愛車コーティング後の洗車方法徹底解説

「ずっと新車時の綺麗さを保ちたい。」「車をピカピカにしたい。」「車に艶を出したい。」「車に細かい傷をつけたくない。」このような要望があり、愛車のコーティングをされていると思います。コーティングをすると汚れはつきにくくなるものの、汚れはつきます。付着した汚れを長く放置しておくと酸化し、コーティング層を侵食してきます。そのため、愛車を綺麗に保ちたい場合は、定期的な洗車が必要になることを理解しておくことが第一歩となります。ここでは、愛車のコーティング後の洗車方法について解説していきます。

1.愛車コーティング後の洗車のポイント

特に大事なポイントは、洗車をする前に、愛車がどのコーティングをしているのか確認することです。専門業者に頼んだ場合は、その業者に聞いておきましょう。自分でコーティングした場合は、コーティング剤の説明書きを確認してください。

コーティングは、大きく2つ「ガラスコーティング」と「ポリマーコーティング」に大別されます。

古いタイプの「ポリマーコーティング」は塗装面への接着力が弱かったために、カーシャンプーは使っていけなく、水洗いのみのものがありました。現状で市販されているもののほとんどは、カーシャンプーが使えます。

洗車方法としては、手洗い 洗車機を使う場合と比べて、細かい部分も洗うことができるため手洗いの方が綺麗になります。また、手洗いの方が、コーティングを守りながら洗うことができます。

2.自分で手洗いする方法

コーティングをすると、汚れはつきにくくなるものの、細かい汚れはついています。そのため、水洗いするだけよりも、カーシャンプーを使って洗った方が汚れは落ちます。水洗いのみの場合、どうしても油汚れが落ちづらいからです。コーティングの本来の力(艶、水はじき等)を発揮させるためにも、コーティング表面についた汚れをしっかり落とす必要があります。

2-1.どんなカーシャンプーを選べばいい?

コーティング車で使えるカーシャンプーは、コーティング施工業者おすすめのもの、コーティング剤メーカー指定のもの、界面活性剤以外入っていないものになります。専門業者が使用する有名なコーティング剤の場合、専用のメンテナンスクリーナーが提供されていて、それを使って洗車することがおすすめされています。

自分でコーティングした場合、そのコーティング剤とセットになったメンテナンス製品が提供されていないことがあるため、どのシャンプーを選んだらいいか分からない場合があります。最近では、メンテナンス商品とセットになったコーティング剤も出てきています。

カーシャンプーは、水垢とりやはっ水など、他の機能(材料)が追加されていないシャンプーを選ぶ必要があります。特に、研磨剤入りのカーシャンプーは使用しないようにしてください。研磨剤によって、コーティングが剥離してしまいます。研磨剤入りの場合は、「コーティング車には使用できない」旨の記載があります。

そして、泡立ちが良いものが良いです。泡立てることで、コーティング表面についた細かい砂などの固形物を包みこみ、それらが直接コーティングをこすり傷つけることを防ぐためです。油と水を混ぜる界面活性剤の質が泡立ちに影響してきますので、安物ではなく、500㏄で1000円前後のものを選ぶと良いです。

また、生分解性(微生物によって分解される性質を持つ)の界面活性剤であれば、環境への負担をかけずに済むのでより良い選択といえます。

2-2.いつ洗車するのがいいの?

気温が高い真夏日などは、シャンプーが途中で乾いてしまい、シミになる場合があります。風の強い日も、砂やほこりが、舞い飛び洗車するはずが、くっついた砂も一緒にこすってしまい、傷がついてしまうこともあります。雨が降っておらず、風も強くなく、気温が高くない、午前中や夕方がねらい目です。

2-3.洗車の手順

まずは、足回りから洗います。タイヤ、ホイールを水で洗い流しブラシでこすります。ホイールはホイールクリーナーなどを使うと汚れを浮かして落としやすいです。

バケツの中でカーシャンプーを水で薄めたシャンプー液を作ります。

スポンジにシャンプー液をつけて、ボディの細かい部分(ライト周り、ナンバープレート周り、ドアノブなど)を先に洗います。

車全体に水をかけて、泥汚れなどを落とします。

スポンジにシャンプー液をつけて、ボディを上から下に洗っていきます。パーツ毎に洗い終わったら、シャンプー剤を流してしまうことで、シャンプー液が乾いてシミになってしまうことを防ぎます。まずは屋根を洗い、洗い終わったら、シャンプー剤を流す、ボンネットを洗ったら、流すという感じです。

流し終わったら、水滴が残らないようにふき取っておしまいです。水滴が残っているとシミになってしまいます。

3.コーティング車は洗車機で洗える??

コーティング車の場合、上記で説明したように、洗車機より、手洗いの方が汚れが良く落ち、コーティングを守ることができます。それでも、洗車する時間が取れない方や面倒くさい方は、全く洗わないくらいなら、洗車機を利用することをお勧めします。やはり、長い間、コーティング面への付着物を放置することで、コーティングを腐食してしまい劣化するからです。

3-1.コーティング車を洗車機で洗車するときの問題点

ガラスコーティングの場合は、コーティング剤が車の塗装面と科学反応することで密着させるという性質のため、洗車により、コーティングが剥がれることはありません。ポリマーコーティングでも、洗車機でコーティングが剥がれてしまうことはありません。

コーティング車を洗車機で洗車するときの一番の問題は、コーティング面に付着している砂、埃などの付着物による洗車傷になります。洗車機では、最初の水洗いの時間が少なく、車のボディに付着している砂や埃をとりきれず、ブラシでこすってしまう可能性があるからです。

ノンブラシ式やスポンジ式洗車の方が洗車傷は少なくなりますが、洗浄力はブラシ洗車の方が高くなります。ただし、近年洗車機の性能が高くなっていて、セルフクリーニング機能で、洗車前にブラシの洗浄を行ったりして、洗車傷が入ってしまう確率も減ってきています。

3-2.コーティング車を洗車機で洗う時の注意点

コーティング車を洗車機で、洗車する場合、「撥水洗車」や「ワックス洗車」を選んでしまうと、せっかく上質なコーティングの上に、安価な撥水剤やワックスが乗ってしまうことになります。「シャンプーコース」を選択するようにしましょう。

洗車後は、水分のふき取りをしましょう。コーティング面に水分が残っている場合、砂や埃がくっついてしまいやすくなるからです。この時、タオルや布地は繊維の目が粗いためNGです。セーム革や合成セームを使用しましょう。

4.まとめ

以上、愛車コーティング後の洗車方法について見てきました。コーティングをしていても、定期的に洗車をしないと、コーティング面の付着物により、コーティングが侵食されてしまいます。手洗いが洗車機よりも汚れが綺麗に落ち、コーティング面へのダメージも少なくなりおすすめですが、手間と時間をかけれない方などは、洗車を全くしないくらいなら、洗車機の使用をお勧めします。また、最近は洗車機の機能も進化しているため、
コーティングへのダメージもそれほど気にしなくても良くなっています。

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービス

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービスダイヤモンドラストコーティングは、私たち最強のガラスコーティンングを求めて最後にたどり着いたガラスコーティングです。

・最高硬度9H以上
・5年以上皮膜が剥れ落ちない
・完全無機質で紫外線による劣化を防ぐ

公的試験データ取得済みの最高品質のガラスコーティングであなたの愛車にかつてないほどの輝きと艶、強固なボディをもたらします。

ラスコジャパン公式HPを見る

無料EBOOK『まだコーティングはするな!フルアーマー車を作れるガラスコーティング選び【完全保存版】』

この本では、コーティング業界の歴史、正しい洗車の方法、ガラスコーティングの成分別の違いと正しい選び方を紹介しています。ネットではどこにも公開されていない業界の裏話やガラスコーティングの真実を余すことなく書籍にまとめられています。

この本を読めば、プロでも知らないガラスコーティングの正しい知識が身につき、業者にダマされずに自分自身で愛車に最適なガラスコーティングを選ぶことができるようになるでしょう。


 

ABOUT監修・執筆

里見昌幸

ラスコジャパン開発部 部長

車業界20年。自動車オイルメーカーや自動車塗装業、カー用品全国NO.1店などを経験し独立。高級車や旧車をさらに魅力的に大切にキープする方法にフォーカスする。2007年に立上げた「極み洗車の匠」は、ランボルギーニ、フェラーリ、ベントレー、マセラティ、ポルシェ、アルピナ、BMW、アウディ、アルファロメオ、レクサスなど、コーティング後の劣化やキレイにならない洗車で困っている、意識の高いクルマ好きの最後の駆け込み寺的にもなっている。