バイクガレージ選びのポイントとおすすめを徹底解説!

大切な愛車のためにはバイクガレージは欠かせませんよね!雨や紫外線から守ったり、防犯対策にもなりますし、メンテナンスやカスタムスペースにもなります。もちろん、見た目のかっこよさも魅力的ですので、バイクガレージ選びにワクワクされている事でしょう。

もしかしたら、こだわりの内装にカスタムしたりガレージ用品を用意したりして、休日には1日中バイクを楽しむガレージライフをイメージされているかもしれませんね。

しかし、そんな憧れのガレージライフを手にする前に、

「どれくらいのサイズを選べばいいのかわからない」

「種類が多すぎてどのタイプ・メーカーがいいのかわらかない」

「ガレージ設置費用はいくら必要なんだろう」

などと迷われているのではないでしょうか。

確かに、様々なメーカーや種類、オプション品などがありますし、ガレージの本体価格だけではなく設置費用も気になるところです。

そこで今回は、バイクガレージ選びに困らないように、おすすめのガレージをご紹介していきたいと思います。もちろん、1人ずつ最適なガレージが異なりますので、その選び方まで詳しくお伝えします。どれにしようかと選んでいる時間も楽しいですが、バイクのためにも、そしてガレージライフをスタートさせるためにもぜひ最後までチェックしてください。

1. バイクガレージを選ぶポイント

バイクガレージを選ぶ際には、サイズやメーカー、オプション品など様々な選択基準がありますが、まずはじめに確認していただきたいポイントは次の3つです。

  1. バイクガレージのタイプ
  2. バイクガレージのスペック
  3. バイクガレージの設置方法

この2つのポイントから、あなたにとって最適なガレージを探し始めてみましょう。

1-1. バイクガレージのタイプ別で選ぶ

まず1つ目に、バイクガレージには次の3つのタイプがあります。

  • スタンダード型
  • ライト型
  • オリジナル型

それぞれの特徴がありますので詳しく確認していきましょう。

①スタンダード型

(画像元:株式会社稲葉製作所

まずバイクガレージといえば、このようなスタンダード型があります。イナバ物置、タクボ物置、ヨド物置などの国内メーカーが製造しているガレージが一般的なので安心感もあります。

スタンダード型は、防犯対策や強度にも優れていますし、サイズも豊富に揃っていますので、どなたでも、どのバイクでもおすすめできるタイプになります。

また、各メーカー共にバイク専用の製造をしており、それぞれの工夫やオプションも用意されています。

ガレージの大きさにもよりますが、金額は10万円台~30万円台程度となっており、金額面でもスタンダードなタイプです。

②ライト型

(画像元:ガレイジー

ライト型は、いわゆるガレージというよりもテントのようなタイプです。防犯対策という点ではスタンダードタイプに劣っていますが、数万円程度で購入できる価格が魅力です。雨風を防ぐことができればい良いという方におすすめです。

③オリジナル型

(画像元:ガーデナップ

バイクガレージといえば、海外映画に出てくるようなおしゃれな外観のガレージを思い浮かべる方も多いでしょう。そんな個性的でこだわりを持ったガレージが欲しいという方はオリジナル型を検討してみてください。

DIYで作るおしゃれなキットハウスもありますので、ガレージの設置も楽しみたいという方にはおすすめです。

1-2. バイクガレージのスペックで選ぶ

バイクガレージ選びの2つ目のポイントは、スペックを確認する事です。特に、ガレージのサイズが決まれば、選択肢が絞り込まれるので選びやすくなります。

今回は以下の3つのスペックを詳しく確認していきます。

  • サイズ
  • 防犯対策
  • 値段

①サイズ

まずは、バイクガレージを設置する予定の場所の広さを確認しておきましょう。ポイントは、ガレージ本体のサイズだけではなく、ガレージを設置するための土台・基礎のスペースも見積もっておくことです。

実際に設置できるサイズの確認は、メーカーや販売店と相談していただくことをおすすめします。その際に、設置予定場所の広さが把握できているとガレージ選びもスムーズに進みます。

②防犯対策

ハーレーは盗難被害も多いため防犯対策が欠かせません。窃盗犯は盗むために時間がかかるものを嫌がります。バイクガレージも防犯性能を確認して選ぶことが大切です。

③金額

バイクガレージの金額は安いものから高いものまで様々あり、100万円を超えるものもあれば、数万円で購入できるものもあります。ここまでお伝えしたような、バイクガレージのタイプ、サイズ、防犯対策などを加味して予算と相談しながら候補を絞り込んでいきましょう。

1-3. バイクガレージの設置方法

スタンダード型のバイクガレージには次のような2種類の設置方法があります。

  1. 床付きタイプ
  2. 土間タイプ

床付きタイプとは、ガレージ自体に床が付いているもので、土間タイプはガレージの床が無くてコンクリートの上に設置するものになります。

①床付きタイプ

(画像元:株式会社稲葉製作所

床付きタイプは特に基礎工事が必要ないので1日で設置することも可能です。簡単に設置できるため自分で組み立ててしまう人もいます。

床付きタイプの注意点は床耐積重土台ブロックの高さです。

床耐積重は単純に床耐積重とバイクの重さを見れば良いというわけではありません。表記されている数字で判断したくなりますが、実際にバイクの重さを支えているのは前輪と後輪の2点のみです。特に重量のあるハーレーを保管する場合には、メーカーや販売店に相談することをオススメします。

土台ブロックの高さは重要です。そのブロックの高さ分、バイクを持ち上げなければいけないことになります。高さ分のスロープを設置することになりますが、スロープがあったとしてもバイクを持ち上げるのは大変な作業です。半クラッチで前に進むことができても、バイクの出し入れはかなり大変という感想を持っている方もいるようです。バイクだけでなく、人がバイクを押して入庫できるスペースも併せて検討しましょう。

メリットとしては、簡単に設置できるため、簡単に移動することも撤去することも可能です。諸事情によってガレージを移動、撤去しなければいけなくなったときも、作業は比較的容易になります。

②土間タイプ

(画像元:株式会社稲葉製作所

ガレージ本体の値段だけを見れば土間タイプの方が安価になります。しかし、ガレージを設置するためにコンクリートの打ち付けなど基礎工事が必要になることがあります。工事は数万円から、場合によっては十数万円費用がかかる場合もあります。

基礎工事なしで設置される方もいますがおすすめはできません。なぜなら、環境によっては土からの湿気で車体にサビがいくケースがあるからです。

その他、コンクリートを打つことで床耐積重の心配がなくなったり、土台ブロックの高さの心配が無くなるため、バイクをガレージからの出し入れするのもスムーズになります。

コラム①:バイクガレージと固定資産税の関係について

固定資産税は家屋であれば課税の対象となり、定着性という点で課税の条件が決まってきます。その定着性という観点で土間タイプのガレージは地面に固定するので課税の対象になる場合がありますが、床付きタイプであればただ置いているだけなので定着性は無いと判断されるようです。

このバイクガレージと固定資産税に関しては各自治体によって違いがあるようなので、直接自治体に問い合わせ確認しましょう。

2. バイクガレージの定番メーカー

バイクガレージには国内メーカーだけではなく多くの海外メーカーもあり、それぞれの特徴や使いやすさが異なっています。選択肢が多いことで希望にあったバイクガレージを見つけやすくなりますが、どのメーカーにしようか迷ってしまうこともよくあります。

そこで、おすすめの定番メーカーを5つ紹介しますので、迷った時にはこちらのメーカーから選んでいただくといいでしょう。

2-1. イナバ物置

「100人乗っても大丈夫!」のCMで有名なイナバ物置のバイクガレージです。土間タイプが20サイズ、床付きタイプが7サイズと、豊富な種類が揃っています。

(画像元:株式会社稲葉製作所

2-2. デイトナ

デイトナはバイクのパーツやメンテナンス商品を販売する世界的に有名な会社です。「誰でも手が届くガレージライフを提供できないか?」という思いから、バイクガレージジャンルに参入しています。

こうしたデイトナのコンセプトから、ひいきにしているライダーが数多くいます。


(画像元:デイトナ

2-3. タクボ

株式会社田窪工業所が提供する「バイクシャッターマン」。防犯対策に考慮した作りや、耐食性に優れているサビに強い塗装、バイクに適した床板など、随所にこだわりがある作りになっています。


(画像元:TAKUBO

2-4. ガレイジー

(画像元:ガレイジー

ガレイジーの由来が

「簡単お手軽(EASY)ガレージ(GARAGE)=ガレイジー(GAREASY)」

からきているように、DIYで簡単に設置できるバイクガレージを揃えています。また、値段も手軽に手が届くような設定になっているため、予算を抑えたいという方にもおすすめできるメーカーです。

ホームページには海外生産(中国産)ということを明記しており、箱のつぶれや細かな傷については了承の上で購入をしてくださいと注意書きがあります。使用上問題のあるものについては販売しないポリシーを持っているメーカーです。

2-5. SHELLO

(画像元:SHELLO

SHELLOは

「船が港に帰るように、バイクが帰るガレージが欲しい」

というコンセプトのガレージです。

また、社長自身のバイク盗難被害の経験から、バイクオーナーの盗難に対する悩みを解決するために作られたガレージは、4重ロックで防犯性に優れています。盗難被害の多いハーレーオーナーからも、その防犯性を高く評価されています。

コラム②:バイク用レンタル倉庫もおすすめ

(画像元:トランクルーム Space Plus

バイクガレージを検討しているけど、やはり自宅に設置することは難しいという方にはバイク用のレンタル倉庫もおすすめです。シャッターロック、スロープ、内部の棚、地球ロックのフックなど一通り揃っています。

(画像元:トランクルーム Space Plus

バイクコンテナのレンタル料金比較(東京・埼玉・大阪)

地域によって、価格がことなります。希望の地域での料金を確認しておきましょう。

(画像元:トランクルーム Space Plus

参考までに、『スペースプラス』の料金を地域別に記載しておきます。

  • 東京:約9,000円〜17,000円
  • 埼玉:約5,000円〜11,000円
  • 福岡:約8,000円〜17,000円

ライダー目線でライフスタイルを楽しむことに重点を置くのであれば、おしゃれなメーカーものを選びたいところです。

3. 迷ったらコレ!バイクガレージおすすめ3選

ここまで様々な観点からバイクガレージについて解説していきましたが、多くのバイクオーナーから支持を得ている定番のガレージを紹介します。

3-1. イナバ物置「バイク保管庫」

(画像元:株式会社稲葉製作所

品名:イナババイク保管庫 FXN-1326HY 床付
サイズ:1470×2770×2375
価格262,000円(税抜)

※組み立て設置費用:別途要見積もり

3-2. SHELLO「BOX SHELLO」

(画像元:SHELLO

品名:BOX SHELLO-H
サイズ:1370×2630×2375
価格:285,000円(税抜)

※組み立て設置費用:35,000円~

3-3. デイトナ「バイクガレージBASIC」

(画像元:デイトナ

品名:デイトナバイクガレージBASIC(ベーシック)シリーズ ロールーフタイプ DBG-1326
サイズ:1370×2630×2070
価格:248,400円(税抜)

※組み立て設置費用:34,000円~(ガレージのサイズによって異なります)

4. ガレージライフを楽しむおすすめ激選アイテム9個!

最後に、ガレージライフを豊かにエンジョイするためのガレージアイテムを紹介します。機能性に優れたものから、雰囲気が一気に盛り上がる9つのアイテムを激選しました。理想のガレージライフを満喫するためにも参考にしてください。

4-1. 棚・キャビネット

まずはガレージライフの定番アイテムを紹介します。あなたらしいガレージライフの第一歩目として持っておきたいアイテムです。

①ツールワゴン

(画像元:アストロプロダクツ

(画像元:Snap-on

(画像元:モノタロウ

②アンティークバケツ

(画像元:GOOD FARM

単なるポリエチレン製のバケツではなく、アンティークというところがポイント。ガレージに違和感なく溶け込ませることができます。

4-2. 壁面収納アイテム

レンチ、ドライバーなど、メンテナンスに欠かせないツールの収納場所として、壁面を有効活用できるアイテムです。

①ツールホルダー

(画像元:TOOL COMPANY STRAIGHT

②壁取付用ラック

(画像元:TOOL BOX

4-3. 装飾アイテム

ガレージを一味変えてくれる装飾アイテムです。これらのアイテムが揃えば、秘密基地感もグンと増していきます。

①ショップスツール

(画像元:I’s Collection

②ルート66

(画像元:Luise Garage

③USEDナンバープレート

(画像元:HAMAZO

5. おすすめのバイクガレージと選び方まとめ

いかがでしたか?今回の記事ではおすすめのバイクガレージの選び方を紹介していきました。初めてのバイクガレージでどれを選べばいいのか迷っている方に最適な情報をまとめていますので、ぜひ理想のガレージを手に入れるために役立ててください。

また、今回は紹介していませんが、デザイン性に優れたキットハウス、ガレージキットなども販売されています。様々なアイテムを活用することで、理想のガレージライフを手に入れることができます。

ぜひ、お気に入りのバイクガレージを見つけて、ガレージライフをスタートさせましょう!

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービス

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービスダイヤモンドラストコーティングは、私たち最強のガラスコーティンングを求めて最後にたどり着いたガラスコーティングです。

・最高硬度9H以上
・5年以上皮膜が剥れ落ちない
・完全無機質で紫外線による劣化を防ぐ

公的試験データ取得済みの最高品質のガラスコーティングであなたの愛車にかつてないほどの輝きと艶、強固なボディをもたらします。

ラスコジャパン公式HPを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA