ラストコーティングでは、様々なご縁で著名人の方のプライベートカーに、ダイヤモンドラストコーティングを施工させていただいておりますが、今回、そのご縁でレーシングドラーバーの荒聖治さんのBMW523dに施工させていただきました。

新車から5ヶ月程度経過しているとのことでしたが、下地の状態は良く、大切にされていることが伝わってきました。

今回施工させていいただいたコーティング剤は、ダイヤモンドラストコーティングの親水性タイプです。ギラギラとしたツヤではなく、上品な仕上がりになるのが特徴です。

太陽の下でもツヤと輝きが増しているのがわかりますが、屋根の下で蛍光灯を当てると曲面のツヤ感とボディの鏡面仕上げの度合いがよくわかります。

ダイヤモンドラストコーティングは従来のコーティングでは不可能だったメッキや樹脂パーツにも施工可能です。

 

ホイールもガラスコーティング施工

ホイールもガラスコーティングを施工したのでダストが刺さりにくく、汚れもつきにくくなりました。特に輸入車はダストが付着しやすく、ホイールに刺さってしまうと簡単に落とすことはできません。

そこで、ガラスコーティングを施工することで、ダストや汚れが付着してもホイール自体に刺さることはなくなり、簡単にダストと汚れを落とすことができるようになります。

弊社のダイヤモンドラストコーティングには「親水性」と「撥水性」タイプの性質の異なる2種類のガラスコーティング剤がありますが、撥水性タイプの方が膜厚が厚くなるので、ダストが突き刺さりやすいホイールには撥水性タイプのガラスコーティングを施工してコーティング層で保護をしています。

親水性ガラスコーティングの特徴と効果|人気が急上昇している理由は?

2017.08.17

また、膜厚の厚い撥水性タイプのガラスコーティングを施工することで、よりツヤが増し車が足元からしまった印象になります。

荒聖治さんからダイヤモンドラストコーティングの感想をいただきました