自動車をより高く売却する方法と売却相場は?

自動車を売却する際に、1番ベストな売却方法とは何で、1番高く売れるお店はどこなのでしょうか。買取・下取り・中古車販売店に売却と売却方法と相場の調べ方など、自動車の売却に関する疑問や今後に役立つ情報を分かりやすくご説明します。

1. 車の売却方法によって売却価格の相場が違う!?

いくつかある自動車の売却方法でも中古品である以上、売却価格はそれぞれ違いますし相場も変動します。それには、自動車を購入する側のお店や業者の思惑が大きく関係しています。そのことを、知らずに売却すると損をしてしまう場合もあります。

そうならない為にも、それぞれの売却方法でなぜ違いが出るのかを知っておいて頂きたいと思います。

1-1. 車を売却する3つの方法

自動車の売却方法は、大きく分けると以下のように3通りになります。

  1. 買取・・・・・自動車買取専門店で自動車を売る、売却方法。
  2. 下取り・・・自動車販売店で買い替えの際に、売却する方法。
  3. 中古車売却・・・中古車販売店で自動車を売る、売却方法。

1-2. 車を高く売却できるのは「買取」

自動車買取専門店は、自動車の買取を専業としているため、他の売却方法よりも高く売却できる可能性が高い売却方法です。但し、一概に言えることではなくあくまでも平均的に高く売却出来ると言う意味になります。

時には下取りや中古車業者の方が高い場合もあります。それには、各業者が自動車を購入するにあたっての基準や考え方が少々違う面があるからです。

1-3. 「下取り」「中古車売却」と「買取」の違い

基本的な査定価格は各業者で一律にあります。基本査定表やオークションでの流通相場がそれぞれの査定基準になります。

では、なぜ売却方法によって価格が違うのかについてですが、購入する側の各業者がどの様な独自の基準で価格を決めるのか、購入した自動車に対してどの様な考え方があるのかを知る必要があると思います。

各業者が提示する価格はパソコンや機械で算出されるわけではなく、人が判断し決定する価格ですので各業者によって様々です。

「下取り」の場合、他の売却方法と一番違う点は自動車を買い替えするという点になります。自動車販売店にとっては販売と下取りを同時に行うことになるので2通りの収益を上げられることになります。

当然、販売をするのですから利益は出ます。同時に下取りと言う名の仕入れも出来ます。下取りした自動車が売れれば利益が出るわけですから2通りの利益になるのです。自動車販売店は利益を多くするために出来るだけ高く販売し、出来るだけ安く下取りをしたいと考えます。

そのため、下取り金額の基準は、他の売却方法よりも売却価格が低くなる傾向にあります。一部例外として、新車販売店(ディーラー)でも中古車の販売を強化している販売店もあるので、その場合は同じメーカーの下取りであれば買取店や高額査定された価格と同等かそれ以上の価格を提示する場合があります。

「中古車売却」は、中古車販売業者での売却になりますが売却の仕方によって安くなったり高く売却できる場合があります。中古車販売業者で軽自動車からRV、外車までオールマイティーな販売店は多くはありません。

販売店の中でも得意、不得意分野があります。外車に強い・RVに強い・軽自動車に強いなど販売店によって特化したジャンルが多かれ少なかれあります。当然、中古車販売業者ですので中古車販売のプロです。

買取したそのままの状態で店頭に並べるよりも付加価値を付けて販売した方が利益が出るのは分かってますので、得意分野の自動車には他の売却方法より高い金額で売却できる可能性は高くなり、逆に不得意分野の自動車だと安くなる場合があります。

また、輸出に長けている業者もあるので不動車や事故車も他で売却不可能な自動車も高く売却できる業者もあります。

「買取」の場合は、平均的な査定基準かそれ以上になることが多い傾向になります。それは、専門店ですので1台だけの利益に執着し買取件数を逃してしまうより、多少利益が少なくてもより多くの自動車を買取することが重要だからです。

薄利多売の原則になります。最近は、買取した自動車を売るダイレクトセールを行う買取店も多いようですが、短期間で利益を上げるために業者オークションに流通させることが多いのです。

通常の販売店が年間業者オークションに流通させる台数はせいぜい30台から多くて100台くらいですが、買取専門店は1万台2万台は流通させています。その為に他の売却方法よりも多く買取をする必要があるため比較的に高く売却できる事が多いのです。

中古車販売業者と同じで、輸出に強かったり専門で行っている買取店もあるので不動車や事故車なども高く買い取ってもらえる場合もあります。

2. 車を買取店に売却する場合の相場の調べ方

買取専門店の買取相場は、インターネット上に色々なサイトが存在しますが、どれも金額が違うし実際は買取専門店に誘導することが目的で信憑性に乏しいと思います。一度一括査定すると鬼のような電話やメールが届き大変な目に合った方もいると思います。

しかし、現在は大手の買取専門店やカーセンサーのような大手の総合媒体ではユーザーに迷惑にならないように改善されているサイトもあります。そのようなサイトを利用して買取相場を調べると良いかと思います。

但し、あくまで相場ですのでサイト上で出た金額が即買取価格には決してならず、多くは現車を実際に査定した結果は、10から30%減だと思っておいた方が無難です。

3. 車を下取りで売却する場合の相場の調べ方

下取り相場を調べるのが一番難しいかも知れません。基準になる相場は買取店と同じで査定相場表や業者オークションでの流通相場になりますが、入替で購入する価格も関わってきます。

自動車販売店が大きな値引きをしてでも販売したい場合は、下取り価格が安くなることもありますし、その逆もあります。また、買取店にはない即販売できるような人気車種だと相場よりも大幅に高く下取りをする場合もあります。

下取り相場だけを考えれば、買取相場を基準に人気車種だと±0から+20%、それ以外だと-10%か-30%くらいを目安にすると良いと思います。

4. 車を中古車業者に売却する場合の相場の調べ方

中古車業者に売却する場合は、基準になる価格は他の売却方法と同等で買取店と同じになりますが、自分の愛車が当てはまる専門性の高い中古車業者での売却になると売却相場も変わってきます。

例えばクロカンを売却したい場合は、クロカンをリフトアップして店頭で販売しているような業者、ミニバンであれば社外のアルミホイールやエアロなどドレスアップして店頭に並べて販売している業者などは少々手間は掛かります。

専門性の高い業者を探せば基準相場よりも+10%から+30%の相場は期待できると思います。また、人気車種も基準相場から高くて+30%くらいは売却できる可能性はあります。

5. まとめ

より高く自動車を売却する為には、3つの方法がありますが基準になる相場は同じですので一番、自分にあった売却方法を見つけることが大事です。下取り出す場合でも、買取や中古車業者に売却した方が高く売却できる可能性もありますし、幅広く売却方法について考える必要があると思います。

少々手間も掛かり面倒くさいかもしれませんが、各業者の提示価格を鵜呑みにしないで自分の愛車を売却するのにどの方法が良いのか自分目で耳で確認して、今回説明させて頂いた内容を吟味して判断されると良いと思います。