるようになるでしょう。


 

ABOUT監修・執筆

里見昌幸

ラスコジャパン開発部 部長

車業界20年。自動車オイルメーカーや自動車塗装業、カー用品全国NO.1店などを経験し独立。高級車や旧車をさらに魅力的に大切にキープする方法にフォーカスする。2007年に立上げた「極み洗車の匠」は、ランボルギーニ、フェラーリ、ベントレー、マセラティ、ポルシェ、アルピナ、BMW、アウディ、アルファロメオ、レクサスなど、コーティング後の劣化やキレイにならない洗車で困っている、意識の高いクルマ好きの最後の駆け込み寺的にもなっている。