事故車に驚きの値段?!100万円以上で売れる方法とは?

車を乗り換える場合にはディーラーの下取りに出したり、中古車販売店に売ったりして、乗り換え資金に当てることがほとんどです。

でも、事故車の場合にも可能なのでしょうか?

もし、

  • 事故車に値段は付くんだろうか?
  • 下取りや売ることができるなら、いくらになるんだろうか?
  • 車を買い換える資金にできないだろうか?

どれか一つでも当てはまるようであれば、オススメの方法があります!それが、事故車の「買取」です。

実は、ディーラーや中古車販売店では事故車に値段が付かないことがよくあります。逆に、廃車費用を請求されてしまうこともあるのです。

そんな場合でも、事故車を専門としている買取業者なら高額で買い取ってもらえる可能性があるのです。例えば、100万円以上の高額な買取事例もあるほどです。

そこで今回は、事故車を高額な値段で買い取ってもらい、次の車の購入資金に当てるための方法をお伝えしていきます。

事故車だから値段はつかないだろうと諦める前に、ぜひチェックしてください。

1. 事故車を高額な値段で売る方法

車を乗り換える時は、

  • ディーラーの下取りに出す
  • 中古車販売店に売る
  • 買取業者に買い取ってもらう

この3つの方法が考えられます。一般的には、ディーラーや中古車販売店を利用されています。

しかし、事故車の場合には同じようにはいきません。なぜなら、ディーラーや中古車販売店は「安全に動く車」が欲しいからです。そのため、値段がつかないことがよくあります。

これでは、次の車の購入資金に当てることができませんよね。

そんな時にオススメなのが、事故車の「買取」業者を利用することです。ディーラーや中古車販売店で値段がつかなかった車でも、驚くほど高額な値段がつく可能性があるからです。例えば100万円越えの事例があったり、平均でも35万円で買取ると名言している業者まであるほどです。

事故車から乗り換える時は、まずは事故車を専門としている買取業者から無料査定を受けましょう。

査定は無料ですので、仮に満足な値段にならなければ他の方法にすることもできます。でも、査定に出さずに高額な値段がつくチェンスを逃してしまっては大変ですよね。

ぜひ事故車専門の買取業者の無料査定を受けてみましょう。

2. 事故車なのに驚きの値段が出た事例

2-1. 国産車でも買取金額1,280,000円

平成26年式オデッセイ(ホンダ)の後方部分がひどく潰れてしまった事故車が、なんと1,280,000円になった買取事例があります。

その他には、平成24年式エルグランド(日産)が1,000,000円、平成25年式プリウス(トヨタ)が900,000円などの高額な買取事例があります。

2-2. 軽自動車、コンパクトカーでも買取金額900,000円

平成25年式フィットHV(ホンダ)の後方から追突されたような事故車が900,000円になった買取事例があります。

他には、平成26年式タント(ダイハツ)が560,000円、平成27年式ワゴンR(スズキ)が290,000円など軽自動車の高額買取もあります。

3. 事故車をディーラーの下取りや中古車販売店に売った場合の値段

もし事故車をディーラーや中古車販売店に出すとどれくらいの値段になるのでしょうか?

事故車の状態にもよりますが、例えば事故直後で修理が必要な状態の車だとすれば、まず値段はつかないと考えていいでしょう。むしろ廃車にするための費用を請求されるかもしれません。廃車費用は1万円〜3万円は必要になります。

また、これまでの事故で修理歴がある場合には、相場の半額以下になることも珍しくありません。そもそも事故車の下取りや買取に消極的なディーラーや中古車販売店がほとんどでしょう。

4. 事故車の値段が安い理由

4-1. 中古車として販売できないから

なぜ事故車だと値段が安くなってしまうのでしょうか?その答えは、ディーラーや中古車販売店は「安全に動く車」を扱っているからです。

ディーラーで下取りされた車や、中古車販売店で売った車がどうなるかご存知でしょうか?簡単に言えば、中古車として販売されます。

そのため、安全に動く車でなければ、引き取ってもそのまま中古車として販売できないのです。高額な修理費用がかかるような状態では利益にもならないので嫌がられるのです。

4-2. 修復歴ありの車は売れない

また、中古車販売サイトなどを見たことがある方はご存知かもしれませんが「修復歴あり」と表記されている車があります。

これを見たらどう感じるでしょうか?ほとんどの方はすぐに壊れるんじゃないかとか、動かなくなるんじゃないかと不安に感じて「修復歴なし」を探し出すと思います。

つまり、事故車を買取ったとしても売れ残ってしまう可能性があるため、下取りや買取に高い値段を付けることはできないのです。

「修復歴あり」とは

ちなみに、修復歴ありの定義を正しくお伝えすると、車の骨格部分の修理や交換を行なった車のことを言います。

骨格部分とは、以下の8つの部分になります。

  1. フレーム(サイドメンバー)
  2. クロスメンバー
  3. インサイドパネル
  4. ピラー
  5. ダッシュパネル
  6. ルーフパネル
  7. フロア
  8. トランクフロア

特に、これらに該当する修理が必要、もしくは修理歴のある車は値段がつかないと考えるといいでしょう。

一方で上記に当てはまらないような場合、例えばドアを交換したりバンパーの交換のみであれば「修復歴あり」とはなりません。

もし、車の骨格部分に影響しないような事故だったとしたら、大きな減額もなく売れる可能性もあります。そんな場合でも、下取りや中古車販売店よりも買取業者の利用がオススメです。

ぜひ【超まとめ】車の一括査定サイトの使い方と買取までの流れをわかりやすく解説をチェックしてください。

5. まずは事故車専門の買取店で無料査定を!

事故車でも買取業者を利用すれば値段が付くことがおわかりいただけたでしょうか。ディーラーの下取りや中古車販売店に売却する前に、まずは無料査定を利用してみましょう。

今回はオススメできる3つの事故車専門の買取業者をご紹介しましたので、それぞれの業者から無料見積もりをとり、最高額の業者に買取ってもらうのが賢い利用方法です。

ぜひ満足な値段で買い取ってくれる業者を見つけましょう。

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービス

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービスダイヤモンドラストコーティングは、私たち最強のガラスコーティンングを求めて最後にたどり着いたガラスコーティングです。

・最高硬度9H以上
・5年以上皮膜が剥れ落ちない
・完全無機質で紫外線による劣化を防ぐ

公的試験データ取得済みの最高品質のガラスコーティングであなたの愛車にかつてないほどの輝きと艶、強固なボディをもたらします。

ラスコジャパン公式HPを見る