廃車手続きは不要!軽自動車を手放すならコレ!

車を廃車にしたくても、手続き方法がわからなくて困りますよね。自分でやるのか、ディーラーに相談するのか、それとも別の業者に頼むのか、いったいどれが正解なのでしょうか?

答えは「買取業者」を利用することです。

そうすれば、10日もかかるような面倒な手続きも不要ですし、数万円もする廃車費用を払う必要もありません。

「廃車にするような古くて故障した車は買取ってもらえないでしょ?」

このような心配も不要です。

今回お伝えする買取業者の正しい使い方をすれば、どんな車でも手元にお金が残る可能性があるのです。

ぜひ最後までチェックして頂き、かしこく愛車を手放しましょう。

1. 買取業者なら面倒な廃車手続きは不要!オススメする3つの理由

軽自動車を廃車にする手続きには、次の3つの方法があります。

  • 自分で廃車手続きをする
  • ディーラーなどの代行業者を利用する
  • 買取業者を利用する

廃車について詳しくないと、どれを選べばいいのか迷ってしまいますが、オススメは買取業者を利用することです。これには3つの理由がありますので、順番に確認していきましょう。

1-1. 最短で当日に手続き終了

まず一つ目が、何日もかかる面倒な書類申請の手続きが不要だということです。最短で当日に終了することもできます。業者との手続きが終われば、あとは車を引き渡すだけです。

仮に自分で手続きをすれば、早くても10日はかかるほど面倒な作業になってしまうのです。

1-2. 家から出る必要もない

二つ目に、廃車手続きのために家から出る必要もないことが挙げられます。買取業者が自宅や職場などに訪問してくれるからです。

もし自分で手続きをすれば、解体業者でスクラップにして、軽自動車検査協会で書類手続きをしなくてはなりません。最低でも2ヶ所を行ったり来たりする必要があるのです。

1-3. 廃車費用も不要!

さらに、面倒な手続きだけではなく、廃車にかかる出費も必要ありません。場合によっては予想を超える買取額が付き、手元にお金が残ることさえあるのです。

一方で、自分で手続きをする場合には少なくともスクラップ費用として10,000円ほど必要になりますし、ディーラーなどで代行してもらえば代行費用として10,000円から20,000円ほど必要になってしまいます。

以上のことから、軽自動車を廃車にするなら、まずは買取業者に相談することがオススメだと言えるのです。面倒な手続きも不要ですし、手元にお金が残る可能性もあるのです。

特に、廃車を専門としている買取業者を利用すれば、無理だろうと思っていた車でも買取ってもらえることもあるので、諦める前に無料査定を受けてみましょう。

2. 廃車買取業者おすすめランキング

3. 軽自動車を廃車にするための3つの手続き方法を比較

もしかしたら、

「買取業者がお得って本当なの?」
「買取業者って怪しいんじゃないの?」
「悪いウワサを聞くけど大丈夫?」

このように感じていらっしゃるかもしれません。確かに、初めて利用する方にとっては不安だと思います。しかし、その他の廃車方法と比べると、面倒な手続きが不要で費用もかからないのは一目瞭然です。

その違いを確認していただければ、一度は買取業者に相談してみようと思えるのではないでしょうか。

3-1. 手続きに必要な日数と費用の比較一覧

※1 必要書類が準備できている場合。
※2 車の状態や利用する業者によっては費用が発生する場合もあるので、オススメの3業者を利用しましょう。

3-2. 自分で廃車手続きする方法

もし、自分で廃車にする場合には、次の手続きが必要になります。

ステップ1:車をスクラップ(解体)する

車を廃車にする場合には、まずスクラップ(解体)しなくてはなりません。解体業者を探し、スクラップ(解体)が完了したらナンバープレートと使用済自動車引取証明書を受け取ります。

費用の目安は10,000円ですが、車が動かない場合などはレッカーや引き取りが必要になるため、追加費用が発生して30,000円以上の出費となることもあります。

ステップ2:必要書類を準備する

廃車手続きのためには、以下の書類を準備する必要があります。書類の準備はスクラップ(解体)前から始めておくと、手続きがスムーズに進みます。

  • 車検証
  • ナンバープレート
  • 使用済自動車引取証明書
  • 所有者の印鑑(車検証に記載されている使用者と所有者が異なる場合)

ステップ3:軽自動車検査協会で申請手続きをする

書類の準備ができたら、管轄の消え自動車検査協会に足を運びます。そこで、先ほどの書類に加えて窓口に用意されている次の2つの書類を記載して提出します。

  • 解体届出書
  • 軽自動車税申告書

スクラップにしてから軽自動車検査協会で手続きをするまでに、早くても10日は必要になります。また、スクラップ費用として少なくとも10,000円の出費が必要になるため、手間も費用もかかります。

3-3. ディーラーなどの代行業者を利用する方法

廃車手続きは自分で行うと面倒なので、ディーラーや車販売店、もしくは行政書士などに代行してもらうことができます。

業者との契約手続きのみで、あとは代行してくれるので手間がかからず便利なのですが、廃車費用と別に代行手数料として10,000円から20,000円が必要になることがあります。

あくまで代行ですので、手続きの手間は省けますが、その分費用が高くなってしまいます。

3-4. 買取業者を利用する方法

買取業者を利用すれば、手間も費用もかける必要がありません。場合によっては予想外な高額査定が付くことさえあります。買取業者を利用する際のオススメの方法をご紹介します。

ステップ1:オススメ3社から無料査定を受ける

買取業者を利用する際の一番のポイントは、複数業者から無料査定を受けて、もっとも満足な取引ができる業者を選ぶことです。

特に、廃車にするような車の場合には、廃車専門の買取業者を使用する方が高額査定の可能性があります。廃車専門の買取業者としてオススメできる次の3社から無料査定を受けましょう。

  • カーネクスト
  • 廃車ラボ
  • 廃車引き取り110番

ステップ2:1社と契約手続きをする

3つの買取業者の中から、満足な査定額を提示されたところと契約手続きをしましょう。

以下の書類を用意しておけば、当日に手続きは終了します。

  • 車検証
  • 自賠責保険証(車検が残っている場合)
  • 委任状(オススメの3社は、公式ホームページからもダウンロードできます)
  • 身分証明書(免許証など)
  • 認印

ステップ3:車の引き渡しと入金

契約が終われば車を引き渡します。オススメの3社ならレッカー代も無料ですので、不動社や故障者でも余計な費用がかからないので安心です。

買取額がついた場合には、後日入金されます。

4. 軽自動車を廃車にするなら手続きも費用も不要な「買取」で決まり!

軽自動車の廃車手続きを自分で行うのは非常に面倒ですし、代行業者に依頼すれば無駄な費用もかかってしまうため、これといったメリットがありません。

一方で、買取業者を利用すれば、手続きも簡単で無駄な出費もありません。特に、今回ご紹介した3業者を利用すれば、最低でも無料で引き取ってもらうことができますので、一切の出費がなくオススメです。

軽自動車を廃車にしようと思ったら、まずは買取業者に無料査定を依頼しましょう。公式ホームページから、今すぐ申し込みすることができますので、ぜひ賢く利用してみましょう。

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービス

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービスダイヤモンドラストコーティングは、私たち最強のガラスコーティンングを求めて最後にたどり着いたガラスコーティングです。

・最高硬度9H以上
・5年以上皮膜が剥れ落ちない
・完全無機質で紫外線による劣化を防ぐ

公的試験データ取得済みの最高品質のガラスコーティングであなたの愛車にかつてないほどの輝きと艶、強固なボディをもたらします。

ラスコジャパン公式HPを見る