樹脂パーツの黄ばみや白けの原因である紫外線のダメージから守り、潤いを持続させる。

例えばクルマのヘッドライト。いつの間にか黄ばみはじめて美観が失われカバーは主に紫外線により劣化が進み、気付いた頃には黄ばみや曇りが生じてしまいます。劣化した状態のヘッドライトの見た目の悪さもさることながら、黄ばみや曇りがある状態ではライトを点灯しても光量が落ちてしまい、十分に視界を確保することができなくなり危険です。

近年の車のヘッドライトは「ポリカーボネート(樹脂製)」が使用されているため、紫外線によって劣化しやすい状態です。特に、青空駐車をしていて日頃から車が直射日光に当たりやすい環境で保管している方は、劣化のスピードも早くなってしまいます。

UV ALA-SUN は、紫外線カット効果と耐傷性に優れているため、紫外線による劣化と傷による劣化の両面を防ぐことができます。

こんな方におすすめ

・青空駐車で紫外線を受ける
・輸入車で交換パーツを入手しにくい
・劣化による黄ばみが気になる
・クルマの目に潤いを維持させたい

UV ALA-SUN 特徴

・紫外線による黄ばみ・白け防止

ヘッドライト施工料金

50,000円(税別)

よくある質問

ALA-SUNはどのくらいの期間、維持することができますか?
ALA-SUNのガラス皮膜は化学的にヘッドライトカバーと定着するため、理論的には半永久的にガラス皮膜を維持することができます。ただし、実車ベースでは5年程度の耐久性を想定しております。
ヘッドライトの傷を消すことはできますか?
傷の程度によるため一概には言えませんが、一部の傷を消すことはできますが、全ての傷を消すことはできません。磨きの作業で消える傷と、ALA-SUNの塗布により埋まる傷は、見えなくすることができます。実際にどの程度まで傷を消せるかは、お持ちいただいた際の状態を見て判断させていただきます。