車買取に必要な書類とは?普通車・軽自動車の違いや準備までの流れとポイント

車の買取をしてもらう場合には、いろいろな書類を準備する必要があります。スケジュールに合わせて必要な書類を取り寄せたり準備をしたりしなければいけないのですが、これが車の査定以上に面倒で手間がかかります。

でもすべての書類がそろっていないと、いくら高く査定してもらった車でも買い取ってもらえません。しかも普通自動車と軽自動車によって必要な書類が違ったり、書類によっては期限がつけられているものもあったり…と何かと細かな決まりがあります。

そこで今回は車買取に必要な書類の一覧から各書類の取り寄せ方法、実際に車買取までの流れなどをわかりやすく解説していきます。

1. 車買取に必要な書類一覧表

初めに知っておきたいのは、「買い取りに必要な書類は車の種類によって違う」ということです。車の買取査定の場合には車検証と自賠責保険証書さえあれば問題はないのですが、車の買取となるとこの2つだけではできません。さらに同じ自動車の買取でも、普通自動車と軽自動車では必要になる書類が異なります。

1-1. 普通自動車の場合

普通自動車の買取の場合は、次のような書類が必要になります。

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • 譲渡証明書
  • 印鑑登録証明書
  • リサイクル券(預託済みの場合のみ)

これらの書類の中で注意が必要なのが、「自動車検査証」です。自動車検査証は「車検証」のことなので、普段は車の中に保管しているはずです。ですからわざわざ手続きをして取り寄せる必要はありません。

でも自動車検査証の中にかかれている「住所」と「氏名」の内容によっては、別の書類を取り寄せる必要があります。

・自動車検査証の「住所」が現住所と違う場合

引っ越しをしたことによって自動車検査証の住所と現住所が違っている場合は、そのことを証明するための書類が必要になります。

自動車検査証に書かれた住所から1度だけ引っ越しをした場合であれば、「住民票」を追加するだけでOKです。ただし複数回引っ越しをしている場合は、「戸籍の附票」または「住民票の除票」が必要です。

・自動車検査証の「氏名」が旧姓で記載されている場合

結婚などよって姓が変わった場合も注意が必要です。この場合は「戸籍謄本」が必要となります。

1-2. 軽自動車の場合

軽自動車の買取の場合は、次のような書類が必要になります。

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 軽自動車納税証明書
  • 譲渡証明書
  • 印鑑登録証明書
  • リサイクル券(預託済みの場合のみ)

基本的には普通自動車の場合と同じなのですが、軽自動車の場合は「軽自動車納税証明書」となります。

軽自動車の場合の注意点も普通乗用車と同じですので、以下の内容を十分に確認してください。

・自動車検査証の「住所」が現住所と違う場合

引っ越しをしたことによって自動車検査証の住所と現住所が違っている場合は、そのことを証明するための書類が必要になります。

自動車検査証に書かれた住所から1度だけ引っ越しをした場合であれば、「住民票」を追加で準備すれば問題はありません。ただし複数回引っ越しをしている場合は、「戸籍の附票」または「住民票の除票」が必要です。

・自動車検査証の「氏名」が旧姓で記載されている場合

結婚などによって姓が変わった場合も注意が必要です。この場合は「戸籍謄本」が必要となります。

2. 車買取に必要な書類の取り寄せ方と紛失時の注意点

車買取に必要な書類が分かったら、一つずつ漏れがないように準備していきましょう。書類を取り寄せる場合も、発行窓口や取り寄せ方に違いがあります。

2-1. 自動車検査証(車検証)

一般的には車内に保管されていますので、あえて取り寄せる必要はありません。ただし自動車検査証を紛失した場合は、再発行する必要があります。

自動車検査証を再発行する場合は、登録した陸運局が再発行の窓口になります。再発行手続きをする際には「申請書類代」と「手数料」の2つが別途必要になります。

2-2. 自賠責保険証明書

こちらも一般的には自動車検査証と一緒に車内に保管しているものなので、あえて取り寄せる必要はありません。ただし自賠責保険証明書を紛失した場合は、再発行する必要があります。

自賠責保険証明書を再発行する場合は、登録している保険会社が再発行の窓口となります。再発行手続きは無料でできますが、申請時に本人確認が出来る書類を提示する必要があります。本人確認書類は免許証でOKです。

2-3. 自動車納税証明書(軽自動車の場合は「軽自動車納税証明書」)

自動車納税証明書は、自動車税を納付したことを証明するものです。納付書があれば近くの金融機関やコンビニなどで納付することが出来、その場で納税証明書が発行されます。ただしこの時手渡される納税証明書を紛失した場合は、再発行する必要があります。

自動車税納税証明書を再発行する場合は、「自動車税管理事務所」または「各都道府県税事務所」が再発行窓口となります。一般的には各市区町村役場の納税課が窓口となります。

再発行手続きは基本的に無料でできますが、地域によっては手数料が発生することもあります。申請する時には、「車検証」と「印鑑」が必要になります。

2-4. 譲渡証明書

車を買い取ってもらうということは「車の所有者の名義を変更する」ということなので、譲渡証明書が必要になります。譲渡証明書は自分で作成することもできますが、記入項目には車名、型式、車台番号など車に関する詳しい情報を記入しなければいけません。ただしこれらはすべて車検証(自動車検査証)にかかれているので、実際に譲渡証明書を書く際に車検証を持参すれば問題ありません。

譲渡証明書には注意点があります。まず譲渡証明書に使う印鑑は実印となります。またその時に使う印鑑の「印鑑証明書」も必要になります。

さらに車検証に記載されている住所が現住所と違う場合には、住民票も必要になります。車検証に記載されている住所から複数回引っ越しをしている場合は、戸籍の附票または住民票の除票が必要です。さらに結婚などによって姓が変わった場合は、戸籍謄本が必要になります。

2-5. 印鑑登録証明書

印鑑登録証明書は、印鑑登録をしている市区町村役場で発行します。申請する時は申請者の本人確認書類と手数料が必要になります。本人確認書類は運転免許証でOKです。

2-6. リサイクル券

リサイクル券はリサイクル料(自動車を廃車にする時にかかる費用)を支払った際に発行される証明書のことです。これは車を購入する際に前払いをすることになっているため、一般的には自動車検査証と一緒に保管されています。リサイクル券は紛失すると再発行されません。

ただしリサイクル料を預託している場合は、自動車リサイクルシステムで管理している「リサイクル料金預託状況」をプリントアウトすればリサイクル券の代わりになります。

3. 車買取時の書類はいつまでに用意すればいい?

実際に車を買い取ってもらうためには、必要な書類がそろっていなければいけません。しかも書類が必要となるのは「実際に車を買い取ってもらう日」とは限りません。

3-1. 必要書類は車の引き渡しまでに用意を!

車を買い取ってもらうために必要な書類は、基本的には車の引き渡しと同時に行います。そのため車の引き渡しまでに必要書類がそろっていれば、問題はありません。

ただし手続きに必要な書類の準備が1つでももれていると、買い取りをしてもらうことは出来ません。せっかく高額で査定してもらっても、引き取りの際に書類に不備があれば契約は成立しません。

こうしたトラブルを防ぐためには、期限ギリギリに準備するのではなくあらかじめ必要書類をそろえておく方が良いでしょう。

3-2. 書類の準備が遅れると買取査定額がダウン?!

「必要書類の準備は引き渡しまでにできればよい」といいましたが、実際には車の査定をする段階ですでに準備が整っていた方が買取査定額は高くなります。なにしろ「すぐに買取が出来る状況にある」ということを買取業者に意思表示することになりますから、業者側にこちら側の本気度をアピールすることができることが高額査定につながります。

逆に「書類の準備が遅れる」ということは、あなたの本気度が相手に伝わらないということです。つまり業者側は本気度をアピールする必要がないわけですから、買取査定額がアップすることはありません。場合によっては買取査定額がダウンすることもあります。

3-3. 車買取の流れを確認

車買取の異本的な流れは、次のようになります。

  1. 車の買取査定をする
  2. 買取業者を決める
  3. 買取に必要な書類をそろえる
  4. 必要書類を買取業者へ提出し、車を引き渡す
  5. 後日、買い取り金額が入金される

この中で注意しておきたいのが「必要書類を提出する」の項目です。大手買取業者や買取一括査定サイトに加盟している買取業者は買い取り実績もしっかりしているので安心なのですが、個人取引や悪質な業者の場合は注意が必要です。悪質な場合は、車の引き渡しが完了しているのに入金をしないケースもあります。

このような悪質なトラブルに巻き込まれないためにも、名義変更に必要な書類に関しては業者に渡す前にコピーをとって保管しておくと良いでしょう。もちろん安心して買い取ってもらえる業者選びをすることも大切ですね。

3-4. 店舗買取の場合

車の買い替えと併せて車を買い取ってもらう場合の流れは、次のようになります。

  1. 購入する車を決める
  2. 所有している車の買取査定をする
  3. 購入店と買取額の交渉をする
  4. 買い取り金額を決定する
  5. 購入する車と売却する車の契約手続きを同時に行う
  6. 必要書類を準備する
  7. 車の引き渡しと同時に納車を済ませる

3-5. 車買取一括査定サイトの場合

車買取一括査定サイトの場合の流れは、次のようになります。

  1. 一括査定の申し込みをする
  2. 実際に売却する買取業者を決める
  3. 車の引き渡し日を決める
  4. 買取に必要な書類をそろえる
  5. 書類にサインをし、車を買取業者に引き渡す
  6. 引き渡し完了日から2~3日以内に入金が行われる

4. まとめ

車の買取に必要な書類は、意外とたくさんあります。一つでも不備があれば買い取ってもらえなくなりますし、逆に早めに準備すればそれだけあなたの本気度が伝わるため高額査定が狙えるチャンスにもあります。どちらにしても実際に車を買い取ってもらうためには必要な書類ですから、時間に余裕をもって準備を進めるようにしていきましょう。

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービス

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービスダイヤモンドラストコーティングは、私たち最強のガラスコーティンングを求めて最後にたどり着いたガラスコーティングです。

・最高硬度9H以上
・5年以上皮膜が剥れ落ちない
・完全無機質で紫外線による劣化を防ぐ

公的試験データ取得済みの最高品質のガラスコーティングであなたの愛車にかつてないほどの輝きと艶、強固なボディをもたらします。

ラスコジャパン公式HPを見る

無料EBOOK『まだコーティングはするな!フルアーマー車を作れるガラスコーティング選び【完全保存版】』

この本では、コーティング業界の歴史、正しい洗車の方法、ガラスコーティングの成分別の違いと正しい選び方を紹介しています。ネットではどこにも公開されていない業界の裏話やガラスコーティングの真実を余すことなく書籍にまとめられています。

この本を読めば、プロでも知らないガラスコーティングの正しい知識が身につき、業者にダマされずに自分自身で愛車に最適なガラスコーティングを選ぶことができるようになるでしょう。