車のワイパーが動かない! 困った時のチェック箇所と対処法

車のトラブルはさまざまありますが、ワイパーの故障もそのひとつ。いつも、当たり前に動いているワイパーが、雨の日や雪の日に突然動かなくなってしまうことがあります。ここでは、ワイパーが動かなくなった時の原因と、原因別の対処法を紹介していきます。

1. 【ワイパーが動かない】もし突然、動かなくなってしまったら?

ワイパーは、車の部品のなかでも消耗が激しい部品になります。タイヤと同様に、ワイパーブレードも車の代表的な消耗品のひとつです。当然、それを動かしているワイパーシステムも年を重ねていくと、消耗し故障が増えてきます。また、冬に雪の積もる地域では、雪の重さが負荷となり、無理に動かすと年式に関係なく故障の原因となりかねません。

突然、ワイパーが動かなくなると焦ってしまいますが、動かない原因次第では自分ですぐに対処できるものもあります。動かなくなったら、まずはスイッチを入れた際に音がするかなどを確認して、原因がどこにあるのかを自分自身で探ってみましょう。

2. 【ワイパーが動かない】考えられる原因と対処法はこれ!

2-1. アースの接触不良

ワイパーが動かなくなる原因で、一番多いのがアースの接触不良です。車の年式が古くなってくると、さらに接触不良を起こしやすくなります。

ワイパーを動かすために、電流がバッテリーからモーターへ、モーターからアースへ流れます。アース自体は車のボディ(金属部)に繋がっていますが、このアースとボディ(金属部分)を繋いでいるボルトに緩みや、アース自体の酸化や錆の発生などが接触不良の原因と。

アースをボディ(金属部分)に接触させるだけで、解決することもありますが、電気系統のトラブルなので、自身が無い場合は、念のためにディーラーへ持ち込んで、プロに直してもらった方が安全でしょう。

2-2. ワイパーの根元のナットの緩み

ワイパーのスイッチを入れた際に、モーター音がするのにワイパーが動いていない時や、フロントワイパーの片方だけが動いていない時は、ワイパーの根元にあるナットが緩んでいる可能性があります。

ワイパーの根元のナットは、元々緩く絞められています。これは、モーターなどのワイパーシステムに大きな負荷がかかった際に、故障を防ぐためです。これに、フロントガラスに雪などが積もった状態で、ワイパーを動かすと、大きな負荷がかかり根元のナットが緩む原因となります。

一般的にワイパーのナットは、ワイパーの根元に取りつけられて、プラスチック製のカバーの中か、またはカバー無しで黒いナット(ワイパーの黒色と同色)が取りつけられています。これを締めなおすと、動きますがその際は、きつく締めすぎないように注意してください。

また、この時にリンクが外れていないかも確認しておきましょう。

2-3. ヒューズ切れ

ワイパーのスイッチを入れても、モーターの音すら聞こえない時は、ヒューズが切れている可能でがあります。ヒューズは、電子回路に規定以上の電流が流れると電流を遮断するもので、安全装置の役割をしております。

ヒューズは「ヒューズBOX」に各ヒューズとまとめて収納されており、殆どの場合運転席の足元か助手席の足元にあります。ヒューズを交換することで、修理は完了しますが、規定値以上の電流が流れた原因を突き止めないと、またすぐにヒューズが切れることもあります。

ヒューズが切れば場合は、ヒューズが切れた原因の追究もあるので、相当腕と知識に自身のある方以外は、ディーラーや整備工場にお任せしましょう。

2-4. モーターユニットの故障

ワイパースイッチを入れても、モーター音がしなかったり、音がおかしい時はモーターユニットが故障している可能性もあります。

雪がフロントガラスに積もっている状態や、ワイパーブレードがガラスに凍って張り付いている時などに、無理にワイパーを動かそうとしたときに、大きな負荷がかかり、モーターが焼き付いたり、モーターユニットの一部が折れたりする原因となります。

モーターを自分で修理するのは、非常に難しいため、整備工場やディーラーに持ち込みお願いしましょう。

2-5. ワイパースイッチの故障

ワイパースイッチを入れても、ワイパー音がしなかったり、動いたり動かなかったりする場合はワイパースイッチ自体の故障の可能性もあります。スイッチ自体はあまり壊れることがないのですが、年式がかなり古い車の場合は、経年劣化による錆や腐食が接触不良の原因となり、使い方によってはユニット内部の破損の原因にもなります。

ワイパースイッチを交換することで改善されますが、腕に自信の無い方は整備工場やディーラーに持ち込みましょう。

3. 【ワイパーが動かない】修理? それとも本体買い替える? 検討しよう!

ワイパーが動かない時は、修理をするか、故障しているユニットを丸ごと交換するか悩みどころです。それぞれの原因別で、対応方法が異なってきますので、ひとつずつ確認していきましょう。

3-1. 原因別・修理した場合にかかる費用

  • アース接触不良

アースの接触不良は、自分で修理した場合は修理費はかかりません。ディーラーや整備工場に持ち込んだ場合は、1000~2000円程度の工賃がかかります。

  • ワイパー根元ナット緩み

ワイパーの根元のナットを締めなおすだけであれば、自分でできるので修理費はかかりません。

  • ヒューズ切れ

ヒューズ交換が必要になります。ヒューズ自体は数十円で購入できるので、自分で修理する場合はヒューズ代のみとなります。ディーラーや整備工場に持ち込むと、1000円~2000円程度の工賃がかかります

  • モーターユニットの故障

モーターユニットの交換が必要になります。車種によって異なりますが、モーターユニット自体は10,000~40,000円程度です。ディーラーや整備工場で交換してもらった場合は、工賃が上乗せされますので20,000~50,000円程度かかります。同じ車種のモーターユニットでも、年式が古くなると高くなる傾向があるので、予想以上の高額になることもあります。

  • ワイパースイッチの故障

ワイパースイッチの交換が必要になります。モーターユニット同様に、車種によって異なります。モーターユニットより、若干価格は低めで10,000~20,000円程度で、ディーラーや整備工場に持ち込むと20,000~30,000円程度かかります。

3-2. 本体買い替えの方がいいケースについて

上記にも挙げたように、「モーターユニット」と「ワイパースイッチ」はそれぞれユニット毎の交換がおすすめです。もちろん、交換せずにそれぞれ、修理することは可能ですが、電子回路などの細かい修理は、修理代金が非常に高額になりますし、時間もかかります。

そのためユニット毎に、新品と交換した方が割安になりますし、同車種の中古品があればもっと費用を抑えることもできます。

 

4. まとめ

雨や雪の日などにお世話になるワイパー、必要なときに突然の故障で動かなくなると焦ってしまいますが、まずは落ち着いて原因を突き止めましょう。原因次第では、自分ですぐに直すことも可能です。

もし、ヒューズ切れやワイパーモーターの故障などの、その場では修理をすることが出来ない場合は、ディーラーや整備工場に持ち込みましょう。その際に、雨や雪が降っている時は無理に運転せずに、ロードサービスを呼んで対応してもらいましょう。

ワイパーが動かない状態で、雨や雪の日に運転するのは、視界が確保できず事故の原因になりますし、道路交通法でも整備不良(故障している)の車で公道を走ることは禁じられていますので、注意してください。

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービス

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービスダイヤモンドラストコーティングは、私たち最強のガラスコーティンングを求めて最後にたどり着いたガラスコーティングです。

・最高硬度9H以上
・5年以上皮膜が剥れ落ちない
・完全無機質で紫外線による劣化を防ぐ

公的試験データ取得済みの最高品質のガラスコーティングであなたの愛車にかつてないほどの輝きと艶、強固なボディをもたらします。

ラスコジャパン公式HPを見る

無料EBOOK『まだコーティングはするな!フルアーマー車を作れるガラスコーティング選び【完全保存版】』

この本では、コーティング業界の歴史、正しい洗車の方法、ガラスコーティングの成分別の違いと正しい選び方を紹介しています。ネットではどこにも公開されていない業界の裏話やガラスコーティングの真実を余すことなく書籍にまとめられています。

この本を読めば、プロでも知らないガラスコーティングの正しい知識が身につき、業者にダマされずに自分自身で愛車に最適なガラスコーティングを選ぶことができるようになるでしょう。