廃車費用の相場はなぜ高い?手続きの内訳と賢い手放し方

事故車や故障車、車検切れで長年放置されていた車など、動かなくなった車でも早く廃車にしないと自動車税がかかってしまいます。

また、とても下取り額がつかないような何十万キロ以上も走っている車や、ボロボロになった古い車も廃車にして次の車に乗り換える必要があります。

しかし、廃車はタダではできません。そこで今回は、廃車にかかる費用をわかりやすくまとめてご紹介します。

また、場合によっては5万円以上もの費用が必要になることがあります。こうした余計な出費をせずに車を手放す方法についてもお伝えしていますので、ぜひ最後までご覧ください。

1. 廃車とは

おそらくほとんどの方が「廃車」とは、「もうその車に乗ることがない時に手放すこと」だと認識されていると思います。これを専門的には永久抹消登録と言います。そのためには車の解体や申請などの手続が必要になるため、それぞれの費用が発生してきます。

一方で、一時抹消登録というものもあります。これは、長期間の海外出張や入院などがある場合に行われる手続きになります。メリットとしては自動車税の支払いがないことや再登録によって再び公道を走ることができるようになります。

今回は、ほとんどの方が永久抹消登録を考えていらっしゃると思いますので、その際にかかる費用についてご紹介して行きます。

2. 廃車費用の相場と手続きの内訳

2-1. 廃車費用の相場

廃車にかかる費用は少なくとも2万円前後は必要になると考えていいでしょう。ただし、廃車費用は一律ではなく5万円以上も必要となる場合があります。なぜ、このような高額になるのか、その内訳を確認していきましょう。

2-2. 手続きにかかる費用の内訳

廃車手続きにかかる費用の内訳は次のようになります。

 

費用内訳

費用目安

①解体費用

1万円〜3万円

②運搬料、レッカー代

1万円〜3万円

③抹消登録申請書代

100円

④印鑑証明書、住民票代など

300円〜450円

⑤リサイクル料金

1万円〜2万円

⑥代行手数料

1万円

これらの費用は車種や車の状態によっても異なりますが、廃車にするためには解体費用が必ず発生します。これだけでも1万円から3万円もかかってしまいます。

① 解体費用

廃車にするためには、まず車を解体しなくてはなりません。その際に解体業者に支払う費用は1万円が目安になります。しかし、業者によっては3万円ほどかかる場合もあります。

② 運搬料、レッカー代(車検切れ、事故車、不動車の場合)

廃車にする車が動かない場合には、解体業車へ運ぶための運搬費用が発生します。その費用は最低でも1万円前後です。4WD車だったり運搬距離が長くなれば費用が高くなり、3万円以上することもあります。

車が動く場合には、自分で解体業車へ持ち込むことができるため運搬費用は発生しません。

③ 抹消登録申請書代

車を解体したら解体証明書(移動報告番号と解体日)を持って運輸支局(陸運局)で抹消登録申請を行います。その際に必要となる抹消登録申請書の購入に100円かかります。

④ 印鑑証明書、住民票代など

抹消登録を行う時には印鑑証明書が必要になります。1通300円です。

また、車検証に記載された住所と現住所が異なったり、名義人が本人でない場合には住民票や戸籍謄本などが必要になる場合があり、300円から450円が必要になります。

⑤ リサイクル料金

平成17年2月以降に車検を行っていれば必要ありません。車検時に徴収されているからです。

それ以前に車検を受けたきり不動車として保管されていたような車の場合には、リサイクル料金が発生します。車種によっても異なりますが、1万円〜2万円ほど必要になります。

⑥ 代行手数料(廃車手続きの代行を依頼した場合)

車を廃車にするためには、解体してから陸運局への申請を行うなど手間がかかってしまいます。また、陸運局は土・日・祝日は受付をしていませんし、平日でも午後4時ごろまでの対応となりますので都合の合わない方も多いと思います。

そこで、多くの方が業者に廃車手続きを依頼しています。例えば、カーディーラーや車販売店、解体業車や行政書士などが代行しています。

代行を依頼した場合の手数料は、およそ1万円が必要になります。

3. 費用をかけて廃車にするメリットは無い!買取で賢く手放す方法

3-1. 廃車にするメリットがない理由

ここまでお伝えしてきたように、車の廃車には思いの外費用がかかってしまいます。ただ手放すだけなのに2万円が相場になりますし、なかには5万円もの費用がかかるなんて驚かれたことでしょう。

しかし、廃車にしようと考えた理由の多くは、

  • 事故車
  • 不動車
  • 車検切れ

このような車だからだと思います。そして動かないなら廃車にするしかないため、高額な費用を支払うしかないと諦めているかもしれません。

でも安心してください。こうした車でも買取業者を利用すれば費用がかかるどころか、高く売れることもあるのです。これを知っていれば、わざわざお金も時間もかけて廃車にするメリットは一つもありません。

3-2. 買取業者なら高く売却できる

例えば、事故で車を買い換えなくてはならなくなった場合、動かない車は下取り額がつきません。ディーラーや中古車販売店での見積もりが0円ならいい方です。処分費用として数万円も必要となることがあるからです。しかし、こうした車でも買取業者なら高く売れるのです。

ただし、どこの買取業者でもいいわけではありません。買取業者の中でも査定額がつかないところもあります。そのため、廃車にするような車でも高く買取ってもらえる業者を見つけることがポイントです。

そのための詳しい方法は、「「廃車」にするか「売却」するか?違いと愛車を手放す前にやるべきことまとめ」でわかりやすくご紹介していますので、ぜひこちらを確認してください。

4. 廃車にかかる費用まとめ

車を廃車にするための費用の相場は2万円です。動かなくなった車の運搬や解体、業者への代行手数料が発生するからです。場合によっては5万円以上もかかることがあります。

しかし、実はこんな無駄な費用を支払う必要はないのです。なぜなら、買取業者を利用すれば高く売却することができるからです。たとえ事故で動かない車や何年も放置されていた車検切れの車などであっても、廃車にする前にまずは買取業者の査定を受けてみましょう。そして賢く車を手放してください。