ジャガーのディーラー車検費用が高い!安い民間車検を賢く利用する方法まとめ

ジャガーに乗っている人は、購入後に初めての車検の時期が近づいて来ると憂鬱になってきますよね。

ジャガーの車検って、想像をはるかに超えた金額がかかると聞きますが、ジャガーの正規ディーラーに車検に出した場合は車検費用がいくらくらいなのか、またジャガーを民間車検に出した場合はいくらくらいになるのかということを詳しくご説明します。

1. ジャガーディーラーの車検費用の相場はいくら?

ジャガーを正規ディーラーで車検に出した場合、車検費用はどのくらいかかるのでしょうか?正規ディーラーでの車検費用の相場を見てみましょう。

1-1. 初回車検の費用相場

車検は、ジャガーの正規ディーラーでも民間車検工場でも、法定費用の金額は同じです。自賠責保険料、重量税、印紙代など法定費用は、どこで車検に出しても必須のものです。

自賠責保険料は、車種に関係なくどの車も決まった金額を支払います。毎回の車検の際、2年分の自賠責保険料として27,840円を支払い、その際印紙代も支払います。重量税もかかってきます。

これらのトータル金額に加えて、車検時には法定24ヶ月点検の代金、保安確認のための検査料、車検代行手数料の代金が加算されます。

つまり、車検費用は、重量税などを含めた法定費用と車検の基本料金としての点検費用を合算したものになります。

車検代行手数料、点検費用、自動車整備のメンテナンスの代金は、お店ごとに金額が変わり、同じジャガーの正規ディーラーでも地域によって価格差がありますし、民間車検でも店舗によって車検代金は違います。

店舗ごとに車検費用の差が出てくることから、どこで車検を受けるかが重要になってくるのです。

それでは、実際のジャガーXEの車検の内訳を見てみましょう。

法定費用

自賠責保険料 25,830
重量税 32,800
印紙税 1,200
車検代行手数料 20,000
小計 79,830

車検整備費用

点検整備 38,700
日常点検 7,450
検査ライン測定 16,500
非常信号灯 1,080
リアブレーキパッド交換 23,450
バッテリー交換 57,700
ガラスコーディングメンテナンス 25,000
小計 169,880

法定費用と車検整備費用を合計すると税込271,419円となります。

上記の計算式は一例ですので、同じジャガーのXEであっても、個人の使用状態で車検金額の差が出てきます。

しかし、基本的に問題がなく乗っていた場合でも、初回車検で27万円を超える車検費用ですので、かなり高額です。

それでもプレミアムメンテナンスケアに入っているので、以下の金額はサービスになっています。

プレミアムメンテナンスケア会員サービス分

項目 金額
エンジンオイル交換 13,500
オイルフィルター 3,400
ブレーキフルード 2,550
ウインドウウォッシャーフルード 1,100
スマートキー電池交換費用 2,000
フューエルシステムクリーナー 3,750
小計 26,300
税込合計 28,404

これらがもし上乗せされると、車検費用は30万円ほどになってしまいます。

1-2. 2回目(5年目)以降の費用相場

ジャガーの2回目以降の車検費用は、もちろん初回車検より高くなります。

上記の車検費用にプラス、タイヤ代が加わる場合もあるため、車検費用は大きく跳ね上がることも…

27万超えの車検費用に、タイヤ代金が25〜30万円ほどかかりますので、車検費用は50万円を超えてしまうことがあります。

2. ジャガーのディーラー車検は高い?!オートバックス(民間車検)と費用を比較

「ジャガーの車検は高い!」とよく言われますが、民間車検との車検費用を比較してみましたのでご紹介します。

車種 ジャガーディーラー オートバックス(民間車検)
ジャガーXE 271,419 134,230
ジャガーXJ 25,3840 187,030
ジャガーXエステート 261,608 164,830
ジャガーXF 287,320 130,350

上記の価格は一例ですので、該当車種であっても全ての車に当てはまる金額ではありません。同じジャガーの正規ディーラー・販売店でも、地域や店舗によって金額の差は発生します。

また民間車検工場も、場所や店舗によって価格差が出ます。

たとえ同じ車でも3年目、5年目、7年目では車検費用も全く違いますし、走行距離や状態は個人の車ごとに違うので、車の状態によっては、車検費用に大きく差がつくこともあります。特にイギリス車のジャガーは、当たり外れもありますので、車の状態は個々で全く違います。

いずれにしても、ジャガーを民間車検に出した場合、車種にもよりますが民間車検とジャガーの正規ディーラー車検では倍以上の差額が出ることも多いと思っておくと良いでしょう。

3. ジャガーの車検費用が2回目(5年目)以降に高くなる理由

ジャガーの正規ディーラーで受ける車検費用は、初回車検でも20万は超えてしまいますが、2回目、3回目車検となるにつれて、どんどん車検費用は高くなります。

新車で購入したジャガーのXJでも、5年を過ぎた頃から、バッテリーが弱くなることや、ブレーキパッドなどが消耗することから、車検時に様々なパーツ交換をしたほうが良いと言われ始めます。パーツ代金だけで10万円弱かかってしまうことも多々あります。

ジャガー正規代理店で購入した場合は、ジャガーのプレミアムメンテナンスケア等の保証がついているため、オイル交換などをサービスで交換してくれるのですが、その時期を過ぎると正規料金を支払うことになります。

また、プレミアムメンテナンスケアは、年数経過とともに金額も変わってきます。

その他にも、エンジンオイル、オイルフィルター、オイルエレメント、エアコンフィルター、エンジンオイル強化剤なども車検の時には交換対象となります。

個人の使用状況によって、交換が必要になるパーツは変わって来ます。ブレーキをしょっちゅうかける人の車は、ブレーキパッドの消耗が早かったりします。

車検時になって慌てるよりも、車検の2カ月前にはどのパーツの交換が必要なのか、いくらかかるのかなど、ジャガーの正規ディーラーにて見積もりを取っておくようにすると良いでしょう。

3-1. 車検費用の内訳

車検費用は、以下に分類されます。

  • 法定費用
  • 車検整備費用
  • その他のメンテナンス費用

それぞれの項目について解説していきます。

・法定費用

車検の際は、法定費用が必ずかかります。一般的には法定費用は、自陪責保険料・重量税・印紙代のことを指します。

法定費用は、ジャガーの正規ディーラーでも民間車検の各店舗でも、どこで受けても値段は変わりません。

法定費用の金額は、車のタイプや車の車両重量によって変わります。

・車検整備費用

ジャガーの車検時には、ジャガーの正規ディーラーや民間車検の各店舗のどこで受けても車検整備費用が必要になります。整備費用は、24ヶ月点検整備・検査代・代行手数料などが含まれています。

車の使用環境によって、車の劣化状態も当然変わってきます。

ジャガーに限らず、輸入車は当たり外れもありますので、車によっては不具合や故障が続くこともあります。

また、走行距離が多い車であれば、別途追加の整備が必要になることがあります。

また、車に乗っていれば必ず消耗するパーツもあります。エンジンオイルなど各種オイル・タイヤなども消耗していくものなので、車検時にはきちんと整備していないと車検に通らないこともあります。

・その他のメンテナンス費用

車検に合格するためには、決められたチェック基準をクリアしなければなりません。ジャガーは、年数経過とともにメンテナンスが必要な箇所が多くなります。

エンジンオイルなどの基本的項目以外にも、あらゆるところが悪くなるのではないかと思われるほど、ジャガーのメンテナンス費用は高く、70万円なんて話も出てくるのです。

ジャガーに乗るのであれば、車検時だけではなく定期点検もしっかり受けておくほうが、のちのちの修理代金が跳ね上がることを防ぐことが出来ます。

ジャガーオーナーになるということは、お手入れがたくさん必要になると思っておくと良いでしょう。

3-2. 5年目、7年目を迎えるジャガーは部品の交換時期

5年目や7年目の車検を迎えるジャガーは、車検時に交換が必要になるパーツがかなりたくさん出てきます。

特に長く車に乗っていると、3年目、5年目の車検では交換対象じゃなかったものも、7年目では交換しなければならないものもたくさんあります。

7年目で初めて交換するようなパーツの場合、車のかなり重要パーツであることも多く、金額はかなり高額になると思っておきましょう。

「車が1台購入できたのではないか」という金額になってしまうこともあるため、維持費についてはしっかり検討することが重要です。

3-3. ジャガーは部品交換や修理費用、工賃が高い

ジャガーをディーラーで車検を受けると、どうしても民間車検と比べると工賃が高くなります。

ジャガーディーラーで部品交換をすると、必ず対象車の純正品を使うということがあります。純正のパーツはイギリス産のものを使うこともあり高額になってしまいますが、はどうしても非純正パーツより費用が割高になってしまうというデメリットがあります。

また、英国王室御用達のジャガーは、ディーラーの整備士への人件費も高額です。整備1時間あたりいくらと整備料金が決められており、民間車検の整備金額よりかなり高めに設定されているので、車検費用も比例して高くなってしまうのです。

3-4. 実はディーラー車検は外注マージンがかかる

ジャガーのディーラー車検は、外注マージンがかかるケースもあります。正規ディーラーに車検を頼んでも、外部の整備工場に外注することは多々あります。

このようなことはジャガーだけでなく、輸入車ディーラーでは、外注で整備を頼んでいるところはとても多いので、その都度マージンがかかってしまうことになるのです。もちろんマージンの分車検費用は高くなってしまいます。

4. ジャガーのディーラー車検と民間車検の違い

ジャガーの車を、正規ディーラーに車検に出す場合と、民間車検に出す場合の違いを具体的にご説明します。

4-1. 車検費用の違い

ジャガーは民間車検では受け付けてもらえない場合もあります。まずは民間車検で受け付けてもらえるかどうかを確認しましょう。

車検費用は、ジャガーのディーラーに車検を出す場合と、民間車検に出す場合では、大きな差が出ます。車の状態によっては、10万円以上の差が出るケースもあります。

「ジャガーには乗りたいけれども、車検費用はどうしても節約したい!」と思う場合は、ジャガーの正規ディーラーではなく、民間車検工場に出す方が、かなりの金額を節約することが出来るのです。

4-2. 車検内容(点検・整備内容)の違い

ジャガーは特別な車ですので、民間車検では受けられないことも多々あります。しかし、ジャガーに詳しい整備士がいる民間整備工場で車検を受けることが出来たならば、整備内容もディーラーに劣らず丁寧な整備を受けることが出来るでしょう。

事前に、ジャガーの整備が出来る整備士がいるかどうかを確認するようにしましょう。

4-3. 信頼性の違い

ジャガーの正規ディーラーより、民間整備工場の方が劣っているというわけではありません。「ジャガーが大好きで、自分もジャガーに乗っている」というような整備士がいる車検工場であれば、とても信頼が出来ますよね。

ディーラーの場合、転勤があるため、顧客との信頼関係を長く続けることが出来ない場合もありますが、民間車検工場の場合、地域で顧客との信頼関係を築き上げている人も多くいます。信頼性で言うと、どちらが優っていると言うことはないのです。

5. ジャガーの車検を民間車検で受けるメリット・デメリット

「ジャガーの車検を正規ディーラーで受けるとかなり高額になってしまうから、どうしても嫌だ」という人もいますよね。

ジャガーの車検を民間車検で受けることになった場合のメリットとデメリットを紹介していきます。

5-1. メリット

ジャガーを民間車検で受ける最大のメリットは、車検費用を大幅に抑えられると言うことでしょう。
民間車検だと、正規ディーラーの車検費用より半額ほどに抑えることも可能です。

5-2. デメリット

ジャガーを民間車検に出すデメリットは、車検を引き受けてもらえるかどうかわからないと言う点です。

また、引き受けてくれる店舗があったとしても、「輸入車・高級車は2〜5万円増し」と設定されている場合もあります。
まずは、ジャガーを民間車検に出す場合は、引き受けてくれるところを探すとともに、車検料金についてもきちんと確認しておくことが大切です。

6. ジャガーディーラーの車検費用が高い!困った時の民間車検の選び方

ジャガーのディーラーでの車検費用の見積もりを取った時、車検費用が予定外で高かった!という時もありますよね。

「車検にそんなに高いお金を出したくない!」と思う人もいるでしょう。

そこで、民間車検にはどんな種類があるのか、またどのくらいの金額で車検を受けることが出来るのかをご紹介します。

6-1. 民間車検の種類

まずは、民間車検が受けられる店舗についてご紹介します。

・オートバックスなどのカー用品店

オートバックスなどのカー用品店でも、店舗によっては車検が受けることが出来ます。カー用品店での車検は、比較的安価に設定されています。

イエローハットは、店舗によっては、輸入車の車検は対象外のこともあります。特にジャガーは特殊な車になりますので、エンジンオイルの交換も引き受けてもらえない場合があります。

最寄りのカー用品店に、ジャガーの車検を受け付けているかどうかを確認しておきましょう。

・ガソリンスタンド

ガソリンスタンドでも車検が受けられる店舗が増えてきました。車検費用は、カー用品店と同等で、比較的安めです。

最寄りのガソリンスタンドで、ジャガーの車検が受けられるかどうか確認してみましょう。

・民間整備工場

輸入車、高級車に詳しい整備士がいる民間の整備工場であれば、ジャガーの正規ディーラーよりも安価で丁寧な整備が受けられる場合もあります。

「輸入車専門店」という看板を掲げていて、ジャガーの車検が可能だという民間整備工場を探しましょう。

・フランチャイズ店

ホリデー車検やアップル車検などのフランチャイズ車検専門店でも、輸入車の車検が受けられることがあります。

車検のフランチャイズ店は、サービスも価格も安定しています。ただし、フランチャイズの車検店ではジャガーの車検を受け付けないところもありますので、まずは最寄りの車検フランチャイズ店に、ジャガーの車検を受けることが出来るのか確認してみましょう。

6-1. 民間車検を選ぶ時のポイント

ジャガーの車検を、民間車検で受けようと思った場合、民間車検の店舗を選ぶ時のポイントをご紹介します。

  • 整備士でジャガーに詳しい人がいる
  • 店舗のインターネットサイトなどに「ジャガー専門店」や「ジャガーの車検も歓迎」と書かれている
  • ジャガーオーナーが経営している整備工場である

上記の条件に当てはまる民間整備工場であれば、ジャガーの車検は正規ディーラーよりも半額程度で済ませられるため、車検費用を大きく節約することが可能です。

7. ジャガーの車検費用を抑えるなら民間車検業者の選び方がポイント!

ジャガーをディーラー車検に出すか、民間車検に出すかについての色々な視点からの比較についてご紹介してきました。

ジャガーの車検は、民間車検に出すと、ディーラーに出すより10万円以上安く済ませられることも。民間車検と正規ディーラーで車検費用を比較してみると、倍以上の価格差が発生することがあるのです。

ジャガーの車検費用を節約したい人は、まずは車検を受け付けてくれる民間車検工場を探してみて見積もりを取ってみましょう。

最大66%OFF!ネット割で安く民間車検に申し込む方法

できるだけ安く、近所の民間車検を探すためには口コミや価格の比較は必須ですが、一件一件価格を調べるのはとても手間がかかります。

そこでおすすめなのが、ネットで民間車検を比較して申し込む方法です。「ホリデー車検」「EPARK車検」などWEB申し込みができるサイトがありますが、中でもおすすめは「楽天車検」。

楽天車検は加盟店数ナンバーワンで、オートバックスやエネオスなどの全国展開している大手も加盟しており安心して利用できるでしょう。

ネット割で最大66%OFFになったり、楽天ポイントがもらえるキャンペーンがあったり、お得に民間車検を探すことが可能です。もちろん楽天会員ではなくてもご利用いただけます。

安くできる民間車検を探す▶︎

価格も質も安心・信頼のおすすめ民間車検ランキング!

 

グー車検
ホリデー車検
EPARK車検