車を売却する際に名義が違う場合の手続き方法は?

車の売却の際に名義変更は必要ですが、もし名義が違う車を売却する際にはどうしたらよいのでしょうか?今回は詳細な手続き内容と必要書類や手順等についてまとめてみました。

1. 名義が違う場合の手続き方法

車を売却したいけど、名義が自分ではないケースがあります。結論からいえば、その際にも車は売却できます。名義が自分以外でも査定額に影響することはありません。

しかし名義変更の手続きが必要なことや、所有者名義が誰かによって手続き方法が多少異なりますので、以下詳細に説明をしていきます。

1-1. 車の所有者名義がローン会社やディーラーの場合

車を購入した際にマイカーローン等を利用した人は所有者がローン会社等になっています。このケースは、先ず最初に所有者名義を自分に変更してから売却となります。この手続きは「所有者解除」といい、その際に必要な種類は以下となります。

①ローン会社やディーラーが準備する書類

  • 譲渡証明書(要実印)
  • 委任状(要実印)
  • 印鑑登録証明書(ローン会社やディーラーのもの)

②自分が準備する書類

  • 車検証
  • 委任状(要実印、ただし自分で手続きを行う際は委任状は不要)
  • 印鑑登録証明書(自分のもの)
  • 車庫証明書(車検証の住所と現登録住所が異なる場合に準備)

因みに、委任状と譲渡証明書は国土交通省HPよりダウンロードが可能です。自分で「所有者解除」を行う場合は、ローン会社等の必要書類と自分の必要書類を合わせて陸運局に行き手続きを行います。その際には手数料納付書、申請書、自動車税の書類等(陸運局で入手)が必要です。

ローン会社等に手続きを依頼する場合は、郵送されてきた必要書類に記入をして、自分が準備した書類と合わせて返送します。

ローン残債がある場合は、ローンを完済してから売却するのが基本的ですが、買取業者によってはローン返済サービスをしてくれる業者もあります。これは、買取価格からローンの残債を返済してくれるサービスですが、この場合は買取価格がローン残債額より上回ることが条件となります。

買取業者によって様々な条件がありますので、ローンが残っているけど売却したい場合は問い合わせてみましょう。

1-2. 所有者名義が親族や友人の場合

売却したい車の所有者名義が親族や友人の場合もローン会社等のケースと同様となります。準備する書類も同じです。親が病気や高齢のため、祖父母が乗らなくなったと言う理由等で車を譲り受ける場合はこれに当てはまります。

ローン会社等や親族や友人が名義の場合にもし買取業者が決定していれば、所有者解除手続きを代行してもらうこともできます。時間がない人は代行してもらった方が便利でしょう。

その際は、上述の必要書類と車の売却に必要な書類を買取業者に持ってきましょう。その際の手続き手数料は買取価格から差し引かれることがほとんどです。

もし親族や友人名義でローンが完済していない場合は、所有権はローン会社にありますので、ローン完済後、自分への名義変更を行うことができます。

1-3. 既に他界している方が所有者名義の場合

このケースは手続きに時間と手間がかかるケースがあります。先ず、車の所有権を他界した方からその親族へ移す手続きを行い、親族から自分へ名義を移すことが必要です。(自分が親族に入っている場合は直接自分へ名義を移す)

他界した方から親族へ移す手続きは遺産相続とみなされます。注意点は、遺言書で相続する人が指定されていない場合で、法定相続人が複数いるケースでは全員で「遺産分割協議」を行い、誰が車を引き継ぐのかを協議して決定する必要があります。

車の価値が100万円以下であれば、新名義人以外の書類が不要な申立書を作成できますが、他の相続人との間でトラブルになるケースがあるので注意が必要です。必要書類は以下です。

①他界している方から親族へ所有権を移す際の必要書類

  • 除籍謄本
  • 戸籍謄本
  • 相続人全員の印鑑登録証明書
  • 遺産分割協議書(相続人全員の実印が必要、国土交通省HPよりダウンロード可能)
  • 車検証
  • 車庫証明書(他界した方と同じ住所であれば不要)

これらの書類を陸運局へ持参して手続きを行うことになります。買取業者や行政書士へ手続きを代行依頼する際には、譲渡証明書と委任状に相続人全員の実印が必要となります。

1-4. 名義変更にかかる費用は?

名義変更の手続きの際にかかる費用は「車庫証明代」1500円、自動車登録手数料500円、ナンバープレート代1500円、自動車取得税(取得価格が50万円以下は対象外)です。地域によって必要費用が変わるケースがありますので管轄の陸運局へ問い合わせてみましょう。

中には名義変更を専門に代行してくれる業者や郵送のみで手続きをしてくれる業者もあるようです。

2. 陸運局での手続きの流れ

自分で名義変更の申請をする際には、管轄の陸運局へ行き手続きをしなければいけません。ここではその手続きの流れを説明していきます。

2-1. 必要書類に記入

手数料納付書、申請書、自動車税・自動車取得税申告書を見本をみながら必要事項を記入していきます。記入し終わったら、印紙販売窓口で移転登録手数料の印紙を購入して手数料納付書に貼り付けます。

そしてナンバーやナンバーの封印を外します。やり方は窓口に説明の紙が置いてあります。返納が終わり次第窓口から手数料納付書に確認印が押されますので、必要書類をすべて提出します。

問題なければ、新しい車検証が交付されますので、自動車税の税申告窓口に自動車税・自動車取得税申告書と一緒に提出し、納税を行いましょう。ナンバー変更がない場合は以上になります。

平日に陸運局へ行ける人はそこまで複雑な手続きではありませんので、自分で行えばその分代行費用を節約できます。

2-2. ナンバー変更がある場合の手順

ナンバー変更がある場合は、新しいナンバープレートを購入して取り付けのビスを一緒に受け取り取り付けます。その後、封印を行ってもらえば終了となります。

ナンバー変更の際は車を陸運局に持ち込む必要がありますので、車検証が有効期間であることを確認してから手続きにいきましょう。名義変更の手続きは平日のみという点も注意です。

2-3. 陸運局へ行く時間がない場合

陸運局へ行くのが大変であったり、平日どうしても仕事で時間が取れないと言う場合は、代行業者に依頼しましょう。行政書士等が対応してくれます。料金は1万円から3万円が相場のようです。

ナンバープレート変更や、車庫証明の取得も依頼すると価格が上がり、依頼内容によって価格幅があります。一旦は業者に見積もりを出してもらうのが良いでしょう。ナンバープレート代や車庫証明費用が代行費用と別途のケースがほとんどです。

手続き代行業者に依頼すると、確実に期日までに名義変更手続きが完了するので便利です。平日に時間が全く取れないという人は是非活用しましょう。

3. まとめ

車の売却の際に名義が違う場合は、自分名義に変更する事で売却が可能になります。名義がローン会社やディーラー、親族友人の場合と他界した人が名義になっている場合は手続き方法や準備する書類が違います。

他界した人が名義の場合はいったん、車の所有権を親族に移す必要があります。これらの手続きは買取業者や行政書士等の専門代行業者へ依頼する事が可能です。


陸運局で自分で手続きをする際には、必要書類に必要事項を記入して、自動車税を納税し、ナンバーの封印を外して終了です。平日のみ窓口が開いていますので、仕事などで時間が取れない方は業者に代行を依頼しましょう。

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービス

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービスダイヤモンドラストコーティングは、私たち最強のガラスコーティンングを求めて最後にたどり着いたガラスコーティングです。

・最高硬度9H以上
・5年以上皮膜が剥れ落ちない
・完全無機質で紫外線による劣化を防ぐ

公的試験データ取得済みの最高品質のガラスコーティングであなたの愛車にかつてないほどの輝きと艶、強固なボディをもたらします。

ラスコジャパン公式HPを見る

無料EBOOK『まだコーティングはするな!フルアーマー車を作れるガラスコーティング選び【完全保存版】』

この本では、コーティング業界の歴史、正しい洗車の方法、ガラスコーティングの成分別の違いと正しい選び方を紹介しています。ネットではどこにも公開されていない業界の裏話やガラスコーティングの真実を余すことなく書籍にまとめられています。

この本を読めば、プロでも知らないガラスコーティングの正しい知識が身につき、業者にダマされずに自分自身で愛車に最適なガラスコーティングを選ぶことができるようになるでしょう。