車を売却する時税金が必要?売る前に知っておきたい税金の話

車を売る時きになるのが、税金等々は戻ってくるのでしょうか?年に1回自動車税を払いますし、2年に1回は車検を通すことになります。このときの費用、戻ってきたら嬉しいですよね。

そこで今回この記事では、車を売却する時に税金が必要かどうか、税金の話をしていきます。

1. 車を売却時に注意したい税金の種類

車を単に売却すれば終わりではなく、そこんは色々と面倒くさい税金が絡んできます。そこでこの項目では、売却の際に絡んでくる車の税金について解説をしてまいります。

1-1. 自動車税

まずは自動車税についてからです。自動車税は車を持っているユーザーにとって、年に1回頭が痛くなるイベントの一つですよね。

この自動車税は、毎年4月1日現在で車を保有している人全員が支払わなくてはならない税金であり、車の排気量によって金額が変わってきてしまいます。当然排気量が多い自動車の方が、多くの税金を払わなくてはなりません。

1-2. 自動車重量税

その他の税金として、自動車重量税があります。これは自動車の重量ごとに税金がかせられるのですが、当然重たい自動車のほうが多く税金を払わなくてはなりません。自動車重量税は通常車検の時に支払うことになります。そのため、二年に1回は必ず支払ってることになります。

しかし、この税金には還付という仕組みはなく、仮に車検を通してからすぐに売却を行った場合、2年間無駄に重量税を支払ったことになります。車検を通す前に売却してしまえばその心配はありません。

1-3. 所得税・消費税

所得税と消費税は一見関係ないと思われがちですが、実は関係することがあります。例えば、所得税については、自動車を売却した場合、それが収入と取られる可能性もあるため、その際は所得税を納める義務が発生します。

また、消費税については商売として自動車を売却した場合は、それは事業と見なされ消費税を支払う義務が生じるので気をつけましょう。

2. 自動車税は車の売却後に還付される?

自動車を売却したら自動車税は還付されるのか?その答えは先程話したとおりイエスです。次に話す事を基準に、自動車税が還付されるので安心してください。

2-1. 自動車税が還付される場合

通常であれば自動車を売却した翌月から、次の3月までの期間分の自動車税が払い戻されるのです。つまり、売却した後にこれを申請しないと、もらえないというわけではなく、売却時に乗らなくなった機関分の自動車税を上乗せして売却をしてくれます。

無いとは思いますが、万が一売却時の明細に自動車税の明記がない場合は、売却先に問い合せをしたほうがよいでしょう。

・普通自動車の場合

参考までに普通自動車の自動車税を記載します。

総排気量1リットル以下 29,500円
総排気量1リットル超1.5リットル以下 34,500円
総排気量1.5リットル超2リットル以下 39,500円
総排気量2リットル超2.5リットル以下 45,000円
総排気量2.5リットル超3リットル以下 51,000円
総排気量3リットル超3.5リットル以下 58,000円

・軽自動車の場合

参考までに軽自動車の自動車税を記載します。

乗用(5ナンバー)の自家用 10,800円
乗用(5ナンバー)の業務用 6,900円
貨物(4ナンバー)の自家用 5,000円
貨物(4ナンバー)の業務用 3,800円

2-2. 車を売却した時の自動車税の扱い

そして売ったのになぜか、自動車税を払わないといけないこともあります。例えば、3月の時点で自動車を売却をしたとします。これだけみると、先程4月1日に自動車を持っている人が自動車税を払うことになると話をしましたが、該当しませんよね。しかし、手続き等が遅れて名義変更が4月にずれ込んだ場合、売却したとしても名義が4月まで残り、自動車税を払わなくてはならないのです。

2-3. 車売却のタイミングには要注意!

先程ご紹介した例で話しをしますと、4月の翌月からの分は還付されるのですが、1ヶ月分は無駄に払うことになります。そのため、売却の日程は4月またぎそうな場合は慎重に考えましょう。特に3月中に売却を済ませたとしても、事務処理等の遅れで名義変更等が遅くなる可能性がありますので、余裕を持った売却計画を立ててください。

3. 自動車重量税は車を売却するとどうなる?

先程も紹介をしましたが、自動車重量税は基本的には車検の時に一緒に払うことになります。車検が二年に一回なので二年分の自動車重量税を一度に収めることになります。しかし自動車重量税は、先程の自動車税とは違い還付というシステムが無いので、例え車検を受けてから1ヶ月後に売却を使用が1年後に売却をしようが還付されることはないので覚えておきましょう。

4. 車の売却で所得税・消費税がかかる場合とは?

先程少し紹介をしましたが、車の売却時に所得税と消費税がかかる場合はどのような時なのか詳しく見ていきましょう。

4-1. 所得税がかかる場合

まず所得税がかかる場合なのですが、転売屋営業目的で車を売却した場合は、そこで得た利益は所得税の対象になります。つまり基本的には、営業目的でなければ所得税はかからないということです。

しかし、自家用の車であっても次の時は所得税を支払わないといけないのです。それが次の2点です。

会社への通勤以外の目的として使っている場合(遊び等で)
売却金額が50万円を超える場合
上記の場合は、所得税の支払義務が生じ、確定申告を行わなければならないのです。つまり通勤以外で使わなければ、所得税を払わなくてもいいということになりますね。

4-2. 消費税がかかる場合

消費税に関しては、先程の所得税と同様に転売等を目的としない限りは払う必要はありません。通常の車の売却についてはそのような心配をする必要はないのです。

4-3. 車売却後の確定申告について

この項目最後になりますが、確定申告についてです。営業を目的とした販売等については所得税と消費税を確定申告時に報告しなければなりませんが、そうでない場合は次のようなことが考えられます。

・通勤のみで使った車の売却

→確定申告の必要なし

・通勤以外で使い50万円未満で売却

→確定申告の必要なし

・通勤以外で使い50万円以上で売却

→確定申告の必要あり

このようになりますので、該当する場合は確定申告するようにしましょう。

5. 車を売却する時の税金に関する手続き方法

基本的に車売却に関する、税金に関する手続きは必要ありません。先程話しました、「通勤以外で使い50万円以上で売却」場合にはと仕上げの確定申告時に報告する義務は生じますが、それ以外については必要ないので覚えておきましょう。

6. 売却したい車に税金の未納や車検切れがある場合

売却したい車が税金未納であったり車検切れであっても、買い取ってくれる業者はありますが、基本的にはあまりいい顔はしないでしょう。自動車税はどちらにしても還付されますし、車検については切れる前に売却したほうが高く売ることができます。どうしてもそうしないと行けないときだけ考えるようにしましょう。

7. まとめ

いかがでしたでしょうか?以上が今回の記事、「車を売却する時税金が必要?売る前に知っておきたい税金の話」になります。通常であれば、自動車税くらい気にすれば、後は気にする必要が無いことがほとんどです。余計に払った分の自動車税も、売却金額の上乗せで戻ってきます。

しかし、場合によっては所得税扱いになるので、その際はしっかりと確定申告の手続をするようにしましょう。

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービス

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービスダイヤモンドラストコーティングは、私たち最強のガラスコーティンングを求めて最後にたどり着いたガラスコーティングです。

・最高硬度9H以上
・5年以上皮膜が剥れ落ちない
・完全無機質で紫外線による劣化を防ぐ

公的試験データ取得済みの最高品質のガラスコーティングであなたの愛車にかつてないほどの輝きと艶、強固なボディをもたらします。

ラスコジャパン公式HPを見る

無料EBOOK『まだコーティングはするな!フルアーマー車を作れるガラスコーティング選び【完全保存版】』

この本では、コーティング業界の歴史、正しい洗車の方法、ガラスコーティングの成分別の違いと正しい選び方を紹介しています。ネットではどこにも公開されていない業界の裏話やガラスコーティングの真実を余すことなく書籍にまとめられています。

この本を読めば、プロでも知らないガラスコーティングの正しい知識が身につき、業者にダマされずに自分自身で愛車に最適なガラスコーティングを選ぶことができるようになるでしょう。