車検証は紛失・盗難に遭うと悪用される! そのリスクと再発行の方法

車に乗るためには、必ず携帯しておかなければいけないのが車検証です。でもそこにかかれている内容は、車に関する情報だけでなく個人情報もあります。

ただでさえ物騒な世の中ですから、いつどこで車上荒らしの被害に遭うかわかりません。

もしもこのような被害に遭った時に車検証まで盗まれてしまうと、悪用され思わぬトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。実際に悪用されて大変なトラブルに巻き込まれてしまった人もいます。

では車検証を他人に悪用されてしまうと、どのようなトラブルに巻き込まれる可能性があるのでしょうか?

また盗難ではなく紛失してしまった場合は、どのような方法を取れば車に乗ることが出来るようになるのでしょうか。

今回は車検証が無くなって悪用されてしまった場合のトラブルの例を挙げながら、もしもそのような状態になってしまった時にどうすればよいのかなどをわかりやすく説明していきます。

1. 車検証を紛失・盗難…悪用される心配はある?

車を道路(公道)で走る場合には、必ず車検証を持っている必要があります。これは車検証に関する法律「道路運送車両法」の第66条にはっきりと書かれています。

この第66条というのは、車検証の備付けに関することがかかれています。

その部分を抜粋すると「自動車は、自動車検査証を備え付け(中略)なければ、運行の用に供してはならない(『道路運送車両法第66条第1項』より一部抜粋)」とあります。

自動車検査証というのは車検証のことを言いますから、この法律によると「必ず車にのせておかなければいけない」ということになります。ですから原則として車の中に随時保管しておく必要があるのが車検証だといえます。

ところが車検証は「車検が通っていることを証明するもの」というだけでなく、車に関するあらゆる情報が詰まっている証明書です。

そのためよく見てみると、所有者に関する欄には個人名と住所がすべて書かれています。

今の世の中では、個人情報は様々な犯罪に悪用されます。実際に悪用されると、このようなトラブルに巻き込まれることがあります。

個人売買でのトラブル

個人売買は中間マージンが発生しないので、「車を高価格で買い取ってもらうことが出来る」というメリットがあります。

でも高値で買い取ってもらえるからといって名義変更をせずに車検証ごと車を渡してしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれます。

例えば買い取った相手がそのまま名義変更をせずに乗り続けていた場合、所有者の名義はあなたのままになっていることになります。

車に関する税金は、車の所有者に納税の義務があります。ですから手放したはずの車の自動車税の納付書があなたに届いてしまうことになります。

もちろん取引をした相手といつでも連絡が取れる状態であれば、相手に名義変更をしてもらうことですぐに解決します。

でも取引相手が故意に名義変更をしていなかったのであれば、取引後に連絡がつかなくなってしまうことがよくあります。

買取業者とのトラブル

高額査定を出す買取業者の中には、非常に悪質な業者もいます。特に注意しなければいけないのが、入金が確認出来ていないのに車検証の原本と車の受け取りを急がせる業者です。

買取業者は、買い取った車を転売することで売り上げを出します。転売するためには現物があるだけではできません。

名義変更をして他のお客さんに勝ってもらわなければいけないので、車検証が必要になります。

もちろん車にも旬というものがありますので、同じ車でも高く売れるタイミングはあります。また人気の車種であれば在庫になるリスクが低いため、販売すればすぐに次のオーナーが見つかります。

そう考えてみると、車の引き取りと車検証の受け渡しを急かす理由の1つになることはわかります。

でも悪質業者が急かす理由は、このことが理由ではありません。実は車と車検証だけを受け取ったら、入金をせずにそのまま転売してしまうのです。しかもこういう悪質業者に限って、その後連絡がつかなくなります。

大手買取業者であっても、買い取り金額の支払いは車の引き取り完了の数日後となっています。つまり「車の引き取りから入金まで時間がかかる」というのが原則です。

悪徳業者はこれを悪用し、その数日間のうちに逃げてしまうのです。

こうなってしまうとあなたには何のメリットもありません。車という財産が手元から無くなるだけで、車の買取金額を回収することはほぼ無理でしょう。

再発行手続き前に悪用された場合

車検証が盗まれた場合は、すぐに被害届と再発行手続きをすれば悪用されることはありません。ところがこの手続きが終わっていない状態で悪用されてしまうと、所有者であるあなたに全ての責任がかかってくる恐れがあります。

ちなみに車検証がない状態で車に乗っているのが警察にバレると、道路運送車両法違反となります。違反点数などの罰則はありませんが、最高50万円以下の罰金が科せられます。

この時にいくらあなたが「盗難に遭ってしまって車検証がないんです」と警察官に訴えたとしても、法律違反をしているのはあなたですから罰金を免れることは出来ません。

もちろん車検がない車は公道を走れませんから、その場でレッカー移動となります。さらにレッカー費用もあなたに請求されます。

2. 車検証は常に携帯しなくてはならない

車検証を悪用されてしまうことがあると分かれば、そのリスクを何とか避けたいと思う気持ちもわかります。でもだからといって「コピーを車にのせておく」もダメなのです。

車検証に関する法律が定めている「車検証」は、あくまでもその原本です。コピーはあくまでもただのコピーなので、車検証としての効力はありません。

そのためコピーを持っているだけの場合も「車検証の不携帯」となり、法律違反になります。もちろんこの場合も、最高50万円以下の罰金となります。

3. 車検証の再発行手続きの方法

もしも盗難または紛失してしまった場合は、出来るだけ早く再発行手続きをしてください。再発行してもらえれば、たとえ盗難に遭った場合でも悪用されることはありません。

再発行の方法

再発行の窓口は、車のナンバーを管轄している運輸支局または軽自動車検査協会です。必要書類をそろえ、窓口にて申請すれば再発行してもらうことが出来ます。原則として申請したその日のうちに再発行してもらうことが出来ます。

所要時間は窓口の混み具合によっても異なりますが、平均して1時間程度で再発行してもらうことが出来ます。

ただし再発行窓口の受付時間は平日の昼間に限られています。自分で再発行手続きが出来ない場合は代理人でも可能ですが、その場合は必要書類とは別に委任状を準備する必要があります。

もちろん業者に依頼することもできますが、その場合は再発行にかかる費用のほかに代行手数料が請求されます。

再発行されるまでは車に乗ってはダメ!

再発行手続きのためであったとしても、実際に再発行してもらうまでは車を使ってはダメです。何しろ車検証がない状態で車に乗ると法律違反になるのですから、どのような理由であったとしても警察に見つかれば罰金が科せられます。

4. 車検証は悪用されないよう大切に保管を!

車に乗るためには必ず載せておかなければいけないのが車検証なのですが、個人情報が書かれているだけに他人の手に渡れば悪用されてしまうこともあります。

そうはいってもコピーで代用することは出来ませんから、やはり日頃の管理が大切になります。

「ついうっかり…」というその一瞬を、誰が狙っているかわかりません。面倒なトラブルに巻き込まれないためにも、車から離れる時にはきちんと施錠をするということを心がけるようにしましょうね。

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービス

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービスダイヤモンドラストコーティングは、私たち最強のガラスコーティンングを求めて最後にたどり着いたガラスコーティングです。

・最高硬度9H以上
・5年以上皮膜が剥れ落ちない
・完全無機質で紫外線による劣化を防ぐ

公的試験データ取得済みの最高品質のガラスコーティングであなたの愛車にかつてないほどの輝きと艶、強固なボディをもたらします。

ラスコジャパン公式HPを見る

無料EBOOK『まだコーティングはするな!フルアーマー車を作れるガラスコーティング選び【完全保存版】』

この本では、コーティング業界の歴史、正しい洗車の方法、ガラスコーティングの成分別の違いと正しい選び方を紹介しています。ネットではどこにも公開されていない業界の裏話やガラスコーティングの真実を余すことなく書籍にまとめられています。

この本を読めば、プロでも知らないガラスコーティングの正しい知識が身につき、業者にダマされずに自分自身で愛車に最適なガラスコーティングを選ぶことができるようになるでしょう。