車の査定にかかる時間と査定時間を短縮して車を高く売る方法!

「車をなるべく高く売りたいけど、査定ってどれくらい時間がかかるのだろう」「忙しいから、そんな長時間かかったら困るなあ」と考えている人も多いのではないでしょうか。確かに今まで愛車を買取査定に出したことがない人にとっては、査定そのものが未知の領域ですよね。この記事では、査定にどのくらいの時間がかかるのか、どうすれば高く車を売ることが出来るのかを徹底紹介させて頂きます。車の売却を検討している方は、是非ご覧になってみて下さいね!

1. 車の査定に必要な時間

それでは、気になるポイントの一つである、車の査定に必要な時間について紹介していきましょう。

1-1. 車の下取りの場合

大まかに下取りの場合は、査定時間自体は30分〜60分程度です。しかし、下取りの場合というのは、新たに新車を買うことが前提になっています。そのため、新車を買うための商談にも左右されるため、それ以上の時間を要する場合があります。

また、下取りの場合は、買取と比べると売却額は安くなってしまいがちです。

1-2. 車の中古車販売店への売却の場合

車を中古車販売店に売却する場合、下取りと同様に査定の時間帯は30分〜60分程度になります。しかし、下取りとは異なり、査定後に商談を行うわけではないので、下取りよりはトータルでは早く済みます。

1-3. 車の買取の場合

中古車店に限らず、ディーラーや解体屋、町のカーショップ含めて車を売る買取の場合でも、査定する項目自体は一緒なため、時間自体は同様に30分〜60分程度となります。

ちなみに下取り・売却・買取の査定の場合でも具体的にどのような項目をチェックするのかというと、年式や走行距離はもちろんのことですが、

  • 外装(傷や凹みなどの状態や有無)
  • 足回り(細かくチェックするというよりは、サビや重大なダメージがないかなど)
  • エンジンルーム(オイル関係の漏れの有無、エンジンの吹き上がりに以上がないかなど)
  • フレーム(買取依頼者からの深刻を元に修理歴の有無や、目視による確認)
  • 内装(シートの汚れや、破損の状態、カーナビやオーディオの状態の確認)

といった項目をチェックしていきます。

2. 車の査定から売るまでにかかる時間

上の項目で、査定にかかる時間については理解頂けかと思います!それではいざ売却するとなった場合は、どのくらいの時間を要するのでしょうか?売るまでの流れも含めてご紹介していきます。

2-1. 車を売るまでの流れ

売却自体には全く時間はかかりません。書類に印鑑を押し、氏名などの個人情報を記入する程度なため、数分と考えてください。しかし、時間がかかるのはここではありません。車を売却するためには様々な必要書類を揃えなければなりません。必要の書類というのは、

  • 自動車検査証(車検証)
  • 印鑑登録証明書(印鑑証明)
  • 自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責)
  • 自動車納税証明書(納税証明)
  • リサイクル券
  • 譲渡証明書
  • 委任状

以上の7点です。

  • リサイクル券
  • 譲渡証明書
  • 委任状

についてはその場で記入して印鑑を捺印するだけで、

  • 自動車納税証明書(納税証明)

については、毎年納税した際の納税証明書をキープしていれば問題ありません。

  • 自動車検査証(車検証)
  • 印鑑登録証明書(印鑑証明)
  • 自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責)

この3点については、車検証の発行が半日程度、印鑑証明は市役所等に行けば、数分〜数十分程度、自賠責の再発行については1週間程度の時間がかかります。そのため、売却を決定した場合には、計画的に準備しておくことが重要です。

ある程度余裕を持って考えるのであれば、査定〜売却までは2週間程度はかかると考えていた方が無難と言えます。

2-2. 高く売るなら複数業者からの査定がポイント!

どうせ愛車を売るのであれば、誰でも高く売りたい!と考えると思います。高く売るためにはどのようにすれば良いのでしょうか?それは、「複数の業者から査定を受けること」です。

当然1社だけの査定で売却することも出来ますが、それだとその1社の査定価格が高いのか安いのかも判断出来ませんよね?より高く売りたいのであれば、複数の業者に査定してもらうことが必須と言えます。そうすると、相場もざっくりと把握することが出来ますし、仮に10社査定してもらえば、その中から最も高い金額を提示してくれた業者に売却するということも可能なのです。

しかし、これにはかなりの時間を要してしまいます。先ほど紹介した通り、査定自体は30分〜60分程度しか時間は要しませんが、移動時間や諸々の時間を考えると1日に2〜3社の査定を受けるだけが精一杯です。仮に10社の査定を受けるのであれば、3日〜5日程度は時間を要してしまいます。

普通に会社勤めをしている方であれば、ここまでの時間を確保することはなかなか困難です。そのデメリットを解消するためにはどのような方法が良いのかというと、買取一括査定サイトを利用することです。

3. 高額査定も期待できる車買取一括査定サイトとは

先ほどもご紹介した通り、ある程度時間も抑えながら、高額で車を売却したいという場合には、車買取一括査定サイトがオススメです。具体的にどのようなものなのか、早速紹介していきましょう。

3-1. 複数業者から一度に車の査定を受けることができる

これが最大の特徴です。一度の申し込みで、複数の業者から査定を受けることが出来ます。

通常の査定のように、カーショップに車を持ち込んで査定という形式ではないため、大幅に時間を短縮することが可能です。(しかし、あくまでも一括査定は概算価格のため、正確な買取金額を知るためには、一度現物を査定してもらう必要があります。)

3-2. 同時見積もりで高額査定が期待できる

これが高額査定を期待できる最大の要因です。この査定方法の場合は、査定の回答をしてくる業者も、他の業者と相見積もりを取っていることは重々承知なのです。そのため、どの業者も他に車を買取されることを避けたいと考えているのです。業者間で自然と競争が生まれるからこそ、高額査定が期待出来るというわけなのですね!

3-3. 車の出張査定の時間を短縮する方法

車買取一括サイトを利用して、いざ現物を査定してもらうとなった場合、出張査定というケースになることが非常に多いです。しかし、出張査定を異なる日で組んでしまうと、例えばあなたは家に居なければならない日や時間が増えてしまいます。そうなると非常に不便ですよね。少しでも時間を短縮するために、異なる業者の出張査定の日にちを同じ日にしてしまえば、日をまたぐ必要もなくなるので、大幅に時間を短縮することが出来ます。

3-4. 時間をかけず1回の査定だけで買取最高額がわかるサイト

もっと時間を節約して、1回だけの査定で事を済ませたいと考えている方には、以下のサイトが非常におすすめです。

ユーカーパック

ユーカーパックはどのようなサイト・サービスかと言うと、

  • トップページの査定依頼で、車種や年式、走行距離などの情報を入力すると、すぐに概算金額が把握出来る
  • 申し込み後数時間で、ユーカーパックより連絡が入り、最寄のユーカーパックの提携ガソリンスタンド等にて、日にちを決めて査定をしてもらえる(車の査定はこの1回のみ)
  • その査定した情報はユーカーパック提携業社2000社以上に公開され、入札される

というのが、ユーカーパックのシステムです。基本的にやり取りはユーカーパックのみと行うため、電話連絡等の手間も最小限で済む上に、査定も最初の一回のみで済むため、簡単に最高買取額を把握することが出来ます。

4. 車の査定に必要な時間と高く売る方法まとめ

以上、車の査定に必要な時間、実際に売却する際の流れ、より高く売る方法をご紹介させて頂きましたが、如何でしたでしょうか。特に最後のユーカーパックは、大幅に時間を短縮させて、電話連絡等の手間も最小限で済ませることが出来るため非常にオススメのサービスです。車の売却を検討している方は、是非利用してみて下さいね!

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービス

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービスダイヤモンドラストコーティングは、私たち最強のガラスコーティンングを求めて最後にたどり着いたガラスコーティングです。

・最高硬度9H以上
・5年以上皮膜が剥れ落ちない
・完全無機質で紫外線による劣化を防ぐ

公的試験データ取得済みの最高品質のガラスコーティングであなたの愛車にかつてないほどの輝きと艶、強固なボディをもたらします。

ラスコジャパン公式HPを見る

無料EBOOK『まだコーティングはするな!フルアーマー車を作れるガラスコーティング選び【完全保存版】』

この本では、コーティング業界の歴史、正しい洗車の方法、ガラスコーティングの成分別の違いと正しい選び方を紹介しています。ネットではどこにも公開されていない業界の裏話やガラスコーティングの真実を余すことなく書籍にまとめられています。

この本を読めば、プロでも知らないガラスコーティングの正しい知識が身につき、業者にダマされずに自分自身で愛車に最適なガラスコーティングを選ぶことができるようになるでしょう。