車を売る時期で買取価格が変わる?効率よく車を売却する方法とは?

もしあなたが車を売ろうと考えているのなら、どうせなら高く買い取って欲しいですよね。

しかし、何をどうしたら高く買い取ってくれるのか、知らない人が多くおります。車の状態も査定の結果に大きく影響をしますが、それ以外にも車を売る時期も大きく査定に影響を与えるのです。

そこで今回この記事では、車を売る時期によって、査定にどんな影響が出るのか解説をしていきます。

1. 車を売る時期は1月〜3月がおすすめ!

一般的に車が高く売れる時期というのは決まっており、日本の場合は1月〜3月の間が通常より高く売れる時期になります。これには色々と理由があるのですが、一つの理由としてはこの時期が日本全体が入れ替えの時期だからなのです。

例えば、新年度になることで新社会人や転勤、そして進学といった新たな門出の日でもあります。その中には、移動手段としてどうしても車が必要であったり、学校等を卒業して車を持ち始める人が多くいるからなのです。こう言った背景のため、車の需要が拡大して車の売却価格も上がるという仕組みになります。

2. 車を売る時期で査定額が大きく変わる理由

それでは詳しく車が売れる時期の理由を解説します。大まかな理由は先ほど話した通りなのですが、厳密には1月〜2月の方が車の売却需要は高まります。なぜかと言うと、車の需要のピークを迎えるのは3月になるため、1月〜2月の間にその時に販売する車をキープしておきたいのです。

普通に考えて3月終わりに車を売っても、それをすぐに販売できるわけではありません。しっかりと整備や清掃を行わなければなりませんので、それを考えると1月〜2月に売却の需要が広がるのは当然ですよね。そのため、もし車の売却を考えているようなら、遅くても3月の上旬までには売却することをおすすめします。

そして実は9月も買取価格が上がりやすい期間でもあります。あまり知られていないことなのですが、3月と9月と言うのは、買取業者の決算期でもあります。そのため買取強化月間として、買取を強化する買取業者が増えて来るのです。

3. 車が高く売れる時期を逃したらどうすればいい?

ここまで話しておいてあれですが、もし高く売れる時期を逃したとしても、売りたいのであれば売る方が良いでしょう。なぜなら、その高く売れる時期まで待っていると、当然車を保管しておかなければなりませんし、駐車場を借りている人はその料金も無駄に発生します。

また、買い替えを考えているのなら、その分だけ買い替えるタイミングが遅くなりますし、中古車の場合はそれが売却されてしまう可能性もあります。

そのため、高く売れる時期に売りたいのはわかりますが、その期間まで待つことで色々と不利益が発生することも覚えておかなければなりません。

それにあまり待っていると、本来打っておけば払う必要もない自動車税や車検も発生する可能性もあるので、高くれ売れる時期はあくまで目安と捉えておいて、あまりこれに縛られないようにしましょう。

4. 車を売るならタイミングが重要!知っておきたい4つのポイント

車を高く売るときに、売る月が大事なのは今の話でわかったことでしょう。しかし、これ以外にも大事なポイントが4つほどあります。下記には、「車の走行距離」と「車の年式」、「車検」と「税金」のポイントに絞って解説をします。

4-1. 車の走行距離

まず最初に確認しないといけない点は、車の走行距離になります。自動車業界が車の売買をするときに、車の走行距離の多い少ないは、製造されてから1年に1万キロいっているかいないかで判断されることが多いです。

つまり製造されてから10年経っている車が10万キロいっていれば普通ですし、それよりも多ければ走り過ぎ、少なければ走っていないと言うことになります。

走行距離が多いからと行って、すぐに査定に影響出るわけではありませんが、多く走っている分各所にガタがきていると判断されて、査定額に悪い影響を与える可能性があります。

また、古い車ほど今ほど技術が進化していないので、よりその査定の結果が顕著に出てきます。(人気なレトロカーとかは覗く)

一つの目安としては、10万キロ走っているかそうでないかで、査定価格が大きく変わることがあるので、もし売却を考えていて10万キロ行きそうであるのならば早めに売却をした方が良いでしょう。

4-2. 車の年式

走行距離だけではなく、車の年式でも査定に大きな影響を与えます。もちろん年式が新しい方が高く売れるのですが、どれくらい影響があるのでしょうか?どれくらいの価値が下がるのかと言うと、おおよそ毎年10%ほど価値が下がっていくと考えれば良いです。

わかりやすく、例えば100万円の車を例えると、一年たつと90万円、二年経つと81万円と毎年毎年その時の価格から下がっていくわけです。(貴重な車は除く)だいたい8年以上立ってしまうと車の価値は無くなると言われておりますが、日本車は海外でも非常に人気があり、特にスポーツタイプの車は昔の車でも今でも非常に高価に買取がされている部分もあります。

そしてこの件で覚えておいて欲しいことは、1月1日が基準になっていると言う点です。この時がくると、一年年式が古くなると言うことです。これを基準に自分の車が何年年式が古くなっているのかを知ることができます。

4-3. 車検

車を売却するときに気をつけないといけないことは、車検のタイミングになります。たまにですが、車検を通してから売却した方がいいのかと言う話をいただきますが、それは意味がありません。なぜなら、車検はそれほど査定価格に影響がなく車検時にかかった金額の元を取れることはありえません。

しかも車検を通すと自動車重量税も一緒に払っていることとなり、これは国に申請を出しても自動車税のように還付があるわけではありません。払うだけ無駄ということなのです。

また、車検が残り一年の場合は、査定に多少プラスがつくことがありますが、一年を切ってしまうと基本的には査定にとってはマイナスになります。すでに一年切ってしまったのならしょうがありませんが、もしまだ残り一年車検があるようなら、早期に売却を検討した方が多少高く買い取ってくれることでしょう。

4-4. 税金

車の税金には様々なものがありますが、先ほど話した自動車重量税は戻ってくることはありません。しかし、自動車税は戻ってくるのです。自動車税を払わないといけない人は、4月1日の段階で車を保有している人になります。皆さんも毎年この月は自動車税の払込で嫌な思いになりますよね。

例えば売却したのが8月だとして、次回の4月1日まで7ヶ月あるので、その期間の自動車税が還付されるということなのです。ただ注意が必要なのは、自動車税を払いたくないから3月に売却をしたとしても、手続きが遅くなり名義が4月1日まで残ってしまった場合は、自動車税を一度払って、残りの11ヵ月分の還付を受けることとなります。つまり1ヶ月分損をするので気をつけてください。

5. 車を高く売るための時期とタイミングまとめ

いかがでしたでしょうか?以上が今回の記事、車の売却時期で買取価格が変わるになります。これを見てわかったと思いますが、あまり買取の時期を意識しすぎると、車検や自動車税、本来払わなくてもいいような税金を払う羽目になり、余計な出費につながります。

これはあくまで目安にとどめていただき、売りたいときはすぐに売るようにした方が一番いいでしょう。

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービス

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービスダイヤモンドラストコーティングは、私たち最強のガラスコーティンングを求めて最後にたどり着いたガラスコーティングです。

・最高硬度9H以上
・5年以上皮膜が剥れ落ちない
・完全無機質で紫外線による劣化を防ぐ

公的試験データ取得済みの最高品質のガラスコーティングであなたの愛車にかつてないほどの輝きと艶、強固なボディをもたらします。

ラスコジャパン公式HPを見る

無料EBOOK『まだコーティングはするな!フルアーマー車を作れるガラスコーティング選び【完全保存版】』

この本では、コーティング業界の歴史、正しい洗車の方法、ガラスコーティングの成分別の違いと正しい選び方を紹介しています。ネットではどこにも公開されていない業界の裏話やガラスコーティングの真実を余すことなく書籍にまとめられています。

この本を読めば、プロでも知らないガラスコーティングの正しい知識が身につき、業者にダマされずに自分自身で愛車に最適なガラスコーティングを選ぶことができるようになるでしょう。