車の売却の流れは?ここは押さえておきたいポイントを公開!

車を売りたいけど、何をして良いかわからないという方のために今回はその一連の流れと売却の際のポイントをわかりやすくまとめてみました。是非ポイントを押さえて効率良くできるだけ高値で売却していきましょう。

1. 車を売却する際の流れ

車を売却する際は、手続きが複雑なのでは?と考える人がいますが、実はそんなに複雑なことはありません。

一般的には、車を売却する際には、「地域の中古車買取業者」、「以前に購入したディーラー」、「ネットでの無料買取」、「オークション」等がありますが、ここでは中古車買取業者に依頼する場合の流れについて説明していきます。

中古車買取専門業者は、買取価格が高くなりやすいことや、プロが査定するのでトラブルが少ないというメリットがあります。大きく分けて以下の6つの手順があります。以下手順とポイントをまとめました。

1-1. 買取店選び

先ずは、車を売却するお店の情報を収集していきます。近所のお店やインターネットで検索して探すことができます。調べてもわからない人は、チラシやテレビのCM等で流れている大手のお店に一度実際に行ってみてスタッフに話しを聞いてみても良いでしょう。

会社の実績や営業担当の雰囲気を見て、信用できる業者をいくつか選んでいきましょう。

大手はインターネット上や電話で簡単に査定額がわかるサービスがあります。中には出張で自宅まで来てくれ、買取と販売の両方をしている業者や、海外輸出やオークション等の幅広い販路をもっているところもあります。

幅広い販路をもっている会社の方が売れ残りのリスクが少なく、高価格で買い取ってくれるといえるでしょう。査定額の保有期間や、代車サービス、車のローン残債サービスもあるかどうかも確認したいところです。

1-2. 査定を受ける前の準備

車を売却するのであれば、どうせなら高い価格で売却したいものです。査定前にしておきたい準備としては、先ず車内をきちんと掃除するということです。フロアマット等も掃除機や水洗いで印象が全然違います。

ボディの小さいキズやへこみも、市販されている修理用品で綺麗にしてけば、査定額がアップするケースがありますので事前に済ませておきましょう。

1-3. 査定

査定の際には、売却の希望価格を業者に伝えるのも良いでしょう。中古車は時間の経過とともに価値が下がっていくので、引き渡しのタイミングの条件もスタッフがアドバイスしてくれる業者が良いといえます。

きちんとこちらの条件も聞いてくれるスタッフがいるかどうかも業者選びの重要なポイントでしょう。整備手帳や取り扱い説明書、スペアキー、取り外した純正品等はあるとプラス査定にあるケースがあります。

季節や新型車の登場や地域でも査定価格が日々変化するのが中古車の相場です。高く売りたい場合は、査定額が希望額に近いのであれば早く売却する方が結果的にお得といえるでしょう。

売却に適している時期的には1月から3月、9月10月、走行距離や車検のタイミング等査定額を高くするコツは色々あります。

1-4. 契約手続き

査定額の合意ができたらいよいよ契約手続きに入ります。契約の際に必要な書類は、「自動車検査証」、「印鑑登録証明書」、「自賠責保険証明書」、「譲渡証明書」、「委任状」「自動車納税証明書」、「リサイクル券」等が必要です。普通自動車と軽自動車では準備する書類が違うケースがありますので注意しましょう。

もし必要書類をなくしてしまった場合は、再発行してもらえるので、保険会社や陸運局、税務署に問い合わせをしておきましょう。

必要書類はできるだけ査定前には準備しておき、こちら側が売却する意思があるということをアピールしておくことも重要です。そうすれば、業者も親身に相談に乗ってくれます。特に自動車保険の切り替え手続きは早めに対応しておきたいところです。

中には移転登録や代車サービス、ローン残債サービス等も対応してくれる業者もあるので各自の状況によって事前に聞いておくとよいでしょう。

注意したいのは引渡し時期です。買取のみの合意で引渡し時期を後日決定すると、査定額が下がってしまうケースがあるので、引き渡す時期の査定額をきちんと確定してから契約を結んでおくことがポイントです。

1-5. 車両引き渡し

契約が無事に済んだらいよいよ次は車両の引き渡しとなります。車内の忘れものをしっかりと確認しましょう。ダッシュボードやCD、DVD、ETCカード、ナビの情報も忘れずに消去しましょう。思い入れ深い車であれば、洗車をしたり、一緒に写真を撮っておく人もいます。

ほとんどのケースで自宅に取りに来てくれますが、引き渡しの場所はあらかじめきちんと打ち合わせをしておくとスムーズです。

1-6. 入金

車両を引き渡したら、あとは入金を待つだけです。業者によっては最短数日で入金されます。ディーラーの下取りの場合は、新車購入の頭金になりますが、買取だと用途は自由です。

車を先に渡して不安だという人もいますが、入金は後日というのが業界の常識ですので心配はありません。よほどの悪質業社でない限りは入金がないということはありえません。

中には、即日入金対応の業者もあります。現金での受け取りは基本的にNGと考えましょう。トラブル防止のためにも振込が確実です。

2. 売却の際に上手くいかせるポイントは?

初心者の方であれば、どこに気をつけたら上手くいくのかがわからない場合もあります。売却の際にどうしたらスムーズに上手くいかせることができるのでしょうか?以下ポイントをいくつかまとめてみました。

2-1. 出張査定や合同査定を上手く活用

査定をスムーズにいかせるために、先ずは、一括査定サイトからいくつかの業者に出張査定を申請します。できるだけ同じ日に一度に来てもらうと効率的でしょう。査定は1社あたり30、40分程度です。サイトだけでは正確な金額はわかりません。実際に見てもらって初めて正確な金額が出ると考えましょう。

一括査定サイトは、業者が多く登録しており、多くの会社から一番高い会社を選ぶことが可能です。現在の査定価格と半年前、後の相場も確認できるので、非常に便利といえます。どの一括査定サイトも無料で使用できるサイトが多いです。

合同査定会を活用するのも有効です。ポイントは、一度に全業者に来てもらうと、業者間で話して低く抑えられてしまう恐れがありますので、2グループ程度に分けて査定をしてもらうのが良いでしょう。

2-2. 買取金額を交渉する

複数の業者の査定が完了したら、そこから買取価格をつり上げる交渉をしてみましょう。かなりのケースで金額がアップするはずです。1、2万円アップというケースは多いですが、10万円、20万円以上釣り上がるケースもあります。

やり方は簡単で上位の2社、3社の査定額2位以下の会社に1位の金額を伝えて、「他社はこの金額で提示してきていますが、御社は今の金額が限界ですか?」と伝えて釣り上げます。1位の提示額を超えてきたら、今度は1位の会社に同じように伝えます。

以上の方法で金額がもう上がらないなと思った場合は、1、2万円上乗せして「これなら今御社に決めますがどうですか?」と言えば「検討しますのでお待ち下さい。」といって考慮してくれます。もし交渉が面倒な人やしたくない人は最初から査定で1位の会社に決めましょう。

ひとつの会社に絞ったら、その他の会社にはきちんと断りを入れましょう。電話でもメールでも良いので一言連絡をしておくのはマナーです。

2-3. 早めに売却

基本的に、査定額が決まったらすぐに車を引き渡しましょう。来月になどといっていると、査定額が見直されてしまいかねません。中古車は時間の経過とともに価値が下がるということを常に念頭におかなければいけません。1ヶ月後には価格がすぐに変化することはよくあります。

3. まとめ

車を売却する際の流れは、大きく分けて「買取店選択」→「査定を受ける前の準備」→「査定」→「契約」→「車引き渡し」→「入金」の流れが一般的です。この流れは、中古車買取専門業者やディーラーに依頼する際も大きく変わりません。

それぞれの流れの中で注意点や高値をつけるためのポイントがあります。先ずは一括査定サイトで相場を調べて、出張査定を複数の業者に依頼をしましょう。その上で、価格交渉すれば最低でも12万円は買取価格が上がり、上手くいけば10万円以上上がるケースもあります。

中古車市場は季節や新型発売の時期によって、日々相場が変化しますので売却を決めたら早めに書類を準備して、業者に査定を依頼し、引渡しするのがベストと言えます。

ディーラーに下取りしてもう方法や、オークションに出す方法もありますが、ディーラーに下取りを依頼すると管理コストや中間マージンがかかるので買取業社よりも高価格での売却が困難といえますし、オークションはノウハウが必要です。

中古買取業者の方が中古車販売市場に精通していたり、買取後の販売流通網が広いので販売しやすいというメリットがあります。中古車を売却する際の流れもスムーズになるよう協力してくれるといえるでしょう。

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービス

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービスダイヤモンドラストコーティングは、私たち最強のガラスコーティンングを求めて最後にたどり着いたガラスコーティングです。

・最高硬度9H以上
・5年以上皮膜が剥れ落ちない
・完全無機質で紫外線による劣化を防ぐ

公的試験データ取得済みの最高品質のガラスコーティングであなたの愛車にかつてないほどの輝きと艶、強固なボディをもたらします。

ラスコジャパン公式HPを見る

無料EBOOK『まだコーティングはするな!フルアーマー車を作れるガラスコーティング選び【完全保存版】』

この本では、コーティング業界の歴史、正しい洗車の方法、ガラスコーティングの成分別の違いと正しい選び方を紹介しています。ネットではどこにも公開されていない業界の裏話やガラスコーティングの真実を余すことなく書籍にまとめられています。

この本を読めば、プロでも知らないガラスコーティングの正しい知識が身につき、業者にダマされずに自分自身で愛車に最適なガラスコーティングを選ぶことができるようになるでしょう。