【エンジンオイルランキング】性能・人気売れ筋・おすすめ別に紹介!

エンジンオイルの選び方は、「どんなカーライフを手に入れたいのか」によっても大きく違います。何しろ種類だけでなくメーカーの種類もかなりありますから、どれが自分の車に合っているのかを探すだけでも大変です。

そこで今回は、「性能」「人気売れ筋」「おすすめ」別にランキングを紹介!あなたのオイル選びの参考にどうぞ!

1. エンジンオイル性能ランキング

1位:カストール ウルトラクリーン 5W-40

(価格)

※価格につきましては割引きなどの変動があるため、URLでご確認ください

(特徴)

イギリスの老舗オイルメーカーであるカストールは、化学合成油を配合したオイルが人気です。国際的なモータースポーツを長年サポートし続けてきた実績もあり、海外では純正オイルとして使用されていることもあります。

そんなカストロールが、ハイクラスのオーナーに向けて開発したのがウルトラクリーン 5W-40です。このオイルはかつて「GTX XF-08」という名称で販売されていました。ですからその当時から考えれば、かなりのロングヒット商品です。

カストロールのGTXシリーズは高性能が特徴にありますが、その中でも上位にあるのが5W-40です。エンジンの保護にも特化しているため、車を長持ちさせたい人にもおすすめです。

2位:ワコーズ プロステージエス 10W-40

(価格)

(特徴)

化学合成油であるということもあるため、価格としてはかなり高めです。ただプロのドライバーの間でもかなりの愛用者がいるだけに、その性能については高く評価されています。

モータースポーツを長年支え続ける傍らで収集した数々のデータをもとに、過酷なスポーツ走行にもしっかりと対応できる高品質のオイルとして開発されたのがプロステージエス 10W-40です。

粘度としてはやや低いので、ユーザーの多くはオリジナルにミックスさせて使う方が多いです。性能としては申し分ないのですが、純正として使う場合にはあまり向いていないためあえて2位にしました。

3位:モービル 10W-40

(価格)

(特徴)

高性能スポーツ車のオーナーに昔から根強い人気があるのが、モービル10W-40です。エンジン保護性能に特化し、あらゆる環境・スポーツ走行に対応した柔軟性が特徴です。

何しろ高級外車の代表格であるポルシェ・シボレー・ベントレーの一部車種で純正オイルとして提供されているほどの信頼性!上質な走りと安心を手に入れたいのであれば、ぜひ試してほしいオイルです。

4位:TAKUMI HIGH QUALITY 5W-30

(価格)

(特徴)

TAKUMIは日本のメーカーです。開発はもちろん日本で行われましたが、その性能は高く評価され今や世界21ヵ国で販売されています。

ハイクオリティーシリーズは5W-30を含め全部で5種類ありますが、手頃な値段で高品質のガソリンエンジン用オイルとなると5W-30がおすすめになります。

5位:NUTEC ESTER RACING NC-50  10W-50

(価格)

(特徴)

スポーツ走行やレース走行をメインにするユーザーからの人気が高いのが、ニューテックのNC-50 10W-50です。NCシリーズのNC-41 10W-50をベースに、性能は維持しつつ価格を抑えたのがNC-50 10W-50です。

基本的に自分でチューニングすることが前提のオイルなので、ミックスしやすいように紙パック容器に入っている点も特徴といえます。

NCシリーズには他にも用途に合わせてスペックの異なるオイルがあるので、細かなドライバーのニーズにも的確に対応できるという点が高く評価されています。

2. エンジンオイル人気売れ筋ランキング

1位:モービル 10W-40

(価格)

(特徴)

性能ランキングでも第3位のモービル10W-40は、人気売れ筋ランキングでは堂々の1位です!やはり性能の高さはもちろんですが、定期的に交換が必要になるオイルなだけに価格も重要になります。

納得できる品質と安心して使い続けられる価格が評価されています。

2位:TAKUMI モーターオイル X-TRENE 5W-50

(価格)

(特徴)

メイドインJAPANで高品質×低価格となれば、人気第2位となるのも納得です。

この価格であれば、「街乗りタイプ」でも高品質のオイルを楽しむことが出来ます。何しろ100%化学合成油でこの価格なのですから、ぜひともおすすめしたいオイルです。

3位:モービル スーパー2000 ハイマイレージ10W-40

(価格)

(特徴)

車にあまり詳しくない人でも、モービルのマークは見たことがある人の方が多いはず!世界はとにかく日本でも昔から有名なモービルのオイルですから、品質は間違いなく満足できます。

モービルの10Wシリーズは他にもランキングしていますが、スーパー2000ハイマイレージ10W-40は、走行距離6万キロ以上のハイマイレージ車のエンジン保護に特化しているオイル!

だからコンディションを維持しながら、大事に最後まで乗り続けたいと思っているオーナーから注目されています。

4位:TOYOTA キャッスルSN/CF 5W-30

(価格)

(特徴)

トヨタ車のオーナーにはおすすめのオイルです。何よりも純正品ですし、低価格で高品質のオイルとなればやはりキャッスルの5W-30が一番!そのため売れ筋ランキングでも上位に入っています。

5位:カストール DCターボ 10W-30

(価格)

(特徴)

ノンターボ車と違いエンジン性能が高いターボ車の場合は、やはりターボ専用のオイルを使うのが一番です。「品質は高いけれど安心できる価格」という点が人気のポイントになっています。

3. エンジンオイルおすすめランキング

1位:カストロール EDGE 5W-40

(価格)

(特徴)

カストールには様々なタイプのオイルがありますが、その中でもEDGEシリーズは定番!中でもEDGE 5W-40は、価格が高いといわれる化学合成油なのに手頃な値段が人気です。性能はもちろん◎!

「高い」といわれて敬遠されがちな化学合成油が手ごろな値段で手に入るという点に注目したら、やはりカストロールのEDGEは外せません。

2位:TAKUMI モーターオイルMULTI GEAR 75W-90

(価格)

(特徴)

化学合成油です。TAKUMIのマルチギアシリーズの中で最高品質といわれているのが5W-90です。

あらゆるレースシーンに対応できるように独自に開発した耐摩耗性添加剤を配合しているため、過酷な走行でも安定した走りを約束してくれます。

3位:カストロール GTX 10W-30

(価格)

(特徴)

老舗メーカーのカストロールオイルの中でも高品質が評価されているのが、GTXシリーズです。

高品質だとどうしても価格が気になるところですが、GTX 10W-30は鉱物油なのでかなり安く手に入ります。そのため数あるカストール商品の中でも超定番オイル!

「安くてもいいオイルが欲しい!」という人や「初めてのオイル選びで悩んでしまう…」という人におすすめです。

4位:カストール EDGE 5W-30

(価格)

(特徴)

EDGEシリーズの中でも燃費を重視したい人におすすめしたいのが、5W-30です。ガソリン車・ディーゼル車兼用なので、車種を選ばず幅広く使えるのがおすすめです。

5位:TOYOTAエンジンオイル キャッスル SN/CF 5W-30

(価格)

(特徴)

ガソリン車・ディーゼル車兼用のオイルです。高速走行の安定性は、鉱物油のオイルとしては驚きの高さです。コスパも安定性も満足したいオーナーにおすすめしたいオイルです。

4. エンジンオイルの選び方の注意点

どんなに良いオイルであっても車の車種に対応していない場合、オイル本来が持つ効果は期待できません。効果を実感しないばかりか、逆にエンジンを傷めてしまう原因になってしまいます。

値段をチェックするのも大切ですが、それ以前にあなたの車と合っているかを必ずチェックするようにしてください。

5. エンジンオイルランキングまとめ

数あるオイルの中から「性能」「売れ筋」「おすすめ」ランキングを紹介しましたが、参考になりましたか?

オイル選びはあなたのカーライフを大きく左右します。ぜひあなたの車に合ったものを選んで、より快適なカーライフを手に入れてくださいね。

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービス

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービスダイヤモンドラストコーティングは、私たち最強のガラスコーティンングを求めて最後にたどり着いたガラスコーティングです。

・最高硬度9H以上
・5年以上皮膜が剥れ落ちない
・完全無機質で紫外線による劣化を防ぐ

公的試験データ取得済みの最高品質のガラスコーティングであなたの愛車にかつてないほどの輝きと艶、強固なボディをもたらします。

ラスコジャパン公式HPを見る

無料EBOOK『まだコーティングはするな!フルアーマー車を作れるガラスコーティング選び【完全保存版】』

この本では、コーティング業界の歴史、正しい洗車の方法、ガラスコーティングの成分別の違いと正しい選び方を紹介しています。ネットではどこにも公開されていない業界の裏話やガラスコーティングの真実を余すことなく書籍にまとめられています。

この本を読めば、プロでも知らないガラスコーティングの正しい知識が身につき、業者にダマされずに自分自身で愛車に最適なガラスコーティングを選ぶことができるようになるでしょう。