徹底解説!車を売却する際の個人情報についてのまとめ

車の売却の際には当然ながら個人情報が必要となります。しかし中には個人情報をなるべく教えずに査定をする方法はないか探している人もいるかと思います。今回は車の売却の際の個人情報について詳細に説明していきます。

1. 個人情報情報なしで査定が可能か?

車の売却や査定を依頼するときに、「住所、氏名、電話番号」等の個人情報は必須です。特に実査定の段階では「個人情報なし」はまず難しいといえるでしょう。

車を売却したい人の中には、しつこい営業勧誘や個人情報の漏洩を心配して最初はなるべく個人情報不要の査定方法を探している方もいるでしょう。

結論から言えば個人情報なしまたは多少の入力での査定は、相場をシュミレーションする程度であれば可能です。複数のサイトで過去の相場をリサーチし、現在の相場を見るという方法等があります。

車の売却方法は、主に下取り、買取、一括査定サイトを活用の3種類がありますが、それぞれのケースで個人情報なしまたは、多少の入力で調べることが可能です。

以下それぞれのリサーチ方法をまとめました。

1-1. 下取りのチサーチ方法

トヨタ、日産のサイトで下取りの相場を調べることができます。他のメーカーの車の相場も個人情報入力なしで調べることが可能です。

デメリットとしては、低めの相場がでてしまうことです。走行距離の項目もないので参考程度にしかならないと言う点がデメリットでしょう。一括査定サイトと比較すると、かなり大きな額の差が出る場合が多いようです。

下取りは、高く売却したい人には向いていません。自動車メーカーはあくまで新車販売が本業で中古車買取には向いているとはいえません。あえて最初は低めに設定し、実際は価格を上げて新車購入を促すという狙いもあるからです。それでも下取りが良いと言う場合には活用してみましょう。

トヨタのサイト:http://toyota.jp/service/tradein/dc/top

日産のサイト:http://tradein.nissan.co.jp/

1-2. 買取相場のリサーチ方法

メールアドレスの入力が必要ですが、「Goo-net」で調べることが可能です。下取りと比較して、入力情報が多い分かなり実査定と近い相場がわかります。営業電話がないことや、半年後の買取価格まで完全無料でわかるのも大きなメリットです。

「Goo-net」は、2016年時点で300万人が利用し、約30万台の車両データを分析して算出しているので信憑性も高いと言えるでしょう。

Goo-net:https://auction.goo-net.com/auc_calc/entry

1-3. 一括査定サイトで相場を調べる

多少の個人情報入力が必要ですが、「カーセンサー.net、かんたん車査定ガイド、スバット車買取比較.com」等で相場のリサーチができます。一括査定サイトなので、複数の買取業者から一番高い買取価格を知ることができます。一括査定サイトに登録している業者は、一定条件を満たしている業者ですので安心感があります。

多少入力情報が多いですが、その分買取価格が高めな場合が多かったり、実査定に近い相場を知ることが可能です。一括査定サイトは特定のジャンルに特化した業者も登録しており、最適な査定を提供する為に、住まいの住所などから選定してくれる仕組みなのです。

デメリットとしては、営業電話がかかってくることがあり、稀にしつこい場合がありますが、カーセンサー.netは、メールでの連絡が可能であったり、電話時間指定もできます。最近の査定サイトは、しっかりとユーザーに満足してもらえる仕組みを整えておりコンプライアンスも信用ができるといえます。

また、詳細な個人情報なしでリサーチできるサイトとしては、「Goo買取」も有効です。メアドと郵便番号のみで相場価格を知ることができ、電話営業も一切なしでスピードも速いです。

1-4. 個人情報保護型の査定サービス

査定バンク等の査定サービスを活用すれば、個人情報を最初に提供する必要はありません。最終的に売却する買取店のみに情報を提供する形となります。

一括査定サイトとは違い、個人情報を複数の業者へ提供する必要はありませんが、デメリットととしては、オークションのように買い手がつかないと車が売却できない点や、最初は匿名のため、大手の買取店がつきにくい、サイト上での査定ではなく、査定士が訪問して実査定となります。

どうしても個人情報の提供に抵抗があるという人は活用してみてもよいでしょう。

2. 売却の際の個人情報扱いは?

車の売却の際には、様々な書類が必要なため個人情報を買取店に提供することになります。その際に必要書類や車検証に記載されている個人情報等も当然買取店が管理することになります。

現在は、個人情報の取り扱いは厳重に取り扱われていますし、売却後は名義変更も行われるので、まず心配するようなことはありませんが、中小の買取業者に依頼する際はしっかりと情報管理体制を確認した方が無難といえるでしょう。

これは、下取りでも同じことが言えます。中小のディーラーにはよく個人情報の取り扱いを確認し、余計な個人情報を伝えないようにしましょう。全てのディーラーではないですが、車検証や税金の領収書に記載されている住所、氏名は切取りが基本的です。

個人情報を欲しがっている業者は沢山あります。販売会社はもちろん、車検サービス、融資関連会社、保険会社等お金を出してでも見込み客の情報は欲しい業者は多いので、安易に個人情報を提供することはせず、信頼できる買取業者に査定を依頼しましょう。

3. まとめ

車の売却の際に個人情報を提供しなくてもある程度の相場を調べる方法もありますが、情報を入力した方がより実際の売却額に近い査定が可能です。

下取りの相場のリサーチはメーカーの相場シュミレーション等で調べる事ができますが、多少低めの価格です。高額で売却したい人には向いていないでしょう。

「Goo-net」は、営業電話もありませんし、半年後の買取額もわかるので便利です。また一括査定サイトは、一定基準をクリアしたい信頼性の高い業者数社の同時見積もりが可能なので安心かつ高額で売却できる可能性があります。最初の個人情報は不要な査定バンクのようなサイトもあります。

大手の買取業者はまず管理体制には問題がないといえますが、中小の業者に売却する場合は安易に個人情報を提供する事は避けましょう。

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービス

ラストコーティング史上最高峰のコーティングサービスダイヤモンドラストコーティングは、私たち最強のガラスコーティンングを求めて最後にたどり着いたガラスコーティングです。

・最高硬度9H以上
・5年以上皮膜が剥れ落ちない
・完全無機質で紫外線による劣化を防ぐ

公的試験データ取得済みの最高品質のガラスコーティングであなたの愛車にかつてないほどの輝きと艶、強固なボディをもたらします。

ラスコジャパン公式HPを見る

無料EBOOK『まだコーティングはするな!フルアーマー車を作れるガラスコーティング選び【完全保存版】』

この本では、コーティング業界の歴史、正しい洗車の方法、ガラスコーティングの成分別の違いと正しい選び方を紹介しています。ネットではどこにも公開されていない業界の裏話やガラスコーティングの真実を余すことなく書籍にまとめられています。

この本を読めば、プロでも知らないガラスコーティングの正しい知識が身につき、業者にダマされずに自分自身で愛車に最適なガラスコーティングを選ぶことができるようになるでしょう。