失敗しない!ヘッドライトに最適なコーティングを見極める5ポイント

最近は車のボディコーティングは一般的になりましたが、ヘッドライトのコーティングまで考えている方はほどんどいません。そもそもコーティングの効果や必要性などを理解している方が少ないからです。

しかし、あなたは違うと思います。誰よりも愛車を大切にしているからこそ、ヘッドライトのコーティングについて調べているのではないでしょうか。

ただ、ボディコーティングと違って情報が少なく、間違ったことが伝えられているのも事実です。様々な商品を使ってみたけど満足な効果が得られず後悔したというのはよく聞く話です。

さらに重大なミスは、効果のないコーティングを繰り返すことが、かえってヘッドライトにダメージを与えてしまい、黄ばみや曇りをひどくする原因になっていることが伝えられていないことです。

そこで今回は、大切な愛車を守るために正しいヘッドライトコーティングの選び方、そして施工方法についてお伝えしていきます。これで失敗を繰り返して後悔することもなくなり、いつまでも綺麗な愛車を維持することができるでしょう。

1. ヘッドライトに最適なコーティング剤を見極める5つのポイント

コーティングの最大の目的は、愛車をいつまでも綺麗に維持することだと思います。もう少し詳しく言えば、ツヤや輝きを出したり、汚れにくくすること、洗車を楽にすることになります。

ヘッドライトのコーティングに関しても同じことが当てはまると思いますが、ボディコーティングとの大きな違いは「黄ばみ・曇り」にあります。

ヘッドライトのコーティング剤を選ぶ際には、この「黄ばみ・曇り」に焦点を当てて比較検討することが大切だと言えます。しかし、多くの情報はこれを無視しているために失敗してしまうのです。

それでは、最適なコーティング剤を見極めるための5つのポイントをご紹介していきます。

1-1. 「黄ばみ・曇り」を防ぐものを選ぶ

一時的なツヤや輝きが得られるコーティング剤は世の中にあふれています。数百円で手に入るようなものでも施工時だけなら満足できるかもしれません。しかし、数週間、数ヶ月後にはヘッドライトが黄ばんだり曇ってしまい後悔することになるでしょう。

確かに費用や手に入りやすさは重要な選択基準になりますが、ヘッドライトに関しては「黄ばみ・曇り」を防ぐものを選ぶ必要があります。

ただ、これまでにも黄ばみを防ぐとか透明感が何ヶ月も続くというインパクトのある文字を目にして選んだはずなのに失敗しているから困っているのだと思います。

では、こうした失敗を防ぐためにはどうしたらいいのでしょうか。それは、ヘッドライトが黄ばむ原因を知り、その原因を取り除くことができるコーティング剤を選べばいいのです。

1-2. 剥がれ落ちないコーティング剤を選ぶ

ヘッドライトが黄ばむ原因の1つ目は、コーティングの劣化です。

最近の車のヘッドライトは、ポリカーボネイトといわれる樹脂素材が使われています。昔使われていたガラスよりも軽量で透明性があり、事故時の飛散を防ぐことができるといったメリットがあります。しかし、太陽の紫外線によって「劣化」するというデメリットがあるのです。

そこで、この劣化を防ぐための特殊なコーティング(ハードコート塗装)がされています。しかし、このコーティングも経年劣化で剥がれ落ちてしまうのです。

これがヘッドライトが黄ばんだり曇ってしまう原因となっています。つまり、ヘッドライトに使うコーティング剤が簡単に剥がれ落ちてしまえば、何度繰り返してもすぐに黄ばんでしまうということです。

特に市販されているコーティング剤はすぐに剥がれ落ちてしまいます。簡易的なものであれば雨に流されたり、洗車をしただけでもダメージを受けるほど弱いものなのです。

まとめると、ヘッドライトのコーティング剤には、簡単に剥がれ落ちることがないものを選ぶ必要があると言えます。

1-3. 耐久性の長いコーティング剤を選ぶ

ヘッドライトが黄ばむ2つ目の原因は、ヘッドライトを磨いて傷つけることです。

ヘッドライトの黄ばみを取るためには、研磨剤やコンパウンド、ポリッシャーなどを使って削り落とすしか方法はありません。また、当然かもしれませんが、黄ばみを除去してからコーティングをしなければ意味がありません。

しかし、ヘッドライトが黄ばむたびに磨いていればハードコートも削り取られてしまうだけでなく、耐久性の弱いポリカーボネイトがむき出しになってしまうため、簡単に黄ばんでしまうようになるのです。

つまり、耐久性の短いコーティング剤を使っていれば、黄ばみを落とすために何度も研磨することになるため、自ら黄ばみの原因を作り出すことになってしまうのです。

ヘッドライトのコーティング剤には、一度の施工で長い耐久性を発揮するものを選ぶ必要があると言えます。

1-4. ヘッドライトにはガラスコーティングが最適

ヘッドライトの黄ばみを防ぐことができるコーティング剤は、

  • 剥がれ落ちない
  • 耐久性が長い

この2つのポイントが重要になります。そして、これを満たすものがガラスコーティングです。

ガラスコーティングは他のコーティング剤とは違い、雨で剥がれ落ちることはありませんし、強力なカーシャンプーにも負けません。ガラスコーティングを剥がそうとすれば、ポリッシャーで削り落とすしか方法はないほどなのです。

また、耐久性についても正しく施工すれば3年は持つと言われています。市販の簡易的なコーティングは長くても3ヶ月、早ければ1週間も持たないものがあることを考えれば、耐久性の高さには雲泥の差があります。

このように、ヘッドライトのツヤや光沢だけではなく、黄ばみや曇りまで防ぐことができるコーティング剤はガラスコーティングしかないのです。

1-5. ヘッドライトコーティンは新車には不要

ヘッドライトのコーティングを考えている方の中には、新車購入時にボディと一緒に施工した方がいいのかと迷われているかもしれません。以前に乗っていた車のヘッドライトが黄ばんで悩まされていたからだと思います。

結論からお伝えすれば、新車時には必要ないと考えていただければいいでしょう。先ほどもお伝えしたように、ハードコート塗料によるコーティングがされているからです。

これが紫外線を浴びて経年劣化することが原因ですので、黄ばみや曇りがみられるようになってから、ガラスコーティングを検討していただければいいでしょう。

それまでは、次のような方法で経年劣化を防ぐようにしましょう。

  • 青空駐車を避ける
  • 庫やガレージを利用する
  • こまめに洗車をする
  • ボディ用のコーティング剤やワックスを使用しない

2. ヘッドライトにガラスコーティングをする際の注意点

ヘッドライトにガラスコーティングをすれば間違いはありません。ただ、その中には商品説明に見合わない粗悪なものがありますので注意しなくてはなりません。

ガラスコーティングの注意点についても確認していきましょう。

2-1. 完全無機質の本物のガラスコーティング剤を選ぶ

まず「ガラスコーティング」と「ガラス系コーティング」は全く別物です。しかし、どちらも同じような商品説明がされていますので間違えないようにしましょう。

ここでお伝えしている本物のガラスコーティングとは、「完全無機質」のものです。これでなければ、黄ばみを防ぐ効果は得られません。

一般的にはガラス系コーティングの方が流通量が多くなっていますが、これには有機物が含まれています。有機物の成分が多ければ、ポリマーコーティングとほとんど違いはないと言ってもいいでしょう。

コーティングについて詳しい方はご存知かもしれませんが、ポリマーコーティングは雨や洗車で流れ落ちてしまいます。そのため、耐久性も長くて半年です。これではヘッドライトコーティングに必要な条件を満たすことができないのです。

ヘッドライトには「完全無機質」の本物のガラスコーティングを選ぶようにしましょう。

2-2. DIYと専門業者では仕上がりに大きな差が出る

ここまではコーティング剤の選び方について詳しくご紹介してきましたが、それ以上に大切とも言えるのが下地処理です。下地処理無くして満足なコーティングはあり得ません。さらに、下地処理はただやればいいというものではありません。その精度がコーティングの効果を左右してしまうのです。

コーティングの施工方法にはDIYもしくは業者に依頼する2つの方法がありますが、言うまでもなく業者の方が高いレベルの下地処理ができます。特にヘッドライトの場合には高レベルな研磨技術が必要です。下手に磨いてしまうと真っ白に曇ってしまうこともありますし、ヒビが入ったり割れてしまうこともあるからです。

つまり、コーティングの効果を最大限に発揮するためには、業者で施工してもらうことが最適だと言えるのです。

ただし、どこの業者でも良いわけではありません。プロのスタッフがいるコーティング専門店に依頼する必要があります。特に、アルバイトや数日の研修を受けただけのスタッフが施工しているガソリンスタンド併設店やカー用品店はおすすめできません。また、カーディーラーは割高になりますし、整備士はコーティングのプロではないので効果は期待できません。

2-3. 業者に頼むと料金が高くなるのはデメリット?

ただ、専門業者に施工を頼むと料金が高くなるのではないかと心配されると思います。確かに、一般的にはその通りで割高に感じると思います。

ただし、ここまでお伝えしてきたように、ガラスコーティングを専門業者に施工してもらうことが最も効果の高い方法だと言うことは、おわかりいただけているかと思います。仕上がり具合と効果の持続期間のどちらをとっても、DIYで業者に勝ることはできないのです。

そこで改めて、コーティングの目的を思い出してみましょう。

「愛車をいつまでも綺麗に維持する」

つまり、その場限りの効果ではなく、長期的に綺麗に保つ方法を探していらっしゃるのではないでしょうか。そのためには、やはり専門店に依頼することが最適な方法だと言えます。

また、具体的な料金に関しては各業者によっても異なってきますが、およそ1万円程度からだと考えていただけるといいでしょう。

DIYで何度も効果のないコーティングに失敗するだけではなく、自ら黄ばみの原因を作ってしまうのか、それとも専門業者でピカピカな透明感のあるヘッドライトをいつまでも綺麗に保つのか、大切な愛車のためにはどちらがデメリットになるでしょうか。

3. ヘッドライトのコーティングは専門業者によるガラスコーティングを!

ヘッドライトのコーティングを選ぶ際に一番大切なことは、黄ばみを予防できるものであることです。これを叶えるコーティングの条件は、

  • 簡単に剥がれ落ちない耐久性の長いガラスコーティング
  • 精度の高い下地処理とコーティング技術

この2つになります。この条件を満たすものは、コーティングの専門業者によるガラスコーティングしかありません。

一方で、市販品を利用してDIYでコーティングをすれば、誰でも簡単に施工でき、費用も抑えることができます。ただ、多くの方が後悔していたり、繰り返される黄ばみに悩まされているように、満足な効果を得ることはできません。

それは、ヘッドライトが黄ばむ原因を追求せずに間違った情報が流れているからです。

でも、今回の記事をご覧になられたあなたなら、もう間違えることはないでしょう。ぜひ大切な愛車に正しいコーティングを施工してあげましょう。

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービス

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービスダイヤモンドラストコーティングは、私たち最強のガラスコーティンングを求めて最後にたどり着いたガラスコーティングです。

・最高硬度9H以上
・5年以上皮膜が剥れ落ちない
・完全無機質で紫外線による劣化を防ぐ

公的試験データ取得済みの最高品質のガラスコーティングであなたの愛車にかつてないほどの輝きと艶、強固なボディをもたらします。

ラスコジャパン公式HPを見る

無料EBOOK『まだコーティングはするな!フルアーマー車を作れるガラスコーティング選び【完全保存版】』

この本では、コーティング業界の歴史、正しい洗車の方法、ガラスコーティングの成分別の違いと正しい選び方を紹介しています。ネットではどこにも公開されていない業界の裏話やガラスコーティングの真実を余すことなく書籍にまとめられています。

この本を読めば、プロでも知らないガラスコーティングの正しい知識が身につき、業者にダマされずに自分自身で愛車に最適なガラスコーティングを選ぶことができるようになるでしょう。


 

ABOUT監修・執筆

里見昌幸

ラスコジャパン開発部 部長

車業界20年。自動車オイルメーカーや自動車塗装業、カー用品全国NO.1店などを経験し独立。高級車や旧車をさらに魅力的に大切にキープする方法にフォーカスする。2007年に立上げた「極み洗車の匠」は、ランボルギーニ、フェラーリ、ベントレー、マセラティ、ポルシェ、アルピナ、BMW、アウディ、アルファロメオ、レクサスなど、コーティング後の劣化やキレイにならない洗車で困っている、意識の高いクルマ好きの最後の駆け込み寺的にもなっている。